南アフリカ伝統的君主:南アフリカ大統領シリル・ラマポーザ閣下が、11月28日に崩御したバフォケン王太后セマネ・ボノロ・モロトレギ陛下への弔意を表明(2020年12月)

 南アフリカ共和国大統領マタメーラ・シリル・ラマポーザ閣下(Matamela Cyril Ramaphosa)は、2020年11月28日に崩御したバフォケン王太后セマネ・ボノロ・モロトレギ陛下(Her Royal Majesty Queen Mother Semane Bonolo Molotlegi)への弔意を表明しました。

 

 (英語:南アフリカ共和国大統領府 公式サイト)President Cyril Ramaphosa saddened at the passing of the Queen Mother of the Royal Bafokeng Nation, Dr Semane Bonolo Molotlegi | The Presidency

※なお、文中(His Majesty Kgosi Molotlegi)からバフォケン王に対し、陛下(His Majesty)の敬称が用いられていることが確認できます。

 

Presidency | South Africa 🇿🇦さんはTwitterを使っています 「President @CyrilRamaphosa has expressed his condolences to the Royal Bafokeng nation on the passing of Mohumagadi (Queen Mother) Dr Semane Bonolo Molotlegi. https://t.co/Y0bGY5wbNH https://t.co/FgNz0dz2Hd」 / Twitter

 

Facebook

 

 (英語)'She will be sorely missed': Ramaphosa remembers late Queen Mother Molotlegi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です