婚約(2020年12月):英国のブラッドフォード伯爵の継嗣ニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンとエリザ・リーピナ嬢

 英国のニューポート子爵アレクサンダー・ブリッジマンAlexander Bridgeman, Viscount Newport)とエリザ・リーピナ嬢(Eliza Liepina)が婚約したようです。

 ニューポート子爵は、英国の連合王国貴族/第7代ブラッドフォード伯爵リチャード・ブリッジマン閣下の継嗣です。
 1980年9月6日生まれの40歳で、すでに地所を任されている模様。

 エリザ・リーピナ嬢は1991年生まれの29歳。

 この婚約にもオンライン通話の Zoom が一役買っているそうです。

 

 (英語)SEBASTIAN SHAKESPEARE: Bradford heir wins approval of marriage… through Zoom  | Daily Mail Online

 (英語)Peerage News: The Earl of Bradford's son and heir engaged

 

 なお、ブラッドフォード伯爵は、爵位売買詐欺に関する批判サイトで知られています。

 (英語)Welcome to Fake Titles – Fake Titles

I will put it very simply, “You cannot purchase a genuine British title, with one exception, the feudal title of a Scottish baron; and certainly cannot buy a peerage title”. Scottish Feudal Baronies fetch a mighty price; the Barony of MacDonald was up for sale at over £1 million.

 スコットランドの封建男爵以外は、英国貴族の称号を買うことは出来ないという話です。

※スコットランド貴族にはロード・オブ・パーラメント(Lord of Parliament)というものがあり、これが他の(普通?の)男爵に相当します。

 

婚約(2020年12月):英国のサフィールド男爵の長男サミュエル・ハーボード=ハモンド閣下と、ド・ラムジー男爵の次女フローラ・フェローズ閣下が婚約

 英国のグレートブリテン貴族/第13代サフィールド男爵ジョン・ハーボード=ハモンド閣下の長男で継嗣のサミュエル・ハーボード=ハモンド閣下(The Honourable Samuel Harbord-Hamond)と、連合王国貴族/第4代ド・ラムジー男爵ジョン・フェローズ閣下の次女フローラ・フェローズ閣下(The Honourable Flora Fellowes)が婚約したようです。

 

 (英語)The Hon S.C.A. Harbord-Hamond and the Hon F.M. Fellowes – Engagements Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: Harbord-Hamond/Fellowes engagement

 

結婚(2020年10月24日):英国のキャリントン男爵継嗣ロバート・キャリントン閣下とオルガ・リッチマン嬢

 2020年10月24日、ロバート・キャリントン閣下(The Honourable Robert Carington)とオルガ・リッチマン嬢(Olga Litchman)が結婚しました。

 ロバート・キャリントン閣下は、英国のアイルランド貴族およびグレートブリテン貴族/第7代キャリントン男爵ルパート・キャリントン閣下(Rupert Carington, 7th Baron Carrington)の継嗣です。

 

 (英語)The Hon R. Carington and Miss O. Litchman – Marriages Announcements – Telegraph Announcements

 (英語)Peerage News: Lord Carrington's son and heir marries

 

訃報(2020年9月26日):英国のウォルシンガム男爵夫人ウェンディ・エリザベス・ド・グレイ閣下が卒去(1928~2020)第9代ウォルシンガム男爵(ジェーン・グレイの一族)の妻

 2020年9月26日、英国のウォルシンガム男爵夫人ウェンディ・エリザベス・ド・グレイ閣下(Wendy Elizabeth de Grey)が卒去したようです。
 1928年生まれの92歳と表記されています。

 夫の第9代ウォルシンガム男爵ジョン・ド・グレイ閣下は、現在は英国王室によってイングランド女王に数えられるジェーン・グレイの一族です(一族多数)。

 

 (英語)WALSINGHAM – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: The Baroness Walsingham 1928-2020

 

結婚(2020年9月12日):シャウムブルク=リッペ公アレクサンダー・クリスティアン殿下が三度目の結婚

 シャウムブルク=リッペ公アレクサンダー・クリスティアン殿下(Alexander Christian : Hochfürstlich Durchlaucht The Prince of Schaumburg-Lippe : アレクサンダー・フュルスト・ツー・シャウムブルク=リッペAlexander Fürst zu Schaumburg-Lippe)とマーカメー・ナヴァビ(Mahkameh Navabi : マーカーメー・ナヴァービ)の結婚式がおこなわれたようです(民事婚)。

 

 (ドイツ語)Bildergalerie: So heiratet Fürst Alexander zu Schaumburg-Lippe seine Mahkameh
 (ドイツ語)Alexander zu Schaumburg-Lippe: Wieder verliebt? Sie ist die neue Frau an seiner Seite | BUNTE.de
 (フランス語)Alexander de Schaumbourg-Lippe a épousé la pianiste iranienne Mahkameh Navabi

 

※後で参列者を追記するかもしれません。

 

参列者:
 新郎の継嗣、シャウムブルク=リッペ公世子ハインリヒ=ドナトゥス殿下(Heinrich-Donatus)、

 新婦の姉妹、バハレ・ナヴァビBahareh Navabi)、

 新郎の元妻ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公女マリー=ルイーゼ【リリー】殿下と妹のヴァネッサ殿下

 ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下とエカテリナ妃殿下

 イーゼンブルク=ビューディンゲン公子マクシミリアン殿下

 レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=フロイデンベルク公ルートヴィヒ殿下と公妃エリザベート殿下(ヴァルトブルク=ヴォルフェック=ヴァルトゼー伯女)

 ロルフ・ザックス氏(Rolf Sachs)、

 (?)ヘッセン家当主/ヘッセン方伯ドナトゥス殿下、

 ファーバー=カステル家の人々、
 シューレンブルク家の人物、