英国王室のエディンバラ公爵フィリップ王子殿下が聖バーソロミュー病院に転院(2021年3月)

 報道によりますと、英国王室は、英国女王エリザベス2世陛下の夫/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)は、入院していたキングエドワード7世病院から聖バーソロミュー病院に転院したと発表したようです。

 

 英王室フィリップ殿下が転院、「心臓関連の既往症を検査」と – BBCニュース
 英フィリップ殿下が転院、心臓病の検査と治療へ 王室発表 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

 (英語)Prince Philip: Duke of Edinburgh moved to different hospital to continue treatment for infection | UK News | Sky News

 

The Royal Family Channel:
Duke of Edinburgh Moved to Second Hospital For Heart Condition Tests – YouTube

英国王室のウィリアム王子殿下一家のクリスマス・カード(2020年12月)

 英国王室【イギリス王室】の、
 ケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下(Catherine : Her Royal Highness The Duchess of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵家ジョージ王子殿下(His Royal Highness Prince George of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵家シャーロット王女殿下(Her Royal Highness Princess Charlotte of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵家ルイ王子殿下(His Royal Highness Prince Louis of Cambridge)
 のクリスマス・カードが公開されています。

 

The Duke and Duchess of CambridgeさんはTwitterを使っています 「The Duke and Duchess are delighted to share a new image of their family, which features on their Christmas card this year🎄. 📸 by Matt Porteous https://t.co/fz8ZnrAqbD」 / Twitter

 

Duke and Duchess of Cambridge(@kensingtonroyal) • Instagram写真と動画

 

婚約(2020年12月):英国のブラッドフォード伯爵の継嗣ニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンとエリザ・リーピナ嬢

 英国のニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンAlexander Bridgeman, Viscount Newport)とエリザ・リーピナ嬢(Eliza Liepina)が婚約したようです。

 ニューポート子爵は、英国の連合王国貴族/第7代ブラッドフォード伯爵リチャード・ブリッジマン閣下の継嗣です。
 1980年9月6日生まれの40歳で、すでに地所を任されている模様。

 エリザ・リーピナ嬢は1991年生まれの29歳。

 この婚約にもオンライン通話の Zoom が一役買っているそうです。

 

 (英語)SEBASTIAN SHAKESPEARE: Bradford heir wins approval of marriage… through Zoom  | Daily Mail Online

 (英語)Peerage News: The Earl of Bradford's son and heir engaged

 

 なお、ブラッドフォード伯爵は、爵位売買詐欺に関する批判サイトで知られています。

 (英語)Welcome to Fake Titles – Fake Titles

I will put it very simply, “You cannot purchase a genuine British title, with one exception, the feudal title of a Scottish baron; and certainly cannot buy a peerage title”. Scottish Feudal Baronies fetch a mighty price; the Barony of MacDonald was up for sale at over £1 million.

 スコットランドの封建男爵以外は、英国貴族の称号を買うことは出来ないという話です。

※スコットランド貴族にはロード・オブ・パーラメント(Lord of Parliament)というものがあり、これが他の(普通?の)男爵に相当します。

 

英国王室のウィリアム王子殿下一家がパントマイムの会場へ(2020年12月)

 2020年12月11日、英国王室【イギリス王室】の、
 ケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下(Catherine : Her Royal Highness The Duchess of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵家ジョージ王子殿下(His Royal Highness Prince George of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵家シャーロット王女殿下(Her Royal Highness Princess Charlotte of Cambridge)、
 ケンブリッジ公爵家ルイ王子殿下(His Royal Highness Prince Louis of Cambridge)
 が、パントマイムの会場をおとずれたようです。

 

The Royal Family Channel:
George, Charlotte and Louis Join Parents at Panto – YouTube

 

訃報(2020年12月1日):英国の(元)連合王国最高裁判所裁判官・一代貴族ケアー・オブ・トナーモア男爵ブライアン・ケアー閣下が卒去(1948~2020)1876年上訴管轄権法で最後に叙爵された男爵

 2020年12月1日、英国の一代貴族ケアー・オブ・トナーモア男爵ブライアン・ケアー閣下(Brian Kerr, Baron Kerr of Tonaghmore : ケアー・オブ・トナーモア卿 : The Right Honourable The Lord Kerr of Tonaghmore PC)が卒去した模様。
 1948年2月22日生まれの72歳。

 2004年~2009年まで北アイルランド裁判所長官。
 2009年の連合王国最高裁判所創設時に裁判官(今年退官)、同年一代貴族に叙されています。1876年上訴管轄権法による一代貴族としては最後の叙爵。

 

 (英語)Lord Kerr of Tonaghmore: Former Supreme Court judge dies at 72 – BBC News
 (英語)Former Lord Chief Justice for Northern Ireland Sir Brian Kerr, has died – Armagh I

 (英語:英国議会 公式サイト)Parliamentary career for Lord Kerr of Tonaghmore – MPs and Lords – UK Parliament
 (英語:連合王国最高裁判所 公式サイト)Lord Kerr RIP – The Supreme Court

 (英語)Peerage News: Lord Kerr of Tonaghmore 1948-2020

 

連合王国最高裁判所長官/一代貴族リード・オブ・アラーミュア男爵ロバート・リード閣下(Robert Reed, Baron Reed of Allermuir : The Right Honourable The Lord Reed of Allermuir PC FRSE : リード・オブ・アラーミュア卿)による弔意表明/
UKSupremeCourt(連合王国最高裁判所 公式チャンネル):
Lord Kerr RIP – YouTube