インタビュー記事(ドイツ語):ハプスブルク家当主/オーストリア大公カール殿下へのインタビュー記事(2020年12月)

 ハプスブルク=ロートリンゲン家当主のオーストリア大公カール殿下(オーストリア皇子・ハンガリー王子・ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Karl of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : カール・ハプスブルク=ロートリンゲンKarl Habsburg-Lothringenカール・フォン・ハプスブルクKarl von Habsburg)へのインタビュー記事です。

 もうすぐ60歳になるのを記念した著書「KARL VON HABSBURG」の発刊に関連したもののようです。
 かなり長く、話が飛びますので、はっきりいってよくわからない部分もあります。
「ハプスブルクさん、今でも殿下と呼ばれてるんですか?」から始まり、オーストリアで「フォン」を自称するのが禁止されている話題はもちろん(著書名にも「フォン」が入ってますので)、別居中の妻と実は近年に離婚していて既に別のパートナーがいることを最近明かした話や、いろいろあります。

※ちなみに新しいパートナーのポルトガル人女性は Christian Reid という名前らしいです。ポルトガル人では「Christian」は女に(も?)使われると聞きましたが……。日本語表記というか発音は、クリスティアン・リートになるんでしょうか。

 

 (ドイツ語)Karl Habsburg: "Das ist so spießig, so kleinlich " • NEWS.AT

 

NEWSさんはTwitterを使っています 「Karl Habsburg: "Das ist so spießig, so kleinlich " – https://t.co/IZL9CCYX2X」 / Twitter

 

news.at – "Der Name Habsburg kann Türöffner sein, aber er… | Facebook

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です