訃報(2022年6月7日):ヴュルテンベルク王室当主/ヴュルテンベルク公カール殿下が薨去(1936~2022)

 2022年6月7日、ヴュルテンベルク王室当主/ヴュルテンベルク公カール殿下(Carl : His Royal Highness The Duke of Württemberg : カール・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルクCarl Herzog von Württemberg)が薨去しました。
 1936年8月1日生まれの85歳。

 1959年の兄の権利放棄にともない、ヴュルテンベルク王室当主の地位を継承することになりました。
 2018年に長男で継嗣のフリードリヒ殿下が交通事故で急死、そのためカール殿下の薨去に伴いヴュルテンベルク王室当主の地位は故フリードリヒ殿下の子息でカール殿下の孫にあたるヴュルテンベルク公子ヴィルヘルム殿下(His Royal Highness Duke Wilhelm of Württemberg : ヴィルヘルム・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルクWilhelm Herzog von Württemberg)が継承します。同殿下は1994年8月13日生まれの27歳です。

 

 (ドイツ語)Adel – Ravensburg – Carl Herzog von Württemberg gestorben – Panorama – SZ.de

 (ドイツ語)Carl Herzog von Württemberg ist in Altshausen gestorben – SWR Aktuell

 

関連:
 ヴュルテンベルク王室当主/ヴュルテンベルク公カール殿下がビジネスから引退。四男のミハエル公子殿下が一時的に引き継ぎ、最終的には将来の当主のヴィルヘルム殿下が(2020年1月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。