戴冠式10周年(2020年10月31日):ウガンダ伝統的君主/ケル・アルール王フィリップ・オラールケル・ラウニ3世陛下が戴冠から10年。ウガンダMTN(大手の通信会社)が祝福。コンゴ民主共和国にも広がるアルール人の最高権威

 2020年10月31日、ウガンダ共和国の伝統的君主の一人、ケル・アルール王フィリップ・オラールケル・ラウニ3世陛下(His Royal Majesty Phillip Olarker Rauni III, The Ubimo of Ker Alur)が戴冠から10年を迎えました。

 統治開始が2000年、正式即位が2006年、戴冠式が2010年と少しややこしい情報があります。

 ウガンダMTN(大手の通信会社)が祝福との記事が出ていますが、陛下との関係は不明。
 なお、陛下は、現今の新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の広がりを踏まえ、「健康的な生活」「常にマスクを正しく着用すること」を述べたようです。

 ケル・アルール王は、コンゴ民主共和国にも広がるアルール人【アルール族】の最高権威のようで、国境を越えるアフリカの伝統的君主の一人ということになりそうです。
 また、アルール人は、ルオ人【ルオ族】の中でも大きな割合を占めているようです。

 

 (英語)Mtn Supports Alur 10th Coronation With Sh20m

 

The New VisionさんはTwitterを使っています 「MTN supports Alur 10th coronation with sh20m MTN Uganda congratulates the Ubimo of Ker Alur, His Royal Majesty, Phillip Olarker Rauni III upon his tremendous decade of leadership. DETAILS: https://t.co/2OrLsFwpW9 | #VisionUpdates https://t.co/Io1WA9obyU」 / Twitter

 

The New Vision – MTN supports Alur 10th coronation with… | Facebook

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です