誕生(2007年2月28日):モロッコの“ララ”・カディジャ王女殿下

 2007年2月28日、モロッコ王国のモロッコ王モハメッド6世陛下(ムハンマド6世 : モハメド6世 : His Majesty King Mohammed VI of Morocco)と“ララ”・サルマ妃殿下(Her Royal Highness Princess Lalla Salma)の間の第二子・長女となる“ララ”・カディジャ王女殿下(Her Royal Highness Princess Lalla Khadija)が誕生されたとのことです。

 

訃報(2007年2月11日?):旧ブルンジ王妃バランパライェ陛下、崩御か(?~2007)

 2007年2月11日頃、旧ブルンジ王国のブルンジ王妃バランパライェ陛下(Queen Baramparaye)が崩御されたとの情報が入っています。

 ブルンジ王ムワンブツァ4世(King Mwambutsa IV of Burundi)の王妃で、ブルンジ王ンタレ5世(King Ntare V of Burundi)の母とされています。

 

誕生(2007年2月4日):ザルム=ライファーシャイト=ライツ伯女フェリツィア殿下

 2007年2月4日、ザルム=ライファーシャイト=ライツ伯女フェリツィア殿下(Her Serene Highness Countess【Altgravine】 Felicia of Salm-Reifferscheidt-Raitz : フェリツィア・アルトグレフィン・ツー・ザルム=ライファーシャイト=ウングナート=ヴァイセンヴォルフFelicia Altgräfin zu Salm-Reifferscheidt-Ungnad-Weißenwolff)が誕生したようです。
 ニクラス伯子殿下とナタリー伯子妃殿下の第四子・三女。
 ニクラス伯子殿下の祖父がオーストリア貴族のウングナード・フォン・ヴァイセンヴォルフ家のイレーネの養子となり家名を加えているようです(居城なども受け継いでいる可能性が)。
 また、ザルム=ライファーシャイト=ライツ公ヒューゴ殿下はいまのところ未婚で子がいないため、ニクラス伯子殿下の継承の可能性があります。

 

結婚(2007年?):壬生基成 氏が結婚

 詳細確認できませんでしたが、壬生基成氏が結婚された模様です。
 公家/羽林家・華族/伯爵の壬生家の継嗣で、1979年9月22日生まれの27歳。

 父基博氏が旧・東久邇宮家から壬生家に養子に入っており、祖父は同家の盛厚王。祖母は昭和天皇長女の成子内親王

 

誕生(2007年2月2日):ヴュルテンベルク公女アナ殿下

 2007年2月2日、ヴュルテンベルク公子フィリップ殿下と公子妃マリー・カロリネ殿下(バイエルン公女・バイエルン王女)との間の第四子・三女となるヴュルテンベルク公女アナ殿下(Her Royal Highness Duchess Anna of Württemberg)が誕生されたようです。

 フィリップ殿下は、ヴュルテンベルク王室当主/ヴュルテンベルク公カール殿下の三男です。

 

※当初、誕生は2007年2月1日との情報も出ました。