世界君主サミット2020・COVID-19:ウガンダ伝統的君主/トロ王ルキディ4世陛下とウガンダ大統領ムセベニ閣下が、新型コロナウイルス感染症の影響が大きいため、世界君主サミットを2023年に延期することで合意(2020年7月)

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)とウガンダ共和国大統領ヨウェリ・カグタ・ムセベニ閣下(ムセヴェニ大統領 : His Excellency Mr Yoweri Kaguta Museveni)は、今年【2020年】9月7日~9月11日にウガンダ共和国で開催予定となっていた世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】について、2023年7月23日~25日に延期することで合意した模様です。

※なお、「世界君主サミット2020」とはなんぞやという方は、世界君主サミット2020【World Monarchs Summit 2020】【#WorldMonarchsSummit2020】をご覧ください。

 陛下のツイッターのハッシュタグが「#WorldMonarchsSummit2020」から「#WorldMonarchsSummit」になっております。
 今のところ呼び名が単に「世界君主サミット」になるのか「世界君主サミット2023」になるのかはわかりません。
開催されるのかもわかりませんが……

 

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was pleased to meet and agree with H.E @KagutaMuseveni to postpone the first #WorldMonarchsSummit to 25 – 27 July 2023 due to #COVID__19. We also agreed on a new Road Map to engage Monarchs in the #COVID__19 response and recovery through virtual forums and regional dialogues. https://t.co/l0faVWVf3s」 / Twitter

 

 なお、どうせムリだろと思われていた世界君主サミットですが、陛下は、

 

 エスワティニ王(スワジランド王)ムスワティ3世陛下(His Majesty King Mswati III of Eswatini)がサミットへの参加を決定したと発表したり、

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was most honoured to visit His Majesty King Mswati III in #Eswatini who confirmed his participation in the first-ever #WorldMonarchsSummit2020 from 7 – 11 September 2020 in Uganda. I thank His Majesty and the people of #Eswatini for the great hospitality and friendship. https://t.co/TdFhUU4eWi」 / Twitter

 

 レソト王レツィエ3世陛下(His Majesty King Letsie III)を招待したり、していたようです。

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「I was pleased to meet His Majesty the King of #Lesotho in Maseru. I extended to His Majesty King Letsie III an Invitation to the first-ever #WorldMonarchsSummit2020 from 7 – 11 September 2020 and look forward to welcoming him to Uganda and Tooro Kingdom. https://t.co/84yrTa6vQS」 / Twitter

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です