ブルガリア王フェルディナンド1世の再埋葬(2024年5月)曾孫のカリナ王女殿下の筋肉が一部で話題に……

 ブルガリア王フェルディナンド1世の再埋葬がおこなわれました。

 フェルディナンド1世は、ドイツのザクセン=コーブルク=ゴータ家の出身で、ブルガリア公→初代ブルガリア王となりました。
 第一次世界大戦にブルガリア王国が敗戦側となったため、退位しドイツのコーブルクへ。
 崩御後は、ブルガリアへの埋葬を望んでいましたが、共産主義政権が拒否したらしく、ドイツのコーブルクにある聖アウグスティン聖堂(ザクセン=コーブルク=ゴータ家の埋葬地)に葬られていました。

 今回、フェルディナンド1世の遺骨を納めた棺が、ブルガリアに帰国し、葬儀と、ヴラナ宮殿への再埋葬がおこなわれました。

 孫である旧ブルガリア王シメオン2世陛下(His Majesty King【Tsar】 Simeon II of the Bulgarians : 元ブルガリア共和国首相シメオン・サクスコブルクゴツキSimeon Saxe-Coburg-GothaSimeon Sakskoburggotski)ら王族の参列がありました。
 シメオン2世の娘で、フェルディナンド1世の曾孫にあたる、ブルガリア王女カリナ殿下(ザクセン=コーブルク=ゴータ公女 : ザクセン公女 : ムラニー女伯爵 : Her Royal Highness Princess Kalina of Bulgaria, Princess of Saxe-Coburg and Gotha, Duchess in Saxony, Countess of Murany)の筋肉がたくましい様子になっていたのが、一部で話題となっているようです。

 

Bulgarian News Agency:
Тленните останки на цар Фердинанд вече са в България – YouTube

 

00:54あたりからカリナ王女殿下が映っています/

Bulgarian News Agency:
Ковчегът с тленните останки на цар Фердинанд I беше положен в царския дворец „Врана“

 

 (英語)BTA :: Mortal Remains of Bulgarian King Ferdinand I Brought to Bulgaria from Germany
 (英語)BTA :: King Ferdinand I Laid to Rest in Vrana Palace Crypt

カリナ王女の筋肉に触れている短文記事・写真は記事下部:
 (ブルガリア語)Не е за вярване: Вижте как изглежда княгиня Калина – Клюки – Новини Бг

再埋葬などの告知:
 (ブルガリア語:シメオン2世 公式ウェブサイト)ТЛЕННИТЕ ОСТАНКИ НА ЦАР ФЕРДИНАНД СЕ ЗАВРЪЩАТ В БЪЛГАРИЯ НА 29 МАЙ 2024 ГОДИНА « Н.В. Цар Симеон II

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「#King Ferdinand’s Remains to Be Transported from Germany to #Bulgaria by Military Plane⬇️ https://t.co/FLsqaUhmST https://t.co/o8bsJRDbSS」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795711671140503885

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Procession with King Ferdinand's Remains Begins in Vrana Park, Coffin to Be Placed in Royal Palace's Central Lobby ⤵️ https://t.co/nJ6mxUv7I2 https://t.co/vJFhJbIxrH」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795796687132254439

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「A funeral procession in Vrana Park will carry the remains of King Ferdinand I to the Vrana Palace. The procession started from the main entrance of the park after the hearse with the remains arrived from Sofia Airport. 📷 BTA https://t.co/mofeeYx6q2」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795802220937507076

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Coffin with King Ferdinand's Mortal Remains Placed in Vrana Palace's Central Lobby ⤵️ https://t.co/Ap1qhaFfHK https://t.co/kXaMjMQm4t」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795812586778218731

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Return of King #Ferdinand I to Bulgaria Points to Another Reading of History, Says Grandson Simeon Saxe-Coburg-Gotha ⤵️ https://t.co/dnpdTugO1Y https://t.co/UTAJ91x53m」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795828275568427253

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Former President Plevneliev: King #Ferdinand Deserves His Objective Assessment ⤵️ https://t.co/xWGVkjRlBl https://t.co/7XalIn3x3T」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795837975475216399

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「Wrap-up Mortal Remains of King Ferdinand I Returned to Bulgaria 76 Years after His Death ⤵️ https://t.co/e1ICMN3orN」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1795865873988694366

 

XユーザーのBulgarian News Agencyさん: 「King #Ferdinand I Laid to Rest in Vrana Palace Crypt https://t.co/etRx08FPWx https://t.co/EacHYcVaXg」 / X
https://x.com/BTAnewsENG/status/1796181294918795458

レーシングドライバーの、ハプスブルク家継嗣/オーストリア大公フェルディナント・ズヴォニミール殿下【フェルディナント・ハプスブルク】が、スポンサー REMUS の動画に、エルフの格好で登場(2022年12月)

 オーストリア帝室・ハンガリー王室のハプスブルク家継嗣【ハプスブルク=ロートリンゲン家継嗣】のオーストリア大公フェルディナント・ズヴォニミール殿下(オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Ferdinand Zvonimir of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : フェルディナント・ズヴォニミール・フォン・ハプスブルクFerdinand Zvonimir von Habsburgフェルディナント・ズヴォニミール・ハプスブルク=ロートリンゲンFerdinand Zvonimir Habsburg-Lothringenフェルディナント・ハプスブルクFerdinand Habsburg)が、 REMUS のクリスマス用広報動画にエルフの格好で登場しています。
 フェルディナント大公はレーシングドライバーで、 REMUS はスポンサーです。

 

REMUS Performance Sport Exhausts:
REMUS Sport Exhausts – Christmas Video 2022 – YouTube

秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下一家がベルギー王女アストリッド殿下と会見(2022年12月)

 2022年12月10日、
 秋篠宮皇嗣殿下(文仁親王 : ふみひと : Prince Fumihito : His Imperial Highness Crown Prince Akishino)
 秋篠宮皇嗣妃殿下(紀子きこKiko : Her Imperial Highness Crown Princess Akishino)、
 佳子内親王殿下(かこ : Her Imperial Highness Princess Kako of Akishino)、
 悠仁親王殿下(ひさひと : His Imperial Highness Prince Hisahito of Akishino)は、
 経済ミッションを率いて来日している、
 ベルギー王女アストリッド殿下(オーストリア=エステ大公妃 : オーストリア皇子妃 : ハンガリー王子妃 : ベーメン王子妃 : モデナ公妃 : Her Imperial and Royal Highness Princess Astrid of Belgium, Archduchess of Austria-Este, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia, Duchess of Modena)と会見しました。

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN:
秋篠宮ご一家がベルギーのアストリッド王女と改築が終わったばかりの秋篠宮邸で面会|TBS NEWS DIG – YouTube

アストリッド王女はベルギーのフィリップ国王の妹で、およそ600人の企業関係者によるベルギーの経済ミッションを率いて来日しています。

秋篠宮邸はこの秋に改築が終わったばかりで、海外の王族を招くのは初めてです。

 

FNNプライムオンライン:
秋篠宮ご一家 ベルギー王女と懇談 1時間にわたり通訳介さず – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=QDXsixBITAg

 

日テレNEWS:
【秋篠宮ご一家】ベルギー・アストリッド王女と面会 家族ぐるみの交流 – YouTube

 

Nippon TV News 24 Japan:
Crown Prince Fumihito meets visiting Belgian Princess Astrid – YouTube

 

 アストリッド王女殿下は、12月5日に日本国 内閣総理大臣岸田文雄閣下(きしだ ふみお : His Excellency Mr. Fumio Kishida)と会見しています。
 また、経済ミッションの日程が、12月9日までとなっているので、本日(12月10日)に秋篠宮邸に訪問がおこなわれたとすると、表向きは経済ミッション終了後に日程を入れた、ということになるでしょうか。

 アストリッド・ベルギー王国王女殿下率いるベルギー経済ミッションの来日|外務省

12月5日から12月9日まで、ベルギーから経済ミッションが来日します。本経済ミッションは、アストリッド・ベルギー王国王女殿下(Her Royal Highness Princess Astrid of the Kingdom of Belgium)が率いるものです。

 

 令和4年12月5日 アストリッド・ベルギー王国王女殿下との懇談 | 総理の一日 | 首相官邸ホームページ

首相官邸さんはTwitterを使っています: 「訪日中のアストリッド・ベルギー王国王女殿下にお会いしました。今次訪日は約600人の経済ミッションを率いてのものであり、洋上風力、水素、次世代半導体やDXなど様々な分野で日本🇯🇵・ベルギー🇧🇪の間の協力を深めることになると期待しています。 #ベルギー @kishida230 https://t.co/2BrdTcmlw0」 / Twitter

 

 岸田総理大臣とアストリッド・ベルギー王国王女殿下との会談|外務省

 12月5日午後4時3分から約20分間、岸田文雄内閣総理大臣は、訪日中のアストリッド・ベルギー王国王女殿下(Her Royal Highness Princess Astrid of the Kingdom of Belgium)と会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

外務省さんはTwitterを使っています: 「岸田総理大臣とアストリッド・ベルギー王国王女殿下との会談 12月5日午後4時3分から約20分間、#岸田総理大臣 は、訪日中のアストリッド・ #ベルギー 王国王女殿下と会談を行いました。 https://t.co/lwmAbM5uvt https://t.co/NWzIEBVboX」 / Twitter

ヨルダン王アブドッラー2世陛下、カタール首長タミーム殿下らがそれぞれ天皇(徳仁)陛下を訪問。バーレーン皇太子、ブータン王女らは岸田総理と会談(2022年9月)安倍総理国葬に伴う来日

 そろそろ来日していた王室関係の人物の情報も出そろったのではないかと思い、記事にしておきます。
 来日した君主は二人(ヨルダン王とカタール首長)で、天皇(徳仁)陛下との会見がありました。

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN:
天皇陛下、国葬参列のヨルダン・アブドラ国王らと会見|TBS NEWS DIG – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Ef4zwptUn7Q

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN:
天皇陛下が国家元首らと異例の“マラソン”会見|TBS NEWS DIG – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=n8OKEO8r8-c

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
天皇陛下 国葬で来日のヨルダン国王ら7カ国の元首と相次いで面会(2022年9月28日) – YouTube

 

 天皇陛下 国葬に参列のヨルダン国王ら7か国の元首と相次ぎ会見 | NHK | 国葬

 

 元・内閣総理大臣/従一位安倍晋三あべ しんぞう)の国葬儀に関連して来日していた各国君主および君主の一族は次のようになっています。

  • ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)
    • ヨルダン王の いとこ ガジ・ビン・ムハンマド・ビン・タラール王子殿下(His Royal Highness Prince Ghazi bin Muhammad bin Talal)が同行
  • カタール国首長“シャイフ【シェイク】”・タミーム・ビン・ハマド・アル・サーニー殿下(タミム首長 : His Highness Sheikh Tamim bin Hamad Al Thani, Amir【Emir】 of the State of Qatar)
  • バーレーン皇太子・首相サルマン・ビン・ハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ王子殿下(サルマーン皇太子 : His Royal Highness Prince Salman bin Hamad bin Isa Al Khalifa, Crown Prince and Prime Minister of Bahrain)
  • サウジアラビア王国外務大臣ファイサル・ビン・ファルハーン・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Faisal bin Farhan Al-Saud
  • クウェート首長の一族/外務大臣“シャイフ【シェイク】”・アフマド・ナーセル・アル・ムハンマド・アル・サバーハ閣下(His Excellency Sheikh Dr. Ahmad Nasser Al-Mohammad Al-Sabah
  • UAE大統領(アブダビ首長)の子息/アブダビ執行評議会委員・アブダビ執行事務局長“シャイフ【シェイク】”・ハーリド・ビン・ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下(His Highness Sheikh Khaled bin Mohamed bin Zayed Al Nayan, member of the Abu Dhabi Executive Council and Chairman of the Abu Dhabi Executive Office)
  • ブータン王室より、王妹/ソナム・デチェン・ワンチュク王女殿下(Her Royal Highness Princess Sonam Dechan Wangchuck

※フランス大統領はアンドラ公国の共同統治公となるため、元・大統領で今回も来日しているニコラ・サルコジ閣下(Nicolas Sarkozy)は元・君主ということになります(本人はハンガリー貴族の家系)。

続きを読む ヨルダン王アブドッラー2世陛下、カタール首長タミーム殿下らがそれぞれ天皇(徳仁)陛下を訪問。バーレーン皇太子、ブータン王女らは岸田総理と会談(2022年9月)安倍総理国葬に伴う来日

結婚(2022年9月3日):ヨルダンのガジ・ビン・ムハンマド王子殿下が、タルノヴォ公妃(未亡人)/ブルガリア王子妃ミリアム殿下と結婚

 2022年9月3日、ヨルダン王の いとこ ガジ・ビン・ムハンマド・ビン・タラール王子殿下(His Royal Highness Prince Ghazi bin Muhammad bin Talal)が、(旧)ブルガリア王室のタルノヴォ公妃(未亡人)/ブルガリア王子妃ミリアム殿下(Her Royal Highness Princess Miriam of Bulgaria, Princess of Tarnovo, Princess of Saxe-Coburg and Gotha, Duchess in Saxony)と結婚したようです。

 ガジ王子は一度離婚を経験しています。

 ミリアム妃殿下はスペイン出身で、貴族の家柄です(細かいことはあまり説明されてませんが……)。
 ブルガリア王室継嗣だった故・タルノヴォ公カルダム王子殿下の未亡人です。

 

 (英語)Jordan News Agency (Petra) | Prince Ghazi weds Princess Miriam

 (英語:シメオン2世王 公式サイト)ON 3 SEPTEMBER 2022, IN THE CITY OF AMMAN, IN THE PRESENCE OF THE KING OF THE HASHEMITE KINGDOM OF JORDAN, ABDULLAH II, HER ROYAL HIGHNESS PRINCESS MIRIAM MARRIED HIS ROYAL HIGHNESS PRINCE GHAZI BIN MUHAMMAD « H.M. King Simeon II

 

 ヨルダンの報道では、
 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)、
 国王の叔父の元ヨルダン皇太子/エル・ハッサン・ビン・タラール王子殿下(His Royal Highness Prince El Hassan bin Talal)、
 新郎の兄のタラール・ビン・ムハンマド王子殿下(His Royal Highness Prince Talal bin Muhammad)、
 が結婚式に参列しています。
 また、ミリアム妃殿下の結婚後の表記として、 Princess Miriam Ghazi (ミリアム・ガジ王子妃)となっています。

 一方、旧ブルガリア王シメオン2世陛下の公式サイトでは、上記の情報の他、ガジ王子の経歴や、ブルガリア王室との関連なども述べられているほか、ミリアム妃殿下が東方正教会(ブルガリア正教会)の信徒であり続けることも書かれています。
 これが今後も妃殿下がブルガリア関連の式典や礼拝に臨席することを示しているのかどうかは不明ですが、少なくとも結婚式にブルガリア王室側からの参列者はいないようです。

※故カルダム殿下とミリアム妃殿下の子供のボリス殿下が将来的なブルガリア王室当主です。