南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、テボホ・モジャジ=ケカナ王女が猛反論(2021年5月)「皆も大統領もマサラナボ王女が女王となると認めていた」「最後まで戦う」

 南アフリカ共和国のロベドゥ王室評議会が、ロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)に、レクケラ・モジャジ王子(Prince Lekukela Modjadji)を選出した件、動揺がロベドゥ人のみならず、アフリカの君主の動静をうかがっている人々にも衝撃を与えています。

関連:
 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人に衝撃。モジャジ(雨の女王)にマサラナボ王女ではなく、兄のレクケラ王子が選出(2021年5月)

 そんな中、南アフリカ共和国の放送局、 eNCA が、おそらく最有力の王族の一人テボホ・モジャジ=ケカナ王女(Princess Dr Tebogo Modjadji-Kekana)の意見を聞いたようです。
 同王女は、先代の故・女王マコボ・モジャジ6世Makobo Modjadji VI)の姉妹あるいは いとこ で、近い立場にあったようです。

 インタビューに対し、かなり興奮していますが、まとめてしまうと、そもそも女王が選ばれるのが文化的に当然で、王子ではなく妹のマサラナボ・モジャジ王女(Princess Masalanabo Modjadji)が次の女王となると皆も大統領も思っていたのだから、王子を選出する必要はまったくないと考えているようです。
※大統領はズマ前大統領でしょうか。

 インタビュワーは、初代女王の前の時代には王がいたことと、2021年のこの時代に王がダメだという理由に関して質問していますが、要するにとにかく王ではダメだということしか答えていないような……。
 もちろん、このようなタイプの質問に理由を答えるのは非常に難しい話です。
追記:
 モジャジ(雨の女王)がどのように始まったかは、はっきりしていない部分があります。

 有力王族から異論が出たことで、この件はおそらく南アフリカ共和国で伝統的君主に関しての事項を扱う CTLDC が管轄して審査することになっていくことでしょう。
 また、 CTLDC と裁判所の判断が異なる場合も多々あるので、泥沼の展開も予想されます。

 それにしてもこれもまた両性の平等が君主政の伝統に影響を与えているケースなのか。
 違うような気もしますが……。

 

eNCA:
Modjadji Royal Houses | Family Divided over installation of king – YouTube

 

 (英語)Modjadji Royal House: Family divided over installation of king | eNCA

 

続報?(2021年5月13日 20:00頃確認):
 eNCA全体の記事ランキングで3位になっていました。

 

関連:
 (インデックス)(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です