ウガンダ伝統的君主:トロ王ルキディ4世陛下が、病院のための酸素プラント建設や ICU 設置のための募金活動(2021年8月)同国の新型コロナウイルス感染症【COVID-19】第三波への準備のため

 ウガンダ共和国の伝統的君主の一人/トロ王“ルキラバサイジャ”・“オヨ・ニンバ”・カバンバ・イグル・ルキデイ4世陛下(Rukirabasaija Oyo Nyimba Kabamba Iguru Rukidi IV, The Omukama of Tooro : オムカマ)は、地元のカバロレ病院のための酸素プラント建設や ICU(集中治療室) を設置するための募金活動を開始しました。

 着工式の一環として、王による、酸素プラント建設予定地の地面を耕すというか機具を使って地面を掘る行為がおこなわれた模様。

 この病院は、キリスト教のウガンダ聖公会による非営利の病院のようです。

 

 (英語)King Oyo Launches Fundraising Campaign to Install Oxygen Plant, ICU at Kabarole Hospital. | ChimpReports

 

His Majesty King Oyo of Tooro KingdomさんはTwitterを使っています 「Pleased to launch the @kabarolehosptal Oxygen Plant and ICU Beds Fundraising Campaign to help better preparedness for the third Covid-19 wave. I thank Bishop Reuben Kisembo for the initiative. I urge all Batooro and friends of Tooro in Uganda and Diaspora to donate generously. https://t.co/ftuiLXhMhH」 / Twitter

 

Kabarole Hospital C.O.UさんはTwitterを使っています 「Omukama @KingOyoOfficial breaks ground for the oxygen plant of @kabarolehosptal. #Savealife #Healthebodyandfeedthesoul #holisticministry @KabaroleDLG @JumiaUG @stanbicug @Archbp_COU @MinofHealthUG @media_56 https://t.co/NmQJgY74iz」 / Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です