訃報(2019年3月11日):英国のダンディー伯爵夫人シヴォーン・スクリームジャー閣下が薨去(1949~2019)

 2019年3月11日、英国のダンディー伯爵夫人シヴォーン・スクリームジャー閣下(Siobhan Scrymgeour, The Right Honourable The Countess of Dundee : シヴォーン・メアリー・ルウェリンSiobhan Mary Llewellyn)が薨去したようです。
 1949年6月5日生まれの69歳。

 英国のスコットランド貴族/第12代ダンディー伯爵及びスクリームジャー氏族長アレクサンダー・スクリームジャー閣下の妻。

 

 (英語)DUNDEE – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: The Countess of Dundee (died 2019)

 

訃報(2019年3月7日):ナイジェル・パーカー閣下、卒去(1931~2019)英国の第7代モーリー伯爵の叔父で伯爵位継承順位第一位

 2019年3月7日、ナイジェル・パーカー閣下(The Honourable Nigel Parker)が卒去した模様です。
 1931年11月18日生まれの87歳。

 1962年に兄が伯父の薨去に伴いモーリー伯爵位(第6代)を継承、翌1963年に伯爵の継嗣以外の敬称として閣下(The Honourable)を許されているようです。
 兄の子である第7代モーリー伯爵には娘しかいないため、伯爵位継承順位第一位でした。
 ナイジェル・パーカー閣下の卒去に伴い、閣下の子息のエドワード・パーカー氏(Edward Parker)が第一位となります。

 

 (英語)PARKER – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Peerage News: Hon Nigel Parker 1931-2019

 

誕生?(2019年3月14日?):ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下とエカテリナ妃殿下の間の第二子・長男が誕生との一部報道

 ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下(Prince Ernst August of Hanover : His Royal Highness The Hereditary Prince of Hanover : エルンスト・アウグスト・エルププリンツ・フォン・ハノーファーErnst August Erbprinz von Hannover)とハノーファー王世子妃エカテリナ殿下(Ekaterina : Her Royal Highness The Hereditary Princess of Hanover : エカテリナ・プリンツェッシン・フォン・ハノーファーEkaterina Prinzessin von Hannover)の間の第二子・長男となる男子が誕生したという報道が出ています。

 

 (ドイツ語)Hannover: Ein Sohn für Ernst August und Ekaterina von Hannover

 

※詳細が判明し次第、追記または新しい記事にします。

 

追記1:
 名前がヴェルフ・アウグストWelf August)だという情報が出ていますが……。

 

関連:
 懐妊:ドイツの BUNTE が、ハノーファー王世子エルンスト・アウグスト殿下とエカテリナ妃殿下の間の第二子・長男となる男子が誕生予定と報道(2018年10月)名前は“エルンスト・アウグスト~”か

第一子(長女)誕生時:
 誕生(2018年2月22日?):ハノーファー王女エリザベト殿下(?)、正式発表はまだながらも写真が出ています

 

スペイン王妃レティシア陛下が、英国王室のチャールズ皇太子殿下とともに、画家ホアキン・ソローリャ(1863~1923)のナショナル・ギャラリー(ロンドン)での展示会開始に臨席(2019年3月)

 スペイン王妃レティシア陛下(Queen Letizia : Her Majesty The Queen of Spain)は、英国王室【イギリス王室】のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)とともに、ロンドンにあるナショナル・ギャラリー【国立美術館】での画家ホアキン・ソローリャ・イ・バスティダJoaquín Sorolla y Bastidaホアキン・ソロージャ)の展示会開始に臨席したようです。

 英国でのホアキン・ソローリャの大規模な展示会は初めてだということです。

 

casarealtv(スペイン王室公式チャンネル):
Doña Letizia inaugura junto al Príncipe de Gales la exposición del pintor español Joaquín Sorolla – YouTube

 

 (スペイン語:スペイン王室公式サイト)Inicio – Actividades y Agenda – Inauguración de la Exposición “Sorolla: Spanish Master of Light”

 

Casa de S.M. el Reyさんのツイート: "La Reina, en Londres para inaugurar la primera gran exposición en el Reino Unido del pintor español, Joaquín Sorolla. https://t.co/nPz0g8nsas… https://t.co/eWUgalaZOY"

 

Casa de S.M. el Reyさんのツイート: "La Reina inaugura, junto al Príncipe de Gales, la exposición “Sorolla: Spanish Master of Light” en la National Gallery de Londres. https://t.co/sIVrdLTqG9… https://t.co/obflKbrE5B"

 

Casa de S.M. el Reyさんのツイート: "Fin de la inauguración de la Exposición “Sorolla: Spanish Master of Light” https://t.co/nPz0g8nsas… "

 

Clarence Houseさんのツイート: "Tonight The Prince of Wales and Queen Letizia of Spain toured @NationalGallery’s new exibition: ‘#Sorolla: Spanish Master of Light.’ It is the first major Sorolla exhibition in the UK for over a century and includes portraits and scenes of Spanish life.… https://t.co/KbyMl6hMTm"

 

National Galleryさんのツイート: "We are delighted to welcome The Prince of Wales, Patron of the National Gallery, and Her Majesty Queen Letizia of Spain to the opening of #Sorolla: Spanish Master of Light.… https://t.co/qi3WXqwqpR"

 

英国女王エリザベス2世陛下が、三男のウェセックス伯爵エドワード王子殿下(3月10日に55歳誕生日)に新たに「フォーファー伯爵」の称号を追加で叙爵(2019年3月)スコットランドではこちらを用いる模様

 英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)は、三男のウェセックス伯爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Earl of Wessex)に、新たに「フォーファー伯爵(Earl of Forfar)」の称号を追加で叙爵した模様です。

 フォーファー伯爵号は1661年にスコットランド貴族として叙爵され1715年に消滅しており、今回の叙爵は第二次叙爵となります(もちろん今回は連合王国貴族です)。

 

 (英語)TITLE FOR THE EARL OF WESSEX | The Royal Family

The Queen has been pleased to grant The Earl of Wessex the additional title of Earl of Forfar.

 

The Royal Familyさんのツイート: "The Queen has been pleased to grant The Earl of Wessex the additional title of Earl of Forfar. Their Royal Highnesses will use the title The Earl and Countess of Forfar when in Scotland. Read about the history of the title and The Earl in Scotland: https://t.co/6c9ED64ehV… https://t.co/KQuqIqvbCh"

 

 エドワード王子殿下は、父であるエディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)の薨去の後に「エディンバラ公爵」に叙されることが決まっています(と書くと正確な説明ではないのですが、たぶん叙されます)。
 エディンバラはスコットランドにあり、また「ウェセックス伯爵」のウェセックスはイングランド。
 また、子息のジェームズが儀礼称号として使用している「セヴァーン子爵」のセヴァーンはウェールズにあります。
 このように三地域の地名(北アイルランドがないですが)を冠した称号をバランスよく(?)保有することになる予定でしたが、今回、先にスコットランドで使用するための称号が叙爵されました。
 今後は、スコットランド担当王族としての役割が強く求められていくのかもしれません。