一般弔問者に続き、黒杖官サラ・クラーク女史らがウェストミンスターホールでの弔問を終える(2022年9月)英国女王エリザベス2世陛下弔問

 ウェストミンスターホールでおこなわれていた、英国女王エリザベス2世陛下の弔問は、一般弔問者の後に、貴族院(上院)職員らが続き、最後は黒杖官サラ・クラーク女史(Sarah Clarke OBE, the Lady Usher of the Black Rod)が弔問をおこないました。

 

The Royal Family Channel:
Last person in the queue sees Queen lying in state – YouTube

 

関連:
 エリザベス2世陛下が、女性初の黒杖官に任命されたサラ・クラーク女史と会見(2018年2月)
 訃報(2022年9月8日):英国女王エリザベス2世陛下が崩御(1926~2022)チャールズ3世が即位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。