訃報(2021年8月21日):リヒテンシュタイン公妃マリー殿下が薨去(1940~2021)

 2021年8月21日、リヒテンシュタイン公妃マリー殿下(Marie : Her Serene Highness The Princess of Liechtenstein : キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ伯爵女マリー : Countess Marie Kinsky of Wchinitz and Tettau)が薨去しました。
 1940年4月14日生まれの81歳。

 数日前に脳卒中での入院が発表されていました。

 薨去当日の夜、リヒテンシュタイン公国の全教会で弔鐘が鳴らされたようです。

追記:
 リヒテンシュタイン公国政府は8月28日までの一週間の服喪と、半旗掲揚を指示しました。

関連:
 前スペイン王妃ソフィア陛下が、8月21日に薨去したリヒテンシュタイン公妃マリー殿下の葬儀(国葬)に参列予定(2021年8月)
 葬儀(2021年8月28日):リヒテンシュタイン公妃マリー殿下の葬儀(国葬)。前スペイン王妃、元オーストリア大統領、元スイス大統領らが参列

 

 (PDFファイル【Wordファイル?】:ドイツ語:リヒテンシュタイン公室よりの発表)Microsoft Word – PM_AblebenIDF_20210821.docx

 

 (ドイツ語)Trauer um Fürstin Marie – Liechtenstein – Liechtensteiner Volksblatt, die Tageszeitung für Liechtenstein

Volksblatt.liさんはTwitterを使っています 「I. D. Fürstin Marie ist heute Abend im Beisein ihrer Familie im Spital Grabs verstorben. Wir wünschen der ganzen fürstlichen Familie viel Kraft in dieser schweren Zeit. https://t.co/B4TpT952YW」 / Twitter

Liechtensteiner Volksblatt(@volksblatt.li) • Instagram写真と動画

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です