ハプスブルク家当主の弟、オーストリア大公ゲオルク殿下が、次のフランス駐箚ハンガリー大使になるとの報道(2020年12月)

 オーストリア大公ゲオルク殿下(オーストリア皇子・ハンガリー王子・ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Georg of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : ゲオルク・ハプスブルク=ロートリンゲンGeorg Habsburg-Lothringenゲオルク・フォン・ハプスブルクGeorg von Habsburgハプスブルク・ジェルジHabsburg György)が、次のフランス共和国駐箚ハンガリー特命全権大使となると報道されています。

 

 (ハンガリー語【マジャール語】)Index – Külföld – Habsburg váltja Károlyit a párizsi nagykövetségen

 

 ゲオルク大公殿下は、ハプスブルク家当主カール大公殿下の弟です。
 ハンガリーではハプスブルク家の代表扱いで、ハンガリーでの式典で兄弟が同席しているとゲオルク大公殿下の臨席しか文章に書かれていないこともあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です