スペイン王フェリペ6世陛下夫妻が、チリ大統領セバスティアン・ピニェラ・エチェニケ閣下夫妻と会見(2018年10月)

 2018年10月9日、スペイン王フェリペ6世陛下(King Felipe VI : His Majesty The King of Spain)とスペイン王妃レティシア陛下(Queen Letizia : Her Majesty The Queen of Spain)は、チリ共和国大統領セバスティアン・ピニェラ・エチェニケ閣下(His Excellency Mr Sebastián Piñera Echenique)夫妻と会見しました。

 

 (写真一覧)画像と写真 | Getty Images
 (写真一覧)PPE Agency | 24 foto’s gevonden met “09-10-2018 Chili”

 

King Felipe VI of Spain and Queen Letizia of Spain receive president… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

スペイン王フェリペ6世陛下一家が国祭日のパレードに臨席(2018年10月)レオノール王女殿下の胸に金羊毛騎士団の徽章

 2018年10月12日、スペイン王国国祭日にスペイン王室の、
 スペイン王フェリペ6世陛下(King Felipe VI : His Majesty The King of Spain)、
 スペイン王妃レティシア陛下(Queen Letizia : Her Majesty The Queen of Spain)、
 スペイン皇太子アストゥリアス女公/スペイン王女レオノール殿下(Infanta Leonor of Spain : Her Royal Highness The Princess of Asturias)、
 スペイン王女ソフィア殿下(Her Royal Highness Infanta Sofía of Spain)、
 は、パレードに臨席しました。

 

 (写真一覧)画像と写真 | Getty Images

 

Princess Leonor of Spain, King Felipe VI of Spain, Queen Letizia of… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

レオノール殿下の左胸に金羊毛騎士団の徽章が:
Princess Leonor of Spain and Princess Sofia of Spain attend the… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

洗礼(2018年10月13日):オルレアン公女(フランス王女)ジャサント殿下

 2018年10月13日、オルレアン公女/フランス王女ジャサント殿下(Her Royal Highness Princess Jacinthe of Orléans, Princess of France)の洗礼が、ドルーのサン=ピエール聖堂(Église Saint-Pierre de Dreux)でおこなわれたようです。

 ジャサント殿下は10月9日誕生で、誕生数日後の洗礼ということになります。

 

 (フランス語)Une nouvelle princesse est née à Dreux – Dreux (28100) – L' Echo Républicain
 (フランス語)La princesse Jacinthe de France a été baptisée, ce samedi à Dreux – Le blog de La Couronne

 

L'Écho Républicainさんのツイート: "Une nouvelle princesse est née à Dreux ! https://t.co/So5WK5lGx6… "

 

Le prénom de fleur choisie pour cette… – L'Écho Républicain | Facebook

 

追記1:
 「Getty Images」に写真が出ているようです。

 (写真一覧)画像と写真 | Getty Images

Duke and Duchess of Vendome attend the Royal Christening of Princess… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

Prince Charles-Philippe of Orleans , Prince Eude of Orleans, Prince… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images
※現在、キャプションの並びの記載が一部間違っていますが……。

前方、向かって左のほうにいる子供が、ジャン殿下夫妻の長男・ジャサント殿下の長兄にあたるオルレアン公子/フランス王子ガストン殿下(His Royal Highness Prince Gaston of Orléans, Prince of France)、

左から:
オルレアン派アンジュー公/オルレアン公子シャルル=フィリップ殿下(His Royal Highness Prince Charles-Philippe of Orléans, Duke of Anjou)<Godfather>、
アングレーム公爵/フランス王子/オルレアン公子ウード殿下(His Royal Highness Prince Eudes of France, Duke of Angoulême, Prince of Orléans)、
司祭、
フランス皇太子妃/ヴァンドーム公爵夫人/フランス王子妃/オルレアン公子妃フィロメナ殿下(Philomena : Her Royal Highness The Dauphine of France, Princess of Orléans)、
リヒテンシュタイン公女マリー・インマキュレー殿下(Her Serene Highness Princess Marie ImmaculeeMaria-Immaculata】 of Liechtenstein)<Godmother>、
フランス皇太子/ヴァンドーム公爵/フランス王子/オルレアン公子ジャン殿下(Prince Jean of France : His Royal Highness The Dauphin of France, Duke of Vendôme : Prince of Orléans)、
グラモン公爵夫人・ビダッシュ公妃(未亡人)カトリーヌCatherine, Duchess of Gramont, Princess of Bidache)<Godmother>、
フランス貴族系アーレンベルク公爵夫人/アーレンベルク公子妃シルヴィア殿下(Her Serene Highness Princess Silvia of Arenberg, French Duchess of Arenberg)<Godmother>、
エルヴェ・ド・ソラージュ伯爵子(Count Hervé de Solages)<Godfather>、

 

“ブルガリア王子シメオン=ハッサン殿下”がモロッコ/ラバトのキリスト教/ロシア正教会の大聖堂で領聖を受ける(2018年10月)旧ブルガリア王シメオン2世陛下の女系孫

 ブルガリア王子シメオン=ハッサン殿下(His Royal Highness Prince Simeon-HasanSimeon-Hassan】)が、モロッコ王国ラバトにあるキリスト教/東方正教会/ロシア正教会のハリストス復活大聖堂で、領聖を受けたようです。
※下記公式サイトには“ first communion ”とありますが……「初の領聖」ということでいいんでしょうか。

 

 (英語:ブルガリア王室公式サイト)HRH PRINCE SIMEON-HASAN RECEIVES FIRST COMMUNION IN THE RUSSIAN ORTHODOX TEMPLE “RESURRECTION OF CHRIST” IN RABAT « H.M. King Simeon II

 

Княз Симеон-Хасан е кръстен през м.април… – Н.В. Цар Симеон ІІ | Facebook

 

 シメオン=ハッサン殿下は、2007年生まれで、ブルガリア王女カリナ殿下(ザクセン=コーブルク=ゴータ公女 : ザクセン公女 : ムラニー女伯爵 : Her Royal Highness Princess Kalina of Bulgaria, Princess of Saxe-Coburg and Gotha, Duchess in Saxony, Countess of Murany)と夫のキティン・ムニョス氏(Kitín Muñoz)の子息です。
 旧ブルガリア王シメオン2世陛下(His Majesty King Simeon II of the Bulgarians : 元ブルガリア共和国首相シメオン・サクスコブルクゴツキ氏 : Simeon Saxe-Coburg-Gotha)の女系の孫で、ブルガリアの王子や殿下とはなりませんが、誕生直後より ‘Prince’ として言及されていることがあり、ブルガリア王室公式サイトでは昨年【2017年】と今回の記事で殿下(HRH : His Royal Highness)が使用されています。もはやブルガリア王子と書くよりないと判断したので書きましたが、この件に関して説明や発表などは見かけません。

 なお、シメオン=ハッサンの「ハッサン」は、故モロッコ王ハッサン2世からです。

 

マルタ騎士団総長殿下が、モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下と会見(2018年10月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2018年10月8日、第80代マルタ騎士団総長“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット殿下(His Most Eminent Highness The Prince and Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)は、マルタ騎士団本部宮殿にて、モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下(His Excellency Mr Milo ĐukanovićМило Ђукановић)と会見しました。

 

 (英語:マルタ騎士団公式サイト)President of Montenegro in Magistral Palace – Order of Malta