リヒテンシュタイン公妃マリー殿下が脳卒中で入院(2021年8月)

 2021年8月18日、リヒテンシュタイン公妃マリー殿下(Marie : Her Serene Highness The Princess of Liechtenstein : キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ伯爵女マリー : Countess Marie Kinsky of Wchinitz and Tettau)が脳卒中で入院、翌日にリヒテンシュタイン公室より手当てを受けていると発表があったようです。

 マリー妃殿下は81歳です。

続報:
 訃報(2021年8月21日):リヒテンシュタイン公妃マリー殿下が薨去(1940~2021)

 

 (ドイツ語)Fürstin Marie nach Schlaganfall im Spital – Liechtenstein – Liechtensteiner Volksblatt, die Tageszeitung für Liechtenstein

Volksblatt.liさんはTwitterを使っています 「Traurige Nachrichten aus dem Fürstenhaus: Fürstin Marie liegt mit einem Schlaganfall im Spital. https://t.co/vwKpc0MiWx」 / Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です