ベルギー王国大審院が前ベルギー王アルベール2世陛下の DNA 検査の結果公開を決定。デルフィーヌ・ボエルとの親子関係に関する真偽についての最終局面に(2019年12月)

 2019年12月13日、ベルギー王国大審院は、前ベルギー王アルベール2世陛下(His Majesty King Albert II of Belgium)の DNA 検査の結果公開を決定した模様です。
 この後、下級審の上訴裁判所のほうでなにか手続きがあるようですが、アルベール2世の私生児であることを主張しているデルフィーヌ・ボエルDelphine Boël)との親子関係に関する真偽に関して結論が出ます(とっくの昔から娘なんだろうなと確信されていることではありますが……)。

 

 大どんでん返し(実は娘ではなかった)がなければ、親子関係が証明されることになります。
 特にこれによっても、デルフィーヌ・ボエルの身分になにかが生じるわけではありませんが、彼女自身が自らの姓(ボエル)を本当の父親に関連したものに変更することを求めることはできるでしょう(ベルギー由来の名称にするのか、ザクセン=コーブルク=ゴータにするのか、などこの段階でもまだまだ面倒ですが)。

 結果が出れば、軽いノリのタブロイドなどは「“デルフィーヌ王女(Princess Delphine)”」と書いたりもしそうですが、親子関係があるだけでは称号がついたりはしません。
 現君主のベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)は、称号や敬称を叙したりも可能ですが、そういったことがあるのかも注目です。

 

デンマーク王室、狩猟とその後のパーティー(2019年11月)ルクセンブルク大公アンリ殿下、全オルデンブルクおよびグリュックスブルク家年長系統シュレスヴィヒ=ホルシュタイン公世子フリードリヒ・フェルディナント殿下、ヘッセン選帝侯子フィリップ殿下(フィンランド王位継承者ヴァイノ4世)らが参列とのこと

 2019年11月に、デンマーク王室の狩猟およびその後のパーティーがおこなわれたようです。

 

※写真の中に、動物がゴローンらしきものがあるので、動物愛護精神にあふれる方は見ないほうがいいです。
 (デンマーク語)Se billederne: Kongeligt jagtbytte vist frem på slottet

 

 同記事の参列者上位は次のようになっています。

Hans Kongelige Højhed Kronprinsen

Hans Højhed Prins Gustav zu Sayn-Wittgenstein-Berleburg

His Royal Highness Prince Philipp von Hessen

Son Altesse Royale le Grand Duc Henri de Luxembourg

S.K.H. Prinz Hubertus von Sachsen-Coburg und Gotha

S.D. Prinz Ferdinand zu Schleswig-Holstein

S.D. Fürst Philipp Hohenlohe-Langenburg

 デンマーク語と英語とフランス語とドイツ語が入り混じる、なんともいえないリストですが……。
 下部にはデンマーク貴族の名前も見えます。

 

 お一人ずつ見ていきますと。

Hans Kongelige Højhed Kronprinsen

 デンマーク皇太子フレデリク殿下(モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)のことです。
 写真から、デンマーク皇太子妃メアリー殿下(モンペザ伯爵夫人 : Mary : Her Royal Highness The Crown Princess of Denmark, Countess of Monpezat)の姿も見えます。

 

Hans Højhed Prins Gustav zu Sayn-Wittgenstein-Berleburg

 女王陛下の甥(妹の息子)にあたる、ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク公グスタフ殿下(Gustav : His Highness The Prince of Sayn-Wittgenstein-Berleburg : グスタフ・フュルスト・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルクGustav Fürst zu Sayn-Wittgenstein-Berleburg)です。

 

His Royal Highness Prince Philipp von Hessen

 フィンランド王位継承者(ヴァイノ4世 : King Väinö IV of Finland)と目されることのあるヘッセン選帝侯子フィリップ殿下(His Highness Prince Philipp of Hesse : フィリップ・プリンツ・フォン・ヘッセンPhilipp Prinz von Hessen)です。
 なぜか英語表記

 

Son Altesse Royale le Grand Duc Henri de Luxembourg

 ルクセンブルク大公アンリ殿下(Henri : His Royal Highness The Grand Duke of Luxembourg)です。

 

S.K.H. Prinz Hubertus von Sachsen-Coburg und Gotha

 ザクセン=コーブルク=ゴータ公世子フーベルトゥス殿下(Hubertus : His Highness The Hereditary Prince Hubertus of Saxe-Coburg-Gotha, Duke of Saxony : フーベルトゥス・エルププリンツ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータHubertus Erbprinz von Sachsen-Coburg und Gotha)。

 

S.D. Prinz Ferdinand zu Schleswig-Holstein

 全オルデンブルク王朝およびグリュックスブルク家の年長系統にあたる、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン公世子フリードリヒ・フェルディナント殿下(Friedrich Ferdinand : His Highness The Hereditary Prince of Schleswig-Holstein : フェルディナント・エルププリンツ・ツー・シュレスヴィヒ=ホルシュタインFerdinand Erbprinz zu Schleswig-Holstein)です。

 

S.D. Fürst Philipp Hohenlohe-Langenburg

 ホーエンローエ=ランゲンブルク公フィリップ殿下(Philipp : His Serene Highness The Prince of Hohenlohe-Langenburg : フィリップ・フュルスト・ツー・ホーエンローエ=ランゲンブルクPhilipp Fürst zu Hohenlohe-Langenburg)。

 

 これが元のリストをコピペしたものなのか、記事を書いた人が適当に見て入力したのかはわかりません。

 敬称表記が色々とおかしいのも気になりますが、ヘッセン選帝侯子フィリップ殿下のリスト内での位置も気になります(ルクセンブルク大公よりも上位)。
 特に考えなければ、女王陛下の甥のグスタフ殿下の父方の いとこ ということで、この位置になるのかもしれませんが……。

 

訃報(2019年10月6日):ヴュルテンベルク公子ルートヴィヒ殿下、薨去(1930~2019)貴賤結婚のため権利を放棄し、ヴュルテンベルク王室当主の座は弟のカール殿下へ

 2019年10月6日、ヴュルテンベルク公子ルートヴィヒ殿下(His Royal Highness Duke Friedrich of Württemberg : ルートヴィヒ・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルクLudwig Herzog von Württemberg)が薨去した模様です。
 1930年10月23日生まれの88歳。

 貴賤結婚のために権利を放棄し、弟のカール殿下がヴュルテンベルク王室当主の座を継承することとなりました。

 

 (ドイツ語)Gesellschaft – Altshausen – Älterer Bruder von Carl Herzog von Württemberg gestorben – Gesellschaft – SZ.de
 (ドイツ語)In Weingarten: Älterer Bruder von Carl Herzog vonWürttemberg gestorben – Baden-Württemberg – Stuttgarter Zeitung

 

ルーマニア外務省がルーマニア駐箚ロシア大使を同省に召喚して警告したとの報道。ロシア大使館が Facebook のアカウントでルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下を非難した件(2019年11月)

 2019年11月21日に、ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下(Her Majesty Margareta, the Custodian of the Crown of Romania : ルーマニア皇太子マルガレータ殿下 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania)は外交団と会見しましたが、その際、第二次世界大戦を引き合いに出し、ロシア連邦によるジョージア【グルジア】およびウクライナなどへの侵攻を批判しました。
 この件に対しルーマニア駐箚のロシア連邦の大使館が陛下を非難するコメントを Facebook のアカウントに投稿していましたが、さらにそれに対し王党派や西側諸国に近い立場を取る政治家などからロシア大使を批判する動きがとられていました。

 今回の報道によりますと、ルーマニア外務省がロシアの大使を召喚して、「容認できない」「二国間関係に否定的な影響を与えかねない」と警告したようです。

 

 (英語)Romanian Princess’s History Lecture to Diplomats Infuriates Russia | Balkan Insight

 

ロシア帝室ロマノフ家継嗣/ロシア大公ゲオルギー殿下が、サンクトペテルブルクで小型バスに乗車中に、小型バスの挙動が乱れたとのこと(2019年11月)

 ロシアの Interfax ロシア語版の11月14日付の記事によりますと、ロシア大公ゲオルギー殿下(His Imperial Highness The Heir, Tsesarevich, and Grand Duke George of Russia)が、ロシア連邦サンクトペテルブルクで小型バスに乗車中に、同小型バスの挙動が乱れたそうです。
 殿下に怪我はないとのことですが、念のためメディカルチェックが予定されたようです。

 

 (ロシア語)Великий князь Георгий Романов попал в ДТП в Петербурге