ナイジェリア伝統的君主:ベニン王エウアレ2世陛下が、2021年8月21日にワリ王に戴冠予定のショラ王子のために祈る(2021年8月)初代ワリ王はベニンの王子だったという史実か伝承がある模様

 ナイジェリア連邦共和国/エド州の伝統的君主、ベニン王エウアレ2世陛下(His Royal Majesty Oba Ewuare II, The Oba of Benin)は、2021年8月21日にデルタ州の伝統的君主/ワリ王への戴冠を予定しているショラ・エミコ王子(Omoba Prince Tsola Emiko)の使節と会見しました。
 使節にはトジュ・エミコ王子(Prince Toju Emiko)が含まれており(弟だと思いますが……)、ベニン王に対して、新たなワリ王に対する祈りを請願したようです。

 初代ワリ王はベニンの王子、それも後継ぎだったという史実か伝承がある模様です。ただ、それぞれの王国の現在の民族構成はまったく関係がなさそうですが。
 戴冠式前にベニン王への表敬をおこなうのが、大昔からの代々のしきたりなのかどうかはわかりませんが、ワリ王は90年に近い空位期があるため、昔になにか儀礼があっても廃れていそうではあります。
 ショラ王子から見て、先代王が叔父で、先々代王が父にあたり、後継争いが生じているという報道もあったため(そもそもショラ王子への後継に反対がないなら父の後をすぐ継ぎますので)、ベニン王から認められているというのは大事なことのように思えます。
 使節はガブリエル・アワラ(High Chief Gabriel Awala, Uwuangue of Warri)という高位首長に率いられていたそうで、おそらくこの高位首長は有力なショラ王子支持派なのでしょう。

 

祈りというか、スピーチ/
Oba Palace Benin(ベニン王宮 公式チャンネル):
HIS ROYAL MAJESTY, OBA OF BENIN PRAYS FOR PRINCE TSOLA EMIKO THE DESIGNATED OLU OF WARRI KINGDOM – YouTube

 

 

関連:
 戴冠式(2021年8月21日):ナイジェリア伝統的君主/ワリ王国のショラ王子が、ワリ王アトゥワツェ3世として戴冠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です