動画(英語):南アフリカ伝統的君主/ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、王室評議会の広報へのロング・インタビュー(2021年5月)きわめて興味ぶかい内容

 南アフリカ共和国のロベドゥ王室評議会(Royal Council)が、ロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)に、レクケラ・モジャジ王子(Prince Lekukela Modjadji)を選出した件ですが、王室評議会の広報がロング・インタビューに応じています。

 聞き取りにくい英語ながら(前の動画では普通にしゃべっていたので、今回は緊張してどもっているんだと思いますが)、興味深い話が出ています。

※なお、一部が何度聞いてもよくわからないので、以下に書いたことは誤りがある可能性は高いです。その辺りはご承知ください。

 

eNCA:
Modjadji Royal House | Insults rain over throne – YouTube

※動画サムネイルがマサラナボ王女と兄のレクケラ王子です。
 ただ、王女は間違いないのですが、隣はレクケラ王子ではなく おじ のムパパトゥラ摂政王子というキャプションを出しているサイトもあり、不明です。
 若いように見えるので おじ ではないとは思いますが、ただレクケラ王子は要人と会見したことがないという主張もあるので、もしかしたらレクケラ王子ではないかもしれないくらいには思っています。
追記:
 おじのムパパトゥラ摂政王子の写真・映像を確認したところ、この動画サムネイルにきわめて似ているので、おじのほうではないかと思われてきます。まだ、(他の)レクケラ王子の写真などを直接確認していません。

 

 まず冒頭では、下記で紹介した、

 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、テボホ・モジャジ=ケカナ王女が猛反論(2021年5月)「皆も大統領もマサラナボ王女が女王となると認めていた」「最後まで戦う」

 とコメントしていた、テボホ・モジャジ=ケカナ王女(Princess Dr Tebogo Modjadji-Kekana)についてインタビュワーから聞かれ、「そんな奴は知らない、どこの(王)家に属しているのか」と驚きの返答をしています。
 地元民からも「誰だあれは!?」と問い合わせがあったそうです。
 要するに彼女は王族を詐称している無関係の人物なのだと言っています

 なんとも謎だらけの展開ですが……。

 同王女は、先代の故・女王マコボ・モジャジ6世Makobo Modjadji VI)の姉妹あるいは いとこ という情報が出ており、それゆえに eNCA もインタビューをおこなったはずです。
 これがとぼけているのでなければ、同王女は長年に渡り自らを「雨の女王」の近親であると偽って多方面に渡って活動して知名度を得ていた(にも関わらず地元は何も気づかず何も言わなかった)ということになりますが……。
 う、うーん。

 また、広報のコメントの内容から、王室評議会が「複数の(王)家」から構成されているのではないか、また広報自体もいずれかの家に所属しており、評議会の一員ではないかということが推測されます。

 

 そして肝心のレクケラ王子を選出した件ですが、

  1. 2005年に女王マコボ・モジャジ6世が崩御した
  2. 幼い子供しかいなかったので、女王のきょうだいムパパダ・モジャジ王子(Prince Regent Mpapada Modjadji)を摂政とした
  3. ムパパダ摂政王子は16年(つまり今年2021年まで)務め、後継者を選出する準備をおこなっていたが、準備が整った(?)と王室評議会に通知したので、王室評議会は後継を選出した

 という説明になるようです。
 ムパパダ王子はムパパトゥラ王子、またはムパパトラ王子(Prince Mpapatla)とも表記されるケースが多いですが、今回聞いた限りではムパパダと言っているように取れます。が、これはあまり気にしなくていいでしょう。間違いなく同一人物です。
 ともあれ、この説明からすれば、摂政の意思によって後継選出が開始された、というようにも取れます。
 同王子は自らの娘を後継の女王に望んでいたとも伝えられていますが、今回の王室評議会への通知は、レクケラ王子を推薦してのものなのか、つまり摂政が甥を選出するように動いたのか、その辺りも気になるところです。
 地元の人からすれば、男の摂政王子から、甥の王子へ君主権が移る、ということになるのかもしれません(わかりませんが)。

 また、どうも王室評議会は、男女八人で構成されている、といっているように取れます。

 

 ここで eNCA のインタビュワーは、昨年(2020年?)2月の、王室評議会の秘書官(?)がインタビューに応じている映像を出します。
 英語字幕によれば、マサラナボ・モジャジ王女(Princess Masalanabo Modjadji)を次期女王にするつもりであり、21歳まで待っているとなります。それ以外には取れません。

※他情報では王女が18歳になるのを待っているというのがありますが、21歳が正しいのかどうかはよくわかりません。

 ともあれ、一年ちょっと前には、王室評議会の関係者が、マサラナボ王女が将来の女王とはっきりいっているわけです。
 なぜこの一年ちょっとで違う決定がなされたのか。
(「王子でも雨を降らせることが出来る」という本質論的な議論は、マサラナボ王女を排除しレクケラ王子を選出する直接の理由にはなりません)

 これについてインタビュワーから問われた広報は、「注意深く聞けば、2005年に出来事があったことと、“プロセス”が~」というよくわからないことを説明し始め、ここからはよくわからないです本当に。王子を選出した理由についても秘匿されるべき重要なことだとしているように聞こえ、説明を拒否しているのとなんら変わらない状況です(もちろん秘匿されるのが伝統であれば秘匿されるべきですが)。

 ただ、王室評議会の歴史は420年と、「雨の女王」の200年を超える伝統があるとしており(本当かどうかはわかりませんが)、また、評議会の決定は覆せないともしています。

 

 さて。
 テボホ・モジャジ=ケカナ王女は本人の主張通りの人物なのか、それとも詐欺師の類なのかという謎が生まれましたが、ともあれ王室評議会周辺の動きはある程度はっきりしてきたように思えます。
 あとは、南アフリカ共和国の中央およびリンポポ州の政治家の反応が待たれます。

 

関連:
 (インデックス)(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です