レバノン総選挙:アルスラーン家当主タラール・アルスラーン公殿下は再選、閣僚に留任するかどうか(2018年5月)

 2018年5月6日におこなわれたレバノン共和国総選挙で、現職のタラール・アルスラーン公殿下(His Highness Prince【Emir】 Talal Arslan)は再選した模様です。
 閣僚にとどまるかどうか注目です。

 タラール・アルスラーン殿下は、イスラム教系のドゥルーズ派の有力家門アルスラーン家の当主です。

 称号が用いられるときは、報道や政界(対立する政治家からも)ではアラビア語では「アミール」が使用されます。
 この「アミール」は英語で「Emir」または「Amir」とされる「首長」と同じものですが、一方タラール・アルスラーン殿下の場合、英語では「プリンス【Prince】」と書かれることもあります(アミールとプリンスは同義ではありませんが、西欧のプリンスがアミールと呼ばれる場合もあります)。
 タラール・アルスラーン殿下の場合、英語記事では Prince とされているほうが多い(と思う)ので「首長」ではなく「公」と書いています。

 

 称号の混乱(?)ぶりはたとえば、こちらの記事では、
Talal Arslan

Talal Arslan is a Lebanese politician who is better known as Prince Talal Arslan.

 本人は Prince とし、

Talal is the son of the former leader Amir Majid Arslan .

 亡父は Amir となっているなどがあります。

 

 敬称については、「His Highness【殿下】」ですが、報道などではあまり使用されているのを見かけない気がします。

 

英国のチャールズ皇太子殿下夫妻がフランスのリヨンを訪問(2018年5月)

 フランス共和国滞在中の英国【イギリス】のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)とコーンウォール公爵夫人カミラ妃殿下(Camilla : Her Royal Highness The Duchess of Cornwall)は、リヨンを訪問したようです。

 

The Royal Family Channel:
Prince Charles and Camilla attend VE Day commemorations in Lyon – YouTube

 

 (英語)Charles and Camilla attend VE Day Commemorations in Lyon | Daily Mail Online

 

 (写真一覧)Prince Charles and Camilla Duchess of Cornwall visit to Lyon, France – 08 May 2018 | Editorial Photos, Celebrity, News, & Sports Images | Rex

 

モナコ公アルベール2世殿下が、カナダ首相ジャスティン・トルドー閣下を訪問(2018年5月)

 モナコ公アルベール2世殿下(His Serene Highness Prince AlbertII, Sovereign Prince of Monaco)が、カナダ首相ジャスティン・トルドー閣下(The Right Honourable Justin Trudeau, PC, MP)を訪問したようです。

 

 (英語)Prince Albert of Monaco visits Canada where he is received by Prime Minister – Royal Central

 

 (写真一覧)Belga Image | CANADA MONACO DIPLOMACY TRUDEAU ALBERTII

 

CanadianPMさんのツイート: "Prime Minister Justin Trudeau meets with His Serene Highness Prince Albert II of Monaco on Parliament Hill in Ottawa.… https://t.co/T0FVIM0MiA"

 

スウェーデン王夫妻及び皇太子夫妻が、デンマーク皇太子フレデリク殿下の50歳の誕生日式典に臨席予定(2018年5月)

 2018年5月26日にデンマーク皇太子フレデリク殿下(モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)は50歳を迎えますが、その誕生日の式典に、スウェーデン王国より、

 スウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)とスウェーデン王妃シルヴィア陛下(シルビア王妃 : Queen Silvia of Sweden : Her Majesty The Queen)、

 スウェーデン皇太子ヴィクトリア殿下(ヴェステルイェートランド女公爵 : Victoria : Her Royal Highness The Crown Princess of Sweden, Duchess of Västergötland)と夫のスウェーデン王子ダニエル殿下(ヴェステルイェートランド公爵 : His Royal Highness Prince Daniel of Sweden, Duke of Västergötland)、

 が臨席予定のようです。

 

※予定が近づくにつれ表示は移動し、終了時には表示されなくなります。
 (スウェーデン語:スウェーデン王室公式サイト)Kalender – Sveriges Kungahus

Lördag
26
Maj

Närvaro vid firandet av H.K.H. Kronprins Frederiks 50-årsdag
Kungen, Drottningen, Kronprinsessan, Prins Daniel

Plats: Köpenhamn, Danmark

 

関連:
 ノルウェー皇太子ホーコン殿下夫妻が、デンマーク皇太子フレデリク殿下の50歳の誕生日式典に臨席予定(2018年5月)

 

ガーナ大統領アクフォ=アド閣下が、アシャンティ王オトゥムフォ・オセイ・トゥトゥ2世陛下を訪問の予定。大統領による謝罪か弁明がおこなわれるとみている記事が配信(2018年5月)

 ガーナ共和国のアシャンティ王オトゥムフォ・オセイ・トゥトゥ2世陛下(アシャンティ皇帝 : His Royal Majesty Otumfuo Osei Tutu II, King【Emperor】 of the Ashanti Kingdom【Empire of Ashanti】【Asantehene of Asante】, Kumasehene of Kumasi)が、大統領の甥や側近が自分を罵っているとして、別件でマンヒヤ宮殿【マンヒア宮殿】を訪問した、大統領が議長を務める与党・新愛国党【NPP】の幹部や政治家らに対して激怒した件に関連して、ガーナ共和国大統領ナナ・アド・ダンクワ・アクフォ=アド閣下(His Excellency Nana Addo Dankwa Akufo-Addo)が陛下を訪問する予定との記事が配信されています。
 記事に使われているワードからは、謝罪ないしは弁明がおこなわれそうではありますが、その前提が正しいのかどうかも含めて事態の進展に注目していきます。

 

 (英語)Akufo-Addo pleads with Asantehene | GhanaCrusader.com – Latest News in Ghana and Beyond
 (英語)Akufo-Addo meets 'angry' Otumfuo | General News 2018-05-08

 

 なお肝心の大統領の甥ですが、激怒直後にはややトボけたツイートをしていましたが、陛下の68歳の誕生日に関して祝福のツイートをしています。

Gabby Otchere-Darkoさんのツイート: "Happy Birthday Otumfuo Osei Tutu II. May you live long and healthy to continue to impact wisdom, offer leadership and to promote the rich culture and heritage of our nation, Ghana."

 なお、この甥や、側近の人物が同行するかは不明です。