戴冠式(2022年7月21日):マーシャル諸島 伝統的君主/クワジェリン大首長マイケル・カブアの戴冠式がおこなわれる。大統領一族

 2022年7月21日、マーシャル諸島共和国の伝統的君主の一人、クワジェリン大首長マイケル・カブアMichael Kabua, Iroijlaplap of Kwajalein)の戴冠式がおこなわれました。

 大首長の単語の表記として「Iroijlaplap」や「Iroojlaplap」がありますが、どちらが正しいのかよくわかりませんが、マーシャル諸島共和国憲法では前者です。
 また、マーシャル語では日本の天皇に対してもこの単語が使われるようです。

 

 記事などによりますと、この大首長の地位は、
 ジョバ・カブアJoba Kabua)という人物が1970年代には継承しており、1982年に薨去。
 初代大統領でもある弟のアマタ・カブアAmata Kabua)が継承し、1996年に薨去。
 その後、いとこで第二代大統領のイマタ・カブアImata Kabua)が継承し、2019年に薨去。
 そして、弟のマイケル・カブアが2019年に継承しているということになるようです。
※現(第9代)大統領のデイビッド・カブア閣下(His Excellency Mr David Kabua)は上記初代大統領アマタ・カブアの子息です。

 この50年で初めての戴冠式、とのことです。

 

 (英語)Marshall Islands celebrate first coronation of paramount chief in 50 years | RNZ News
 (英語)Marshall Islands celebrate first 'Iroojlaplap' chief coronation in 50 years
 (英語)Marshall Islands celebrate first 'Iroojlaplap' chief coronation in 50 years

New Straits TimesさんはTwitterを使っています: 「#NSTworld The coronation, held on the small island of Ebeye, is known as a "Kailoojoj" in Marshallese — a ceremony reserved only for paramount chiefs. https://t.co/PXtC3AKY2u」 / Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。