(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事

 英語で Rain Queen(レイン・クイーン : 雨の女王)と呼ばれるモジャジの継承に関する問題です。
 2005年に崩御したマコボ・モジャジ6世Makobo Modjadji VI)の娘、マサラナボ・モジャジ王女(Princess Masalanabo Modjadji)が次の女王に決定していると思われていたところ、王室評議会によって兄のレクケラ・モジャジ王子(Prince Lekukela Modjadji)が突如選出され、騒動となります(継続中)。

 王室評議会は、王でも問題ないこと、マサラナボ王女が親権に関する問題で現地から“連れ去られた”ことなどを理由にレクケラ王子を唯一可能な後継者としています。
 一方、マサラナボ王女の代理人の弁護士が王室評議会を提訴する意向を示しています。