ガーナ共和国のアシャンティ王オトゥムフォ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世陛下が、大統領の甥や側近が自分を罵っていると(別件で宮殿を訪問した)大統領が議長を務める与党・新愛国党【NPP】の幹部や政治家らに激怒、幹部らは謝罪したとの記事が(2018年5月)

 2018年5月2日、ガーナ共和国のアシャンティ王オトゥムフォ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世陛下(アシャンティ皇帝 : His Royal Majesty Otumfuo Nana Osei Tutu II, King【Emperor】 of the Ashanti Kingdom【Empire of Ashanti】【Asantehene of Asante】, Kumasehene of Kumasi)は、ガーナ共和国大統領ナナ・アド・ダンクワ・アクフォ=アド閣下(His Excellency Nana Addo Dankwa Akufo-Addo)の甥や側近が自分を罵っているとして、別件でマンヒヤ宮殿【マンヒア宮殿】を訪問した、大統領が議長を務める与党・新愛国党【NPP】の幹部や政治家らに対して激怒したそうです。
 記事によれば、幹部や政治家らは、膝をついて謝罪したとのことです。
 事態を受けて大統領は使者を出したようですが、それに対するアシャンティ王の反応は不明。

 どうも(細かい部分はよくわかりませんが)政権とアシャンティ王の間に政治的な対立があるのは間違いなさそうです。政権側にアシャンティ王に内通する者もいるようで、難しい(?)状況のようです。

 

 (英語)NPP bigwigs go on their knees to beg 'furious' Asantehene – MyJoyOnline.com
 (英語)Am I 'so stupid' to undermine Otumfuo? – Gabby Otchere-Darko | General News 2018-05-04

 

 あと、当事者である「大統領の甥」は、Facebookで、言い訳なのかひとりごとなのか、よくわからないコメントをしています。

Am I so stupid that I would work against… – Gabby Asare Otchere-Darko | Facebook

 

訃報(2018年5月1日):英国の一代貴族(労働党)/テンプル=モリス男爵ピーター・テンプル=モリス閣下、卒去(1938~2018)元・保守党

 2018年5月1日、英国の一代貴族(労働党)のテンプル=モリス男爵ピーター・テンプル=モリス閣下(Peter Temple-Morris, Baron Temple-Morris : The Right Honourable The Lord Temple-Morris : テンプル=モリス卿)が卒去した模様。
 1938年2月12日生まれの80歳。

 2001年に一代貴族のテンプル=モリス男爵に叙爵。

 もともと保守党の庶民院【下院】議員でしたが、保守党から離党を迫られたのち、1998年に労働党に入党したようです。

 

 (英語)TEMPLE-MORRIS – Deaths Announcements – Telegraph Announcements
 (英語)Lord Temple-Morris obituary | Politics | The Guardian

 

ヨルダン王アブドッラー2世陛下の一週間(2018年4月28日~5月3日)

 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)の、この一週間くらいの公務などの様子です。

 

RHC JO(ヨルダン王室ハーシム家公式チャンネル):
زيارة مصنع جرش للملابس بمناسبة عيد العمال في ملخص نشاطات جلالة الملك 28 نيسان – 3 أيار 2018 – YouTube

 

 今回の内容は、
 同国を訪問した日本国内閣総理大臣安倍晋三閣下(あべ しんぞう : His Excellency Mr Shinzō Abe)との会見
 アメリカ合衆国国務長官マイク・ポンぺオ閣下との会見(The Honorable Mike Pompeo)、
 工場などへの訪問、
 のようです。

 

訃報(2018年4月27日):“サー”・レジナルド・バーンウォール準男爵、卒去(1924~2018)

 2018年4月27日、英国のアイルランド準男爵、“サー”・レジナルド・バーンウォール準男爵(第13代準男爵 : Sir Reginald Barnewall, 13th Baronet)がオーストラリア連邦クイーンズランドで卒去したようです。
 1924年10月1日生まれの93歳。

 卒去に伴い、次男のピーター・ジョゼフ・バーンウォール氏(Peter Joseph Barnewall Joeジョー)が準男爵位を継承するものと思われます。

 

 (英語)BARNEWALL, Lt Sir Reginald Robert, Bt | Funeral Notices | Notices | Northern Star

 

勲章かなにかのカンファレンスで、ポルトガル王室当主ブラガンサ公爵ドゥアルテ・ピオ殿下が話している動画(2018年4月)

 ポルトガル王室(ブラガンサ家)当主のブラガンサ公爵ドゥアルテ・ピオ殿下(His Royal Highness Duarte Pio, Duke of Braganza)が、勲章かなにかのカンファレンスで話している部分の映像のようです。

 

動画より、ドゥアルテ・ピオ殿下:

 

monarquia.tv:
VII SEMINÁRIO INTERNACIONAL DE FALERÍSTICA I SAR O SENHOR DOM DUARTE PIO DE BRAGANÇA – YouTube