英国王室のケント公爵家マイケル王子殿下の妻、マリー妃殿下が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】を発症、高熱と激しい疲労感との報道(2020年11月)

 The Sun によりますと、英国王室のケント公爵家マイケル王子殿下(His Royal Highness Prince Michael of Kent)の妻マリー・クリスティン妃殿下(Marie Christine : Her Royal Highness Princess Michael of Kent)が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】で発症、関係者によると高熱と激しい疲労感を患っているとのことです。

 

 (英語)Princess Michael of Kent diagnosed with Covid & suffering from 'severe fatigue'

 

 妃殿下の家政婦が三週ほど前に発病したため、妃殿下も検査を受けたところ陽性となったようです。
 自主隔離に入っているようですが、(関係者による情報が本当だとすると)年齢(75歳)を考えると即入院したほうが良いのでは……。英国の病床の状況がそこまで厳しいということかもしれませんが。
 なお、マイケル王子殿下は感染が確認されていません。

 

追記:

 (英語)British royal has COVID-19 and is self-isolating at Kensington Palace | HELLO!

 

インタビュー記事(スペイン語):カルリスタのスペイン王として、パルマ公カルロス殿下(オランダ王室近親)がインタビューを受ける(2020年11月)

 スペイン語メディアの Vanitatis が、カルリスタのスペイン王としてのパルマ公カルロス殿下(Prince Carlos : His Royal Highness The Duke of Parma and Piacenza)へのインタビュー記事を掲載しています。

 タイトルは「カルリスタのスペイン王:私はフェリペ6世が難しい時期を生きていくと思う」で、概要は「我々は、カルロス・ハビエル・デ・ボルボン=パルマ(パルマ公)と(新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の)パンデミック、ファン・カルロス(前スペイン王)のスキャンダルについてどう考えているか、(パルマ公の)息子で継嗣(ピアチェンツァ公カルロス・エンリケ殿下)の教育はどうしているか、について話した」というものですが、冒頭ではいきなり、「1830年にフェルナンド7世がサリカ法を廃止して(将来の)イサベル2世がスペイン王位を継承可能にした時、ブルボンは永遠に分裂した」というやや大げさな始まり方をします。
 そしてイサベル王女の継承を認めない王弟のカルロス王子とそれを支持する人々と政府などとの対立による三度のカルリスタ戦争があったという話は割とあっさり終わり、現代のカルリスタの指導者はパルマ公であるという話と、概要で出た話の詳細になります(念のために追記しておきますと、現時点で特定の人物を奉じないカルリスタ、他の人物を奉じるカルリスタや、すでに君主政を放棄しているカルリスタ、君主政でも共和政でもなんでもいいカルリスタ、も存在します)。
 またパルマ公の継嗣のカルロス・エンリケ殿下がカルリスタのアストゥリアス公だということがわざわざ説明されています。

 その後の話としては、全体的に極めて穏当に、現在のパルマ公の主張や近況の話となっています。ほぼ公式見解のような。
 上記の話の詳細に加えて、家族の話、パルマ公室のマリー・テレーズ【マリア・テレサ】殿下がCOVID-19で薨去した件、スペイン王フェリペ6世夫妻との仲(ぶっちゃけていうと、ブルボンの一族で集まるときや、スペイン王のオランダ訪問時に同席した機会は多いがそんなに深い付き合いはないとのこと)、(従弟の)オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下とは家族ぐるみで良好な関係だが政治や王朝の主張に関する話はしていないことなどの話があります。

 

 (スペイン語)El pretendiente carlista al trono español: "Creo que Felipe VI está viviendo unos momentos muy difíciles"

 

VanitatisさんはTwitterを使っています 「El pretendiente carlista al trono español: "Creo que Felipe VI está viviendo unos momentos muy difíciles" https://t.co/f38D3dT6DC」 / Twitter

 

Vanitatis – El pretendiente carlista al trono español:… | Facebook

 

マルタ騎士団の副長(総長代行)にマルコ・ルッツァーゴ閣下が選出される(2020年11月)

※この記事はキリスト教 高位聖職者のニュースと重複します。

 

 2020年11月7日~11月8日にかけて、マルタ騎士団は、「終身の総長」または「任期一年の副長(総長代行)」を選出する会合をマルタ騎士団本部邸にて開きました。
 これは今年【2020年】の第80代総長の薨去に伴い、おこなわれたものです。
関連:
 訃報(2020年4月29日):第80代マルタ騎士団総長ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット殿下が薨去(1944~2020)

 会合の結果、“フラー”・マルコ・ルッツァーゴ閣下(Fra’ Marco Luzzago)が副長として選出され、今後一年間マルタ騎士団を率います。

 今回の選出は新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のパンデミックの中、感染症対策を考慮しておこなわれ、参加者はイタリアの他、アルゼンチン、ペルー、アメリカ合衆国、レバノン、フランス、スウェーデン、オーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン、ポーランド、ハンガリー、チェコ、スイス、マルタから集まったということです(出入国できたことに驚きですが……)。

 マルコ・ルッツァーゴ閣下は、ローマ教皇フランシスコ聖下よりマルタ騎士団の監視役として特別代理に叙任されている国際連合ジュネーブ事務局駐箚 ローマ教皇聖座 名誉代表シルヴァーノ・マリア・トマージ大司教座下(アケルム名義大司教 : Archbishop Silvano Maria Tomasi, C.S., Permanent Observer Emeritus to United Nations Office and Specialized Agencies in Geneva, Titular Archbishop of Acelum)の前で就任宣誓をおこないました。
 同大司教は枢機卿叙任が決定しており、また、先代の特別代理であったベーチュ枢機卿座下の“スキャンダル”の結果の特別代理への起用です。
関連(キリスト教 高位聖職者のニュース):
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表(2020年10月)
 国際刑事警察機構【ICPO】が、“辞任”したベーチュ枢機卿座下に6000万円以上の金を送らせた女を逮捕(2020年10月)2000万円以上がシャネルなどに使われたとのこと

 終身の総長ではなく任期一年の副長が選出されましたが、これがまだ騎士団内部の関係修復の途上なのか、人物の様子見を含めてまずは副長ということなのか、あるいはマルタ騎士団の憲法が変わる最終段階のためにトップの任期が短いことが望まれたのか、判断が難しいところです。
 主権実体のマルタ騎士団の元首として、外交関係が樹立されている各国で副長は国家元首と同様に待遇されますが、 COVID-19 の影響もあり、各国訪問は制限されることになるでしょう。

 

 (英語:マルタ騎士団 公式サイト)Fra’ Marco Luzzago elected Lieutenant of Grand Master of Sovereign Order of Malta – Order of Malta
 (英語:バチカン・ニュース)Order of Malta elects Lieutenant of the Grand Master – Vatican News

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団 公式チャンネル):
Order of Malta, Fra' Marco Luzzago elected Lieutenant of the Gran Master – YouTube

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団 公式チャンネル):
Ordine di Malta, Fra' Marco Luzzago eletto Luogotenente di Gran Maestro – YouTube

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団 公式チャンネル):
Fra’ Marco Luzzago elected Lieutenant of Grand Master of Sovereign Order of Malta – YouTube

 

 (英語)Order of Malta elects Lieutenant and postpones election for Grand Master | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Order of Malta elects Lieutenant and postpones election for Grand Master – YouTube

 

Order of MaltaさんはTwitterを使っています 「Fra’ Marco Luzzago is the new Lieutenant of the Grand Master of the Sovereign #OrderofMalta. He is Italian, aged 70, Professed of solemn vows since 2003 https://t.co/xfBr2K3GiC」 / Twitter

 

Order of MaltaさんはTwitterを使っています 「The new Lieutenant of the Grand Master of the Sovereign #OrderofMalta, Fra’ Marco Luzzago has been sworn in. The Pope’s Special Delegate, Cardinal-elect Silvano Tomasi, and the Council Complete of State were present. He is will remain in office for a year. https://t.co/FTydtYC75Q」 / Twitter

 

Order of Malta – Fra’ Marco Luzzago is the new Lieutenant… | Facebook

 

Order of Malta – The new Lieutenant of the Grand Master of… | Facebook

 

Order of Malta(@orderofmalta_official) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Fra’ Marco Luzzago elected Lieutenant of Grand Master of Sovereign #OrderofMalta. Fra' Marco Luzzago has been elected with a large majority Lieutenant of the Grand Master of the Sovereign Order of Malta. The Council Complete of State, the electoral body, met on 7 and 8 November in the Magistral Villa in Rome, one of the Order of Malta’s two institutional seats. All phases of the election were caried out in full compliance with anti-Covid measures. There were 44 participants at the Council Complete of State out of the 56 entitled to vote. They came to Rome from Argentina, Peru, the United States, Lebanon, France, Sweden, Austria, Germany, Holland, Spain, Poland, Hungary, Czech Republic, Switzerland, Malta and Italy. #ordinedimalta #ordendemalta #ordredemalte #malteserorden

A post shared by Order of Malta (@orderofmalta_official) on

 

Order of Malta(@orderofmalta_official) • Instagram写真と動画

 

ヨルダン王アブドッラー2世陛下の活動(2020年11月1日~11月5日)

 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)の、一週間くらいの公務などの様子です。

 ドイツ連邦共和国連邦宰相(首相)アンゲラ・メルケル博士閣下(Her Excellency Dr Angela Merkel MdB, Federal Chancellor)との会談など、ヨルダン皇太子アル・フセイン・ビン・アブドッラー2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Al Hussein bin Abdullah II)が同席しています。

 

RHC JO(ヨルダン王室ハーシム家公式チャンネル):
لقاء مدير وكبار ضباط الأمن العام في ملخص نشاطات جلالة الملك عبدالله الثاني 1 – 5 تشرين الثاني 2020 – YouTube

 

誕生(2020年11月7日):マリア・アレクサンドラ・アル・ロムニエイ・メドフォース=ミルズ嬢。“元ルーマニア王子”ニコラエ・アル・ロムニエイ・メドフォース=ミルズ氏夫妻の第一子・長女

 2020年11月7日、”元ルーマニア王子”のニコラエ・アル・ロムニエイ氏(Nicolae al Românieiニコラス・メドフォース=ミルズ氏 : Nicholas Medforth-Millsニコラエ・デ・ルーマニー・メドフォース=ミルズ氏 : Nicolae de Roumanie Medforth-Mills)とアリナ=マリア夫人(Alina-Maria)の間の第一子・長女となるマリア・アレクサンドラ・アル・ロムニエイ・メドフォース=ミルズ嬢(Maria Alexandra al României Medforth-Mills)が誕生したようです。

※ニコラエ氏の現在の法律上の名前がよくわからないので、本人が現時点でアカウントに使っているニコラエ・アル・ロムニエイ(Nicolae al Romaniei)と元々の姓であるメドフォース=ミルズ(Medforth-Mills)を結合しています。

 

 ニコラエ氏は、故・ルーマニア王ミハイ1世陛下の次女ルーマニア王女エレーナ殿下(ヘレン王女)の第一子・長男で、ミハイ1世よりルーマニア王子の称号を与えられ、将来的な王室当主と考えられていました。
 しかし、2015年に称号と継承権を剥奪されます。
 この理由について、はっきりとした公式の理由は示されていませんが、ニコラエ氏が結婚するつもりのない女性を妊娠させてしまったことが原因と推測されています(その子供について、ニコラエ氏は自分の子供と認めていません。追記:少なくとも当時は)。

 ルーマニアではニコラエ氏の王室復帰と将来的な当主の地位の継承は強く予測されています。
 しかし、ニコラエ氏の伯母で、現在のルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下は、度々それを否定しています。
 一方、マルガレータ陛下は、自らの妹で、2013年にアメリカで犯罪に関わったために王女の称号などをミハイ1世に剥奪されていたイリーナ・ウォーカー夫人に対し、今年【2020年】に入って再度ルーマニア王女の称号を与えています(継承権の復活などはありません)。
 そして、ニコラエ氏の妹で、現行の継承ルールからいえば王室を継ぐことになるはずのエリサベタ・カリナ嬢がルーマニア王室に強くかかわる様子もありません。

 そのような理由から、今回誕生のマリア・アレクサンドラ嬢がルーマニア王室を将来的に継承する可能性も高いと思われますが、なにはともあれ、ニコラエ氏の今後の活動次第ということになるでしょう。

 

Regele Mihai ,bunicul meu ,ne ocrotește… – Nicolae al Romaniei | Facebook

 

Nicolae al Romaniei(@nicolaealromaniei) • Instagram写真と動画

 

 (英語)Eurohistory: Romanian Royal Birth: Maria Alexandra of Romania Has Arrived!