南アフリカ大統領シリル・ラマポーザ閣下が、ニュースレターにて、1月のバペディ王崩御・3月のズールー王崩御について触れる(2021年3月)

 南アフリカ共和国大統領マタメーラ・シリル・ラマポーザ閣下(Matamela Cyril Ramaphosa)は、2021年3月15日付のニュースレター(メールマガジン)において、3月12日に崩御した南アフリカ共和国の伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)と1月6日に崩御したバペディ王ヴィクター・スラレ3世陛下(His Majesty Kgoshikgolo Thulare III : Victor Thulare III of the Bapedi kingdom)について触れ、伝統的君主らとの会合があったことと、経済の再建に取り組む決意や、南アフリカの人々にとって伝統的君主らによる統治は過去も現在も未来も不可分の一体であるということを述べています。

 

 (英語:南アフリカ共和国大統領府 公式サイト)From the desk of the President, Monday, 15 March 2021 | The Presidency

 

Presidency | South Africa 🇿🇦さんはTwitterを使っています 「From The Desk of The President – Monday, 15 March 2021 – https://t.co/BQZruLFHns In the last few months, we have had to bid a sad farewell to two of our country’s most respected traditional monarchs. https://t.co/FokpkCiBNt」 / Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。