南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、テボホ・モジャジ=ケカナ王女が猛反論(2021年5月)「皆も大統領もマサラナボ王女が女王となると認めていた」「最後まで戦う」

 南アフリカ共和国のロベドゥ王室評議会が、ロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)に、レクケラ・モジャジ王子(Prince Lekukela Modjadji)を選出した件、動揺がロベドゥ人のみならず、アフリカの君主の動静をうかがっている人々にも衝撃を与えています。

関連:
 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人に衝撃。モジャジ(雨の女王)にマサラナボ王女ではなく、兄のレクケラ王子が選出(2021年5月)

 そんな中、南アフリカ共和国の放送局、 eNCA が、おそらく最有力の王族の一人テボホ・モジャジ=ケカナ王女(Princess Dr Tebogo Modjadji-Kekana)の意見を聞いたようです。
 同王女は、先代の故・女王マコボ・モジャジ6世Makobo Modjadji VI)の姉妹あるいは いとこ で、近い立場にあったようです。

 インタビューに対し、かなり興奮していますが、まとめてしまうと、そもそも女王が選ばれるのが文化的に当然で、王子ではなく妹のマサラナボ・モジャジ王女(Princess Masalanabo Modjadji)が次の女王となると皆も大統領も思っていたのだから、王子を選出する必要はまったくないと考えているようです。
※大統領はズマ前大統領でしょうか。

 インタビュワーは、初代女王の前の時代には王がいたことと、2021年のこの時代に王がダメだという理由に関して質問していますが、要するにとにかく王ではダメだということしか答えていないような……。
 もちろん、このようなタイプの質問に理由を答えるのは非常に難しい話です。
追記:
 モジャジ(雨の女王)がどのように始まったかは、はっきりしていない部分があります。

 有力王族から異論が出たことで、この件はおそらく南アフリカ共和国で伝統的君主に関しての事項を扱う CTLDC が管轄して審査することになっていくことでしょう。
 また、 CTLDC と裁判所の判断が異なる場合も多々あるので、泥沼の展開も予想されます。

 それにしてもこれもまた両性の平等が君主政の伝統に影響を与えているケースなのか。
 違うような気もしますが……。

 

eNCA:
Modjadji Royal Houses | Family Divided over installation of king – YouTube

 

 (英語)Modjadji Royal House: Family divided over installation of king | eNCA

 

続報?(2021年5月13日 20:00頃確認):
 eNCA全体の記事ランキングで3位になっていました。

 

続報:
 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人に衝撃。モジャジ(雨の女王)にマサラナボ王女ではなく、兄のレクケラ王子が選出(2021年5月)
 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、王室評議会の広報や、専門家、現地の人のコメント(2021年5月)
 動画(英語):南アフリカ伝統的君主/ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、王室評議会の広報へのロング・インタビュー(2021年5月)きわめて興味ぶかい内容

南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人に衝撃。モジャジ(雨の女王)にマサラナボ王女ではなく、兄のレクケラ王子が選出(2021年5月)

 南アフリカ共和国のロベドゥ王室評議会は、ロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)に、レクケラ・モジャジ王子(Prince Lekukela Modjadji)を選出しました。

 これはほとんど予想されていなかったことで、妹のマサラナボ・モジャジ王女(Princess Masalanabo Modjadji)がいずれは次の雨の女王となると思われており、また南アフリカ共和国政府もそのことを承認し、適切な年齢に達した段階でそうなるであろうというのが一般的な見解でした。
 また、もし対抗馬がいるとしてもこの王子ではなく、きょうだいの母である故・女王マコボ・モジャジ6世Makobo Modjadji VI)の兄で元・摂政のムパパトゥラ王子(Prince Mpapatla)の娘の王女(つまり、いとこの王女)ではないかというのが、これもまた一般的です。理由は、ムパパトゥラ王子が摂政を務めただけでなく、同王子の妻は一族(つまり王女)であるのに対し、マサラナボ王女と今回選出されたレクケラ王子の父は平民だからです。

 今回の記事の中には、「王子でも雨を降らすことができる」とのコメントもありますが、決定の理由がよくわからないところです。

 いずれにせよ、南アフリカ共和国政府およびこのような件を取り扱う CTLDC の反応が気になるところです。

追記:
 即位式は2022年10月の予定。

 

 (英語)Modjadji Rain Queen | Reign of Queens comes to an end | eNCA
 (英語)Modjadji Royal Council announces Prince Lekukela as successor of the Balobedu tribe – SABC News – Breaking news, special reports, world, business, sport coverage of all South African current events. Africa's news leader.
 (英語)Prince Lekukela Modjadji ascends to Balobedu royal family throne – instead of his sister Masalanabo | News24

 

続報:
 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、テボホ・モジャジ=ケカナ王女が猛反論(2021年5月)「皆も大統領もマサラナボ王女が女王となると認めていた」「最後まで戦う」
 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、王室評議会の広報や、専門家、現地の人のコメント(2021年5月)
 動画(英語):南アフリカ伝統的君主/ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、王室評議会の広報へのロング・インタビュー(2021年5月)きわめて興味ぶかい内容

結婚(2021年5月):南アフリカ伝統的君主/ムポンドミセ人の王 ルズコ・マティワネ 陛下が、第二夫人としてシヨンワベレ・ランガ王女(ムポンド王の一族?)と結婚

 南アフリカ共和国の伝統的君主の一人、ムポンドミセ人の王ルズコ・マティワネ陛下(Luzuko Matiwane, The King of AmaMpondomise)が、第二夫人としてシヨンワベレ・ランガ王女(Princess Siyonwabele Langa)と結婚したようです。

 同王は、(だいぶ前に確認した限りですが)南アフリカ共和国の「伝統的指導権に関する議論と主張を扱う委員会(CTLDC)」の承認を受けていなかったと思います。
 現在の状況は不明。

 同王女はムポンド王の一族という情報もありますが、ムポンド王というだけではどの王かわからないので、こちらも詳細は不明です。が、他の王族出身なので Great Wife の称号で言及されることになるでしょう。
 また、王との子供を懐妊しているようで、息子であれば王の継嗣となる可能性が高いです。

 ムポンドミセ人とムポンド人は非常に近いようで、先祖が双子という伝承もあるようです。

 

SABC News:
AmaMpondomise King Luzuko Matiwane marries a second wife – YouTube

 

 (英語)AmaMpondomise King Matiwane takes second wife, Princess Langa – SABC News – Breaking news, special reports, world, business, sport coverage of all South African current events. Africa's news leader.

戴冠式(2018年10月3日):南アフリカ伝統的君主/ムポンド人のニャンデニ王マンガリソ・ンドロヴイェズウェ・ンダマセ陛下が戴冠

 2018年10月3日、ムポンド人のニャンデニ王マンガリソ・ンドロヴイェズウェ・ンダマセ陛下(King of AmaMpondo aseNyandeni Mangaliso Ndlovuyezwe Ndamase)の戴冠式が、リボデのニャンデニ大宮殿でおこなわれたようです。

 

 (英語)King Ndamase vows to develop nation | IOL News

 

 戴冠式より少し前、南アフリカ共和国憲法裁判所がCTLDCの判断を支持したので、政府がムポンド人の王をザノズコ陛下だと認める手続きを開始しましたが、2010年に南アフリカ共和国は、このザノズコ・シカウ陛下(Kumkani Zanozuko Sigcau)が争っていた位をポンド人全体の王だと認めています。

 一方、ムポンド人は地域別に二人の王がいたという話があり、それぞれムキケラ系統(Mqikela)=カウケニ王統(aseQawukeni)とンダマセ系統(Ndamase)=ニャンデニ王統(aseNyandeni)となっていたようです。なぜかよくわかりませんが、南アフリカ共和国は2010年に前者(つまりザノズコ・シカウ陛下のほうの位)をポンド人全体の王と認めたようです(他でも同じように一人を選んでいるケースがあります)。
 今回の記事からすると、そもそも二王は領域が異なっているので、同じ地位を争っていたわけでもなさそうです(未確認ですが、主導権争いのようなものはあったのかもしれません)。
 当然のことながら、ニャンデニの地域からは反発が続いています。

 戴冠式にはザノズコ・シカウ陛下は姿を見せていないようですが、これは以上の事柄を踏まえれば、来てくれても困る状況でしょう。

 

 戴冠したマンガリソ・ンドロヴイェズウェ・ンダマセ陛下は、地域の経済発展と失業率の改善、観光業の強化を訴えたようです(いずこも同じといいますか……)。

 

南アフリカ伝統的君主:憲法裁判所がCTLDCの判断を支持。政府はムポンド人の王をザノズコ陛下だと認める手続きを開始(2018年10月)

 南アフリカ共和国の憲法裁判所は、CTLDC(Commission on Traditional Leadership Disputes and Claims :
伝統的指導権に関する議論と主張を扱う委員会)による、ザノズコ・シカウ陛下(Kumkani Zanozuko Sigcau)をムポンド人(Mpond people : AmaMpondo : Pondo)の王と判断する決定を支持するとしたようです。

 

 (英語)Govt begins process of recognising AmaMpondo king | News24
 (英語)Government begins process of Recognising King of Amampondo – EIN News
 (英語)Kumkani Zanozuko Tyelovuyo Sigcau to be recognised as rightful King of the AmaMpondo

 

 政府はすでに承認手続きを開始した模様。

 同王位は、1937年のマンドロンケ王(King Mandlonke)の崩御以降、争いが続いており、(当時)南アフリカ共和国大統領ジェイコブ・ズマ閣下(His Excellency Jacob Zuma)が2010年いザノズコ陛下を王と認めた後も憲法裁判所から異論が出されたりしていました。
 “対立王”であったムポンドンビニ・シカウMpondombini Sigcau)の死後、その娘のウェジズウェ・シカウWezizwe Sigcau)が主張を引き継いでいた模様。最高裁判所で敗訴したのちに、憲法裁判所に上訴していたようですが、憲法裁判所はザノズコ陛下を王と認めました。

※なお、在位年代が不明ですが、ムポンドンビニ・シカウに関しては、歴代の王として扱われている場合もあり、ザノズコ陛下の前に単独の王位主張者であったのかもしれません。

 

関連:
 戴冠式(2018年10月3日):南アフリカ伝統的君主/ムポンド人のニャンデニ王マンガリソ・ンドロヴイェズウェ・ンダマセ陛下が戴冠