66歳(2021年4月13日):ウガンダ伝統的君主/ブガンダ王ロナルド・ムウェンダ・ムテビ2世陛下が66歳を迎える。式典では「ワクチンに関する正しい情報」の重要性が述べられる。ウガンダ副大統領セカンディ閣下らが参列

 2021年4月13日、ウガンダ共和国の伝統的君主/ブガンダ王ロナルド・ムウェンダ・ムテビ2世陛下(His Majesty Ronald Muwenda Mutebi II, Kabaka【King】 of Buganda)は66歳を迎え、シルヴィア王妃らとともに式典に臨みました。

 式典では、同王国の首相的役職(Katikkiro)にあるチャールズ・ピーター・マイガ閣下(Charles Peter Mayiga)がブガンダ王のメッセージを読み上げたようです。
 ウガンダでは、到着したワクチンをはるかに下回る量しか接種が進んでおらず、メッセージには「ソーシャルメディアなどの誤った情報ではなく、正しい情報をもとに判断すべき」というような内容が含まれていた模様。

 ウガンダ共和国副大統領エドワード・セカンディ閣下(His Excellency Edward Ssekandi)などの政治家や、イスラム教指導者が参列したようです。

関連:
 ウガンダ伝統的君主:ブガンダ王ロナルド・ムウェンダ・ムテビ2世陛下の健康状態に不安が広がる。ブガンダ王国首相は「強いアレルギー」と説明。ウガンダ議会議長が懸念を表明。過激派の若者はブガンダ王国首相の辞任と王の解放・適切な医療を要求するビラ撒き(2021年4月)

 

 (英語)Kabaka marks 66th birthday, warns on Covid-19 jab myths – Daily Monitor

 

Daily MonitorさんはTwitterを使っています 「Kabaka marks 66th birthday, warns on Covid-19 jab myths https://t.co/nSp5GEphyo #MonitorUpdates」 / Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です