お知らせ

2021年9月以降~:
 しばらく更新する時間が取れないかもしれません。
2021年それより前の追記:
 予定より多忙になってしまったため、更新が滞っている部分があります。


 訃報(2022年9月8日):英国女王エリザベス2世陛下が崩御(1926~2022)チャールズ3世が即位


 ※更新をおこなっていない時期は抜けている情報が多々あります。

 ※重要な記事を過去に追加することがあります。

 ※以前投稿した過去記事が大量に抜けてしまっている為、時間が空いたら補完します。

 

訃報(2022年9月11日):英国の第17代バハン伯爵【バカン伯爵】マルコム・アースキン閣下が薨去(1930~2022)

 2022年9月11日、英国のスコットランド貴族/第17代バハン伯爵マルコム・ハリー・アースキン閣下(Malcolm Harry Erskine, 17th Earl of Buchan)が薨去したようです。
 1930年7月4日生まれの92歳。

 薨去に伴い、子息のヘンリーHenry)が第18代伯爵となっていると思われます。Telegraphの訃報内家族標記では名前をハリー(Harry)と表記しています。愛称かもしれませんが、薨去した伯爵の名前の一部がハリーなので、判断に困るケース。
 また、第18代伯爵の継嗣アレクサンダーがカードロス卿(Lord Cardross)の儀礼称号を用いることになるでしょう。

 

 (英語)BUCHAN – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: The 17th Earl of Buchan 1930-2022

訃報(2022年9月15日):“サー”・ジョン・ロバート・モウブレー準男爵(第6代)が卒去(1932~2022)卒去に伴い準男爵位は消滅

 2022年9月15日、英国の連合王国準男爵“サー”・ジョン・ロバート・モウブレー準男爵【第6代】(Sir John Robert Mowbray, Bt : 6th Baronet)が卒去したようです。
 1932年3月1日生まれの90歳。

 準男爵には娘三人のみで男子がおらず、また初代準男爵の男系男子も存在していないようで、卒去に伴い、同・準男爵位は消滅しました。

 

 (英語)MOWBRAY – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Sir John Robert Mowbray, 6th Baronet 1932-2022

デンマーク女王マルグレーテ2世陛下が新型コロナウイルス感染検査で陽性(2022年9月)英国女王エリザベス2世陛下の国葬より帰国後

 2022年9月21日、デンマーク王室は、昨日(9月20日)にデンマーク女王マルグレーテ2世陛下(Margrethe II of Denmark : Her Majesty The Queen)が新型コロナウイルス感染検査で陽性の結果が出ていたことを公表しました。
 今週の女王陛下の公務は取りやめとなったようです。

 

 (英語:デンマーク王室 公式サイト)HM The Queen has tested positive for COVID-19

 

 マルグレーテ2世陛下は、一昨日(9月19日)に英国女王エリザベス2世陛下の国葬に参列しています。
 ウェストミンスター寺院の席配置では、陛下は外国王室区画の最前列左端でした。右には長男で継嗣のフレデリック皇太子殿下となっていましたが、皇太子殿下夫妻は金曜の夜の公務を代行するようなので、濃厚接触者とは判断されていないようです。

参考(ウェストミンスター寺院での位置):
 画像右端がマルグレーテ2世陛下、その隣がフレデリック殿下です。

ロシア帝室・ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下が、新たにキリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】の首位に選出されたニコラス府主教座下に祝意(2022年9月)

 ロシア帝室・ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で自主的に行動している在外ロシア正教会【ROCOR】の新しい首位に選出されたニコラス府主教座下(His Eminence Metropolitan Nicholas)に祝意を表明しています。

 

 (英語:ロシア帝室 公式サイト)Russian Imperial House – 2022-09-17 The Head of the House of Romanoff has sent a letter of congratulations to the newly-elected First Hierarch of the Russian Orthodox Church Outside of Russia, Metropolitan Nicholas

 (英語:在外ロシア正教会 米国東部教区 公式サイト)Madrid: Head of the House of Romanoff sends Letter of Congratulations to Newly Elected First Hierarch of the Russian Orthodox Church Outside of Russia, Metropolitan Nicholas | Eastern American Diocese of the Russian Orthodox Church Abroad

 

関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】の新しい首位にマンハッタン主教ニコラス座下が選出される(2022年9月) – キリスト教 高位聖職者のニュース
 着座式(2022年9月18日):キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】の新しい首位/ニコラス府主教座下の着座式がおこなわれる – キリスト教 高位聖職者のニュース

安倍(元)総理の国葬に、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下ら皇族方七人の参列(2022年9月)

 宮内庁は、2022年9月27日におこなわれる元・内閣総理大臣/従一位安倍晋三あべ しんぞう)の国葬に秋篠宮皇嗣殿下(文仁親王 : ふみひと : Prince Fumihito : His Imperial Highness Crown Prince Akishino)ら七人の皇族方が参列と発表したようです。

 七人は

  • 秋篠宮皇嗣殿下
  • 秋篠宮皇嗣妃殿下(紀子きこKiko : Her Imperial Highness Crown Princess Akishino)
  • 秋篠宮家の佳子内親王殿下(かこ : Her Imperial Highness Princess Kako of Akishino)
  • 三笠宮家の寬仁親王妃【寛仁親王妃】信子殿下(のぶこNobuko : Her Imperial Highness Princess Tomohito of Mikasa)
  • 三笠宮家の彬子女王殿下(あきこ : Her Imperial Highness Princess Akiko of Mikasa)
  • 高円宮家の憲仁親王妃久子殿下(ひさこHisako : Her Imperial Highness The Princess Takamado)
  • 高円宮家の承子女王殿下(つぐこ : Her Imperial Highness Princess Tsuguko of Takamado)

 です。

 

 安倍元首相の「国葬」 秋篠宮ご夫妻ら7人の皇族方が参列へ | NHK | 国葬

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN
安倍元総理の国葬に秋篠宮ご夫妻ら7人の皇族が出席ー宮内庁|TBS NEWS DIG – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
【安倍元総理の国葬】秋篠宮ご夫妻らが参列へ 両陛下は侍従を派遣(2022年9月21日) – YouTube