記事(英語):アフリカで最も裕福な10人の王(2020年12月)定期的に出てくるタイプの記事

 アフリカではいろいろなメディアから定期的に出てくるタイプの記事ですが、アフリカのお金持ちの王様のランキングを発表する記事です。
 細かい信憑性はいささか疑問点があるのと、資産総額か年の収入かなどで結果が変わったり、直近の大きな変化を織り込んでいる可能性もあるため、毎回読んでしまいます。

最近では10月に別記事を取り上げました:
 記事(英語):アフリカで最も裕福な六人の王。モロッコ王、ナイジェリアのウグボ王・イフェ王、エスワティニ王(スワジランド王)、南アフリカのズールー王、ガーナのアシャンティ王(2020年10月)

 なお、国家元首ではない、共和国内の王様も含まれるのが通例です。

 

 (英語)Richest Kings in Africa 2020: Current net worth of the richest monarch

 

 今回の記事では、一番トップの写真の三人が、ナイジェリアの前カノ首長、南アフリカのズールー王、ガーナのアシャンティ王です。
 ナイジェリア中央銀行(元)総裁で、前カノ首長“アルハッジ”・ムハンマドゥ・サヌシ2世殿下は今年【2020年】3月に州政府によって廃位されています(前首長の子息が次に即位)。廃位の理由として、伝統を破っただの州知事との対立だのが挙げられていましたが、この記事のトップに写真が掲載されていたので、「もしやルール外の凄まじい蓄財が明らかになったのか!?」と驚きましたが、なんとランキングには登場しないという驚愕のオチでした。……なんで写真のせたんです??

 

 さて、本編以外で驚きがありましたが、英語記事を読む暇がない方のために、とりあえずランキング情報だけ書いておきます。

10位:
 南アフリカ共和国の伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)

9位:
 ガーナ共和国の伝統的君主/アキーム・アブアクワ王オサグイェフオ・ナナ・アモアティア・オフォリ・パニン陛下(His Royal Majesty Osagyefuo Nana Amoatia Ofori Panin, Okyenhene【King of Akyem Abuakwa】)

8位:
 ガーナ共和国の伝統的君主/アソグリ国王トグベ・アフェデ14世陛下(His Royal Majesty Togbe Afede XIV, Agbogbomefia【King】 of the Asogli State)

7位:
 ガーナ共和国の伝統的君主/アシャンティ王オトゥムフオ・オセイ・トゥトゥ2世陛下(アシャンティ皇帝 : His Royal Majesty Otumfuo Osei Tutu II, King【Emperor】 of the Ashanti Kingdom【Empire of Ashanti】【Asantehene of Asante】, Kumasehene of Kumasi)

6位:
 ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/ラゴス王“オバ”・リルワン・アキオル陛下(His Royal Majesty Oba Rilwan Akiolu, The Oba Lagos)

5位:
 ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/オニチャ王“オビ”・ンナエメカ・アルフレッド・アチェベ陛下(His Royal Majesty, Obi Nnaemeka Alfred Achebe, Obi of Onitsha)

4位:
 エスワティニ王【スワジランド王】ムスワティ3世陛下(His Majesty King Mswati III of Eswatini)

3位:
 ナイジェリア連邦共和国北部イスラム圏の伝統的君主/ソコト・カリフ庁のスルタン“アルハッジ”・ムハンマド・サアド・アブバカル3世陛下(His Eminence Alhaji Muhammad Sa’ad Abubakar III, The Sultan of Sokoto, Amir al-Mu’minin)

2位:
 ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/ウグボ王“オバ”・フレデリック・オバテル・アキンルンタン陛下(His Royal Majesty Oba Fredrick Obateru Akinruntan, the Olugbo of Ugbo)

1位:
 モロッコ王モハメッド6世陛下(His Majesty the King Mohammed VI of Morocco)

 

記事(英語):アフリカで最も裕福な六人の王。モロッコ王、ナイジェリアのウグボ王・イフェ王、エスワティニ王(スワジランド王)、南アフリカのズールー王、ガーナのアシャンティ王(2020年10月)

 たまにあるタイプの特集記事ですが、アフリカで最も裕福な(収入の多い)六人の王の紹介というものです。
 例によって、国家元首だろうがそうでなかろうが、さして気にされていません。

 六人は金持ち順に、

  1. モロッコ王モハメッド6世陛下(His Majesty the King Mohammed VI of Morocco)
  2. ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/ウグボ王“オバ”・フレデリック・オバテル・アキンルンタン陛下(His Royal Majesty Oba Fredrick Obateru Akinruntan, the Olugbo of Ugbo)
  3. ナイジェリア連邦共和国の伝統的君主/イフェ王【オオニorオニ】オジャジャ2世、“オバ”・アデイェイェ・エニタン・オグンウシ陛下(His Royal Majesty【His Imperial Majesty】 Oba Adeyeye Enitan Ogunwusi, Ojaja II, The Ooni of Ife)
  4. エスワティニ王ムスワティ3世陛下(His Majesty King Mswati III of Eswatini)
  5. 南アフリカ共和国の伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)
  6. ガーナ共和国の伝統的君主/アシャンティ王オトゥムフオ・オセイ・トゥトゥ2世陛下(アシャンティ皇帝 : His Royal Majesty Otumfuo Osei Tutu II, King【Emperor】 of the Ashanti Kingdom【Empire of Ashanti】【Asantehene of Asante】, Kumasehene of Kumasi)

 このうち、ナイジェリアの二人は同じくヨルバ人に属します。
 また、(上記の収入ランクでは下になっている)イフェ王はヨルバ系君主最高権威の二人のうちの一人で、こちらのほうが格上です。
 イフェ王とガーナのアシャンティ王は、皇帝として称されることもあります。

 

 (英語)Meet the 21st-century filthy rich kings of Africa [ARTICLE] – Pulse Ghana

 

Pulse GhanaさんはTwitterを使っています 「Meet the 21st-century filthy rich kings of Africa https://t.co/9nqOZeVSx9 https://t.co/AwGyHvrzMe」 / Twitter

 

Pulse Ghana – Here are the wealthiest Kings in Africa and… | Facebook

 

訃報(2020年8月2日):エスワティニ王国【スワジランド王国】のツェケディ王子殿下が薨去(?~2020)

 2020年8月2日、エスワティニ王国【スワジランド王国】のツェケディ王子殿下(His Royal Highness Prince Tshekedi)が薨去したと発表されました。
 誕生年不明。

 新型コロナウイルス感染症【COVID-19】によるものだと示唆されています。

 

 (英語)Swazi Observer | ‘PRINCE TSHEKEDI WILL BE REMEMBERED‘

 

世界君主サミット2020・COVID-19:ウガンダ伝統的君主/トロ王ルキディ4世陛下とウガンダ大統領ムセベニ閣下が、新型コロナウイルス感染症の影響が大きいため、世界君主サミットを2023年に延期することで合意(2020年7月)

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)とウガンダ共和国大統領ヨウェリ・カグタ・ムセベニ閣下(ムセヴェニ大統領 : His Excellency Mr Yoweri Kaguta Museveni)は、今年【2020年】9月7日~9月11日にウガンダ共和国で開催予定となっていた世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】について、2023年7月23日~25日に延期することで合意した模様です。

※なお、「世界君主サミット2020」とはなんぞやという方は、世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】【#WorldMonarchsSummit2020】をご覧ください。

 陛下のツイッターのハッシュタグが「#WorldMonarchsSummit2020」から「#WorldMonarchsSummit」になっております。
 今のところ呼び名が単に「世界君主サミット」になるのか「世界君主サミット2023」になるのかはわかりません。
開催されるのかもわかりませんが……

 

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was pleased to meet and agree with H.E @KagutaMuseveni to postpone the first #WorldMonarchsSummit to 25 – 27 July 2023 due to #COVID__19. We also agreed on a new Road Map to engage Monarchs in the #COVID__19 response and recovery through virtual forums and regional dialogues. https://t.co/l0faVWVf3s」 / Twitter

 

 なお、どうせムリだろと思われていた世界君主サミットですが、陛下は、

 

 エスワティニ王(スワジランド王)ムスワティ3世陛下(His Majesty King Mswati III of Eswatini)がサミットへの参加を決定したと発表したり、

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was most honoured to visit His Majesty King Mswati III in #Eswatini who confirmed his participation in the first-ever #WorldMonarchsSummit2020 from 7 – 11 September 2020 in Uganda. I thank His Majesty and the people of #Eswatini for the great hospitality and friendship. https://t.co/TdFhUU4eWi」 / Twitter

 

 レソト王レツィエ3世陛下(His Majesty King Letsie III)を招待したり、していたようです。

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was pleased to meet His Majesty the King of #Lesotho in Maseru. I extended to His Majesty King Letsie III an Invitation to the first-ever #WorldMonarchsSummit2020 from 7 – 11 September 2020 and look forward to welcoming him to Uganda and Tooro Kingdom. https://t.co/84yrTa6vQS」 / Twitter

 

訃報(2020年5月14日):エスワティニ王国【スワジランド王国】のフィンダ王子殿下が薨去(1947~2020)

 2020年5月14日、エスワティニ王国【スワジランド王国】のフィンダ王子殿下(His Royal Highness Prince Phinda)が薨去したと発表されました。
 1947年生まれ。

 

 (英語)Swazi Observer | THEIR MAJESTIES INFORMED OF PRINCE PHINDA’S PASSING ON
 (英語)Swazi Observer | TRIBUTE TO THE INCOMPARABLE PRINCE