長文インタビュー記事(ドイツ語):リヒテンシュタイン公国国家元首代行リヒテンシュタイン公世子アロイス殿下へのインタビュー記事(2018年9月)

 スイスのメディアによる、リヒテンシュタイン公国国家元首代行のリヒテンシュタイン公世子アロイス殿下(アロイス皇太子アロイス摂政Alois : His Serene Highness The Hereditary Prince of Liechtenstein : His Serene Highness The Prince Regent of Liechtenstein)への長文インタビュー記事が掲載されています。

 

 (ドイツ語)Thronfolger von Liechtenstein: «Monarchie hat auch Vorteile – leider sind sie wenig bekannt» – Ausland – az Aargauer Zeitung

 

 アロイス殿下は、君主(の代行及び継嗣)、政治家、投資家、経営者、大金持ち、といろいろな側面を持ちますが、今回のインタビューは興味深い点がいくつもあります。
 それほど深く掘り下げられてはいませんが、君主政の長所(自らの実例を交えて)から、仮想通貨(暗号通貨)への評価と対応まで話は幅広いです。
 個々の部分部分は他の人物でも語れる内容かもしれませんが、一人の人物がそのすべてを語るということは他にはないのではないでしょうか。

 

 そのほか、欧州王室の連携は今でもあるのかという問いに、デンマーク皇太子フレデリク殿下の誕生日に集まった件、が述べられています(ハリー王子の結婚式はいきましたか?とも聞かれてますが、欧州の王室はスルーでした)。

 そして、長男のヨーゼフ・ヴェンツェル殿下は、アロイス殿下の役割を受け継いでいく意思があるようです。

 

ベルギー王ボードワン陛下没後25周年式典・ミサ(2018年9月)

 2018年9月8日、ベルギー王ボードワン陛下没後25周年の式典・ミサがおこなわれました。

 ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)とベルギー王妃マティルド陛下(Queen Mathilde of Belgium : Her Majesty The Queen of the Belgians)はじめベルギー王室の方々、そして近親のルクセンブルク大公室や、リヒテンシュタイン公室からも参列がありました。
 両陛下は、ボードワン陛下及びファビオラ王妃陛下の陵へ献花。

 ミサは、キリスト教/ローマ・カトリック教会のメヘレン=ブリュッセル大司教ヨーゼフ・デ・ケーセル枢機卿座下(His Eminence Josef Cardinal De Kesel, Archbishop of Mechelen-Brussel)が司式。

 

 (フランス語:ルクセンブルク大公室公式サイト)Messe d’action de grâce à l’occasion du 25ème anniversaire du décès du Roi Baudouin – Cour Grand-Ducale de Luxembourg – Septembre 2018

 (オランダ語)Homilie bij de gedachtenis van koning Boudewijn | Kerknet
 (オランダ語)25ste verjaardag overlijden van koning Boudewijn herdacht | Kerknet

 (英語)In pictures: Mass held to commemorate the 25th anniversary of King Baudouin’s death – Royal Central

 

 (写真一覧)画像と写真 | Getty Images
 (写真一覧)PPE Agency | 61 foto’s gevonden met “08-09-2018 Laken”
 (写真一覧)Photos, news, video | Te Deum ceremony to commemorate 25 anniversary of the death of King Baudouin

 

ベルギー王フィリップ陛下とベルギー王妃マティルド陛下:
King Philip of Belgium and Queen Matthilde arrive prior to attend a… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

両陛下の子供たち、ベルギー王子エマニュエル殿下、ベルギー王子ガブリエル殿下、ベルギー王女エレオノール殿下:
Prince Emmanuel of Belgium, Prince Gabriel of Belgium and Princess… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

フィリップ陛下の妹、ベルギー王女アストリッド殿下(オーストリア=エステ大公妃):
Princess Astrid of Belgium, Prince Lorenz of Belgium, Prince Amadeo… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

アストリッド殿下の夫、ベルギー王子ローレンツ殿下(ハプスブルク家のオーストリア=エステ大公):
Prince Lorenz of Belgium leaves a mass to remember the 25th… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

アストリッド殿下とローレンツ殿下の長男ベルギー王子アメデオ殿下とエリザベッタ妃殿下:
Prince Amedeo of Belgium and Princess Elisabetta leave the mass to… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

アストリッド殿下とローレンツ殿下の長女・次女のベルギー王女マリア・ラウラ殿下とベルギー王女ルイサ・マリア殿下:
Princess Maria Laura of Belgium and Princess Louisa Maria of Belgium… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ベルギー王子ロラン殿下:
Prince Laurent of Belgium leaves a the mass to remember the 25th… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公アンリ殿下と、子息のルクセンブルク大公子ルイ殿下:
Prince Louis of Luxembourg and Grand Duke Henri of Luxembourg arrive… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公子ギヨーム殿下と大公子妃シビラ殿下:
Prince Guillaume, Hereditary Grand Duke of Luxembourg and Princess… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公女マリー・アストリッド殿下と夫のオーストリア大公カール・クリスティアン殿下(ハプスブルク家)、妹のルクセンブルク大公女マルガレータ殿下(リヒテンシュタイン公子妃):
Marie Astrid of Luxembourg, Archduke Karl Christian of Austria and Margarete of Luxembourg
Embed from Getty Images

 

ルクセンブルク大公女マルガレータ殿下と夫のリヒテンシュタイン公子ニコラウス殿下:
Princess Margaretha of Liechtenstein and Prince Nikolaus of… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

↑の二人の子供たち、
リヒテンシュタイン公女マリア・アヌンチャータ殿下、リヒテンシュタイン公女マリー=アストリッド殿下、リヒテンシュタイン公子ヨーゼフ=エマヌエル殿下:
Maria-Anunciata of Liechtenstein, Marie-Astrid of Liechtenstein and… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

その他の参列者:
 ナッサウ公子ポール=ルイ殿下
 ナッサウ公子レオポルド殿下
 ナッサウ公女シャルロット殿下
 ベルギー王子妃(未亡人)レア殿下(Her Royal Highness Princess Léa of Belgium)と子息のルノー・ビシャラ氏(Renaud Bichara)、
  エレーヌ・ヴェストゥルHélène Vestur : 元ルクセンブルク大公子妃)、

 ローツ=コルスヴァレム伯子妃アクセル殿下(Countess Axelle of Looz-Corswarem)、

 ベルギー貴族のジャン・シャルル・ユーレンス・ド・スホーテン・ホウェットノール伯爵とカトリーヌ=マリー・ユーレンス・ド・スホーテン・ホウェットノール伯爵夫人
 (伯爵の母は、マデレーン・ベルナドット伯爵女で、祖父は故・元スウェーデン王子カール

 

その他の参列予定者で欠席した方と、意外な欠席者:
 ブラバント女公爵/ベルギー王女エリザベート殿下、
 前ベルギー王アルベール2世陛下と前ベルギー王妃パオラ陛下の夫妻、
 ルクセンブルク大公妃マリア・テレサ殿下、

 

その他の参列予定者(参列したかしてないか不明):

 ラ・プランセス・マリア=テレザ・ド・ブルボンLa Princesse Maria-Teresa de Bourbon)、
※ブルボンのどの系統かもわかりません。
 
 

Kerknetさんのツイート: "25ste verjaardag van overlijden van #koning #Boudewijn herdacht https://t.co/I5dImjWcpk"

 

Belgian Royal Palaceさんのツイート: "Messe d’action de grâce à l’occasion du 25ème anniversaire du décès du Roi Baudouin #25ans #MonarchieBe… "

 

Belgian Royal Palaceさんのツイート: "Eucharistieviering tgv de 25ste verjaardag van het overlijden van Koning Boudewijn #25jaar #MonarchieBe… "

 

Eucharistieviering tgv de 25ste… – Belgische Monarchie Monarchie belge Belgian Monarchy | Facebook

 

結婚式(2018年9月1日):バイエルン王子コンスタンティン殿下とデニス・カヤ嬢。スウェーデン王子カール・フィリップ殿下夫妻らが参列

 2018年9月1日、スイス連邦のザンクト・モーリッツ【サンモリッツ】で、バイエルン王子コンスタンティン殿下(His Royal Highness Prince Konstantin of Bavaria : コンスタンティン・プリンツ・フォン・バイエルンKonstantin Prinz von Bayern)とデニス・カヤ嬢(Deniz Kaya)の結婚式がおこなわれました。

 バイエルン王室などから多数の参列者があったほか、コンスタンティン殿下の父バイエルン王子レオポルト殿下が親交のあるスウェーデン王室のスウェーデン王子カール・フィリップ殿下(ヴェルムランド公爵 : His Royal Highness Prince Carl Philip of Sweden, Duke of Värmland)とスウェーデン王子妃ソフィア殿下(ヴェルムランド公爵夫人 : Her Royal Highness Princess Sofia of Sweden, Duchess of Värmland)が参列した模様。
※レオポルト殿下は、カール・フィリップ殿下の godfather 。

 

※参列者など、あとで追記します。

※なお、記事や配信写真につけられている参列者の方々の写真へのキャプションの名前が、かつてないほど間違いが多いようです。

 

 (英語)European high society flocks to Switzerland to see Prince Konstantin of Bavaria tie the knot | Daily Mail Online

 (ドイツ語)Konstantin Prinz von Bayern hat geheiratet
 (ドイツ語)Konstantin Prinz von Bayern hat geheiratet
 (ドイツ語)Konstantin & Deniz von Bayern: Mit Hochadel & Jetset: So eine Hochzeit hat St. Moritz noch nicht gesehen! | BUNTE.de
 (ドイツ語)Konstantin Prinz von Bayern heiratet seine Verlobte – WELT

 (スペイン語)Carlos Felipe y Sofia de Suecia, los invitados perfectos a la última boda real celebrada en St. Moritz
※「Carlos Felipe(カルロス・フェリペ)」というのは「Carl Philip(カール・フィリップ)」のスペイン語形です。

 

 (写真一覧)775217300 ストックフォトと画像 | Getty Images

 

新郎新婦:
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

スウェーデン王子カール・フィリップ殿下とスウェーデン王子妃ソフィア殿下:
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

バイエルン王室当主/ヴィッテルスバッハ家当主のバイエルン公フランツ殿下(Franz : His Royal Highness The Duke of Bavaria : フランツ・ヘルツォーク・フォン・バイエルンFranz Herzog von Bayern : ジャコバイトのイングランド王・スコットランド王・フランス王・アイルランド王フランシス2世陛下 : His Majesty King Francis II of England, Scotland, France and Ireland)
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

バイエルン公フランツ殿下と、新郎の姉バイエルン王女マリア・フェリパ殿下及びクリスティアン・ディーンスト氏:
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

新郎の両親、バイエルン王子レオポルト殿下(ポルディ)と王子妃ウルズラ殿下、新郎の姉のバイエルン王女マリア・デル・ピラー殿下:
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

新郎の兄バイエルン王子マヌエル殿下と、王子妃アナ殿下(ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公女):
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

バイエルン王室当主フランツ殿下の姪バイエルン公女/バイエルン王女エリザベート殿下(キャプションの「Anna」は誤り)、ペーター・ランツ氏と妻の元ヴレーデ公妃インゲボルクインゲ・フュルスティン・フォン・ヴレーデ=ランツ):
Princess Anna in Bayern, Peter Lanz and his wife Inge Wrede-Lanz… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

将来、バイエルン王室当主を継承する系統で、バイエルン王位継承順位第2位のバイエルン王子ルイトポルト殿下と王子妃ベアトリクス殿下(キャプションが「Prince Ludwig(ルートヴィヒ)」になっていますが誤りで、正しくは「Prince Luitpold」です):
Prince Ludwig of Bavaria and his wife Beatrix of Bavaria during the… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

リヒテンシュタイン公女マリー=アストリッド殿下と弟のリヒテンシュタイン公子ヨーゼフ=エマヌエル殿下:
Maria Astrid Princess of Liechtenstein and her brother Prince… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

ヘッセン選帝侯女マファルダ殿下とロルフ・ザックス氏:
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

フッガー=バーベンハウゼン公フーベルトゥス殿下と公妃アレクサンドラ殿下(エッティンゲン=エッティンゲン・ウント・エッティンゲン=シュピールベルク公女アレクサンドラ殿下):
Princess Alexandra and her husband Hubertus Viktor Fuerst… ニュース写真 | Getty Images
Embed from Getty Images

 

向かって右が、ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン公女ソフィア殿下:
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

中央がザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン公子ルートヴィヒ=フェルディナント殿下、
左右がヴェンデリン・フォン・ボッホブリギッテ・フォン・ボッホの夫妻:
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

フランシスコ・フォン・ボッホ
Wedding Of Prince Konstantin Of Bavaria And Deniz Kayaの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ
Embed from Getty Images

 

結婚(2018年8月):ウラッハ公子アンゼルム殿下とクララ・フォン・ケンピス。アンゼルム殿下は、一時期「リトアニア王位継承者」を称していた(今も?)イニゴ殿下の次男

 2018年8月の最終週の週末に、ウラッハ公子アンゼルム殿下(His Serene Highness Prince Anselm of Urach : アンゼルム・フュルスト・フォン・ウラッハAnselm Fürst von Urach)とクララ・フォン・ケンピスClara von Kempis)の結婚式がおこなわれたようです。

 

 アンゼルム殿下の系統は、ヴュルテンベルク王室の貴賤結婚の子孫で、1918年に設立が計画されたリトアニア王国の王に選出されたウラッハ公爵ヴィルヘルム・カール殿下(リトアニア王ミンダウガス2世)の子孫でもあります。
 父、ウラッハ公子イニゴ殿下は、(兄の現・ウラッハ公爵カール・アンゼルム殿下の結婚がリトアニア王室法を満たしていないことを理由に)数年前にリトアニア王位継承者であることを宣言して活動を始めましたが、その後、特に情勢が報じられていないようです。

 

 クララ・フォン・ケンピスのほうですが、詳細な系譜はわかりませんが、フランス併合下の1797年の短期間にケルン市長を務めたマクシミリアン・フォン・ケンピスMaximilian von Kempis)という人物の同族かもしれません。
 いずれにせよ、貴族かどうかも確認できていません。

 

Vanity Fair(英語)記事:“There’s Nothing Wrong with Falling from Grace”(2018年)君主政復活・王室支持の話と、エチオピア帝室のエルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下とニコライ・トルストイ伯爵子の話題など

 (英語)“There’s Nothing Wrong with Falling from Grace”: The Global Network of Monarchists Helping Deposed Kings and Queens | Vanity Fair
 (英語:上記からニコライ・トルストイ伯爵子に関する部分の一部を抜き出したもの)Count Nikolai Tolstoy on Russian Monarchy and the Romanovs | Royal Russia News

 

 冒頭は、ルーマニア王女マルガレータ殿下(当時)から連絡を受けた人物の話、君主政復活・王室支持の話と、エチオピア帝室のエルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下(His Imperial Highness Prince Ermias Sahle-Selassie)とニコライ・トルストイ伯爵子(Count Nikolai Tolstoy)の話題などが中心となっています。

 

 エルミアス・サーレ=セラシエ皇子殿下は故エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世陛下の孫ですが、一般的にエチオピア帝室の当主とされていません。
 しかし、この記事のように、帝室の代表者として活動しているとみる立場もあるようです。

 

 ニコライ・トルストイ伯爵子の話の一部には、“Pretender【プリテンダー】”という用語に関するものがあります。
 いうまでもなくこの言葉は中立的ではないものですが、Wikipedia英語版のせいか、この言葉が使用されるケースが多い気します(上記の記事すらそうなのですが)。
 そのもっともアホらしい例は、リトアニアの王位継承者を称して活動を始めたウラッハ公子イニゴ閣下(His Serene Highness Prince Inigo of Urach)のものらしきサイト(すぐに更新止まりましたけれど)に、イニゴ閣下をリトアニア王位の“legitimate pretender”とする表記があったことです。もちろんこれは、イニゴ閣下を正当な王位継承者と表現したかったのでしょうが、pretenderに「不当」である意味がありlegitimateに「正当」である意味があることを考慮すれば、ギャグのような言葉の並びです。
 中立的というかなんと表現すればいいのかわかりませんが、“Claimant【クレイマント】”という用語がありますが、一般的の人にはなじみがなく、また、正直これが本当に中立な用語なのか首をかしげるときもあります。日本語で“王位請求者”と(訳して)書いている例がありますが……コメントは避けます
 伯爵子は“Heir【エア】”を使っているようですが、当方でも「(王位)継承者」などこの用語を意識して書いています。この用語が実は一番便利です。曖昧さを許容するという意味でも。pretenderはそもそも本人が称していないのにこう書くのは名誉棄損みたいなものですし、claimantも本人が称していない場合はどうなのか、よくわからない部分があります。