ナショナル・インタレスト(英語):リビアの“第二王政”を求める記事(2021年9月)

 ナショナル・インタレスト(The National Interest)というのはアメリカの雑誌ですが、ウェブ版も当然記事を掲載しています。

 

 肝心の記事です。

 (英語)Is It Time for the Second Kingdom of Libya? | The National Interest

 内容はそれなりに長いのですが、かいつまんでしまいますと。
 今年【2021年】12月におこなわれることになっている大統領選挙および議会選挙とその後については悲観的で、(勝った勢力以外の)リビア内外の勢力が結果に従う可能性は極めて低く、内戦に再突入し、アフガニスタンのように大混乱となると憂慮しています。
 そこで出てくる案が、リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下(His Royal Highness Prince Mohammed El Senussi, Crown Prince and Head of the Royal House of Libya)を推戴するリビア第二王政で、党派や派閥を超えた堅固で誠実な人物が国家元首になればリビアの統一と安定が成し遂げられるかもしれないということになります。

 

 対立する諸勢力が、国家元首を誰にするか以外では合意するという稀な状況になれば君主政復古もありえなくはないとは思いますが、上記のような大混乱が予想される地でそれが可能なのかといえば、うーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です