訃報(2019年6月4日?):ヴァルトブルク=ツァイル=ホーエネムス伯子妃プリシラ殿下、薨去(1934~2019)

 ヴァルトブルク=ツァイル=ホーエネムス伯子妃プリシラ殿下(シェーンボルン=ヴィーゼントハイト伯女 : Her Illustrious Highness Countess Priscilla of Waldburg-Zeil-Hohenems, Countess of Schönborn-Wiesentheid : プリシラ・グレフィン・ツー・ヴァルトブルク=ツァイル=ホーエネムスPriscilla Gräfin zu Waldburg-Zeil-Hohenemsプリシラ・グレフィン・フォン・シェーンボルン=ヴィーゼントハイトPriscilla Gräfin von Schönborn-Wiesentheid)が薨去した模様です。
 1934年2月5日生まれの85歳。

※下記の一番下の記事ではヴァルトブルク=ツァイル=ルステナウ=ホーエネムスWaldburg-Zeil-Lustenau-Hohenems)と「ルステナウ」が加わっていますが、理由はわかりません。

 

 (ドイツ語)Priscilla Waldburg-Zeil in Hohenems gestorben – vorarlberg.ORF.at
 (ドイツ語)Chronik: Priscilla Waldburg-Zeil beigesetzt – vorarlberg.ORF.at
 (ドイツ語)Priscilla Waldburg-Zeil-Lustenau-Hohenems – Danksagung – VN Todesanzeigen

 

 神聖ローマ帝国領邦国家君主や数々の聖職者を輩出しているシェーンボルン家のシェーンボルン=ヴィーゼントハイト系統の出身で、同じくメディアタイズド・ハウス(シュダンデスヘル)の格であるヴァルトブルク=ツァイル=ホーエネムス家の人物と結婚しました。

 キリスト教/ローマ・カトリック教会のウィーン大司教クリストフ・シェーンボルン枢機卿座下(His Eminence Christoph Cardinal Schönborn, O.P., Archbishop of Vienna)は同族で(結構遠縁ですが)、同枢機卿は記事によれば癌の手術後ということもあって葬儀には参列しなかったようです。
 葬儀の参列者として、
 リヒテンシュタイン公ハンス=アダム2世殿下(Hans-Adam II : His Serene Highness The Prince of Liechtenstein)、
 リヒテンシュタイン公妃マリー殿下(Marie : Her Serene Highness The Princess of Liechtenstein : キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ伯爵女マリー : Countess Marie Kinsky of Wchinitz and Tettau)、
 バーデン辺境伯マクシミリアン殿下(マックス : His Royal Highness MaximilianMax】, Margrave of Baden)の名前が挙げられています(ホーエネムス市の市長も参列)。

 

リヒテンシュタイン公国国祭日、公国成立300周年(2019年8月)

 2019年8月15日の国祭日(ナショナル・デー)により、リヒテンシュタイン公国は成立300周年を迎えました。

 

リヒテンシュタイン公国国家元首代行のリヒテンシュタイン公世子アロイス殿下(アロイス皇太子アロイス摂政Alois : His Serene Highness The Hereditary Prince of Liechtenstein : His Serene Highness The Prince Regent of Liechtenstein)のスピーチ/

Volksblatt.li:
Rede zum Staatsfeiertag von Erbprinz Alois – YouTube

 

花火/
Volksblatt.li:
Feuerwerk – YouTube

 

 (ドイツ語:写真)Liechtensteiner Vaterland – Fotogalerien – Vaterland online

Wer war heute Vormittag ebenfalls auf… – Liechtensteiner Vaterland | Facebook

Wer war heute Vormittag ebenfalls auf der Schlosswiese? Vielleicht findet ihr euch in der Bildergalerie wieder.#staatsfeiertag2019 #300LI

Liechtensteiner Vaterlandさんの投稿 2019年8月15日木曜日

 

 (ドイツ語:写真)Staatsakt auf der Schlosswiese – Liechtensteiner Volksblatt, die Tageszeitung für Liechtenstein

 

Volksblatt.liさんはTwitterを使っています: 「Fürst, Trachten und Selfies. Unsere Impressionen von der Schlosswiese. #Staatsfeiertag2019 #300li Hier geht es zur Fotogalerie: https://t.co/BigPjWylgg (Fotos: Michael Zanghellini) https://t.co/Cn8NYw0mk1」 / Twitter

 

Fürst, Trachten und Selfies. Unsere… – Liechtensteiner Volksblatt | Facebook

Fürst, Trachten und Selfies. Unsere Impressionen von der Schlosswiese. (Fotos: Michael Zanghellini) Hier geht es zur Fotogalerie: http://volksblatt.li/?id=235602

Liechtensteiner Volksblattさんの投稿 2019年8月15日木曜日

 

Liechtensteiner Volksblattさん(@volksblatt.li) • Instagram写真と動画

 

Jane OwenさんはTwitterを使っています: 「Congratulations to the Principality of Liechtenstein on your national day and 300th anniversary! Lots of smiles and national pride on show today in Vaduz! Can you spot the 🇬🇧🇱🇮 badge? #300LI #LiechtensteinNationalDay https://t.co/TAZ4726PO7」 / Twitter

 

長文インタビュー記事(ドイツ語):リヒテンシュタイン公国国家元首代行リヒテンシュタイン公世子アロイス殿下へのインタビュー記事(2018年9月)

 スイスのメディアによる、リヒテンシュタイン公国国家元首代行のリヒテンシュタイン公世子アロイス殿下(アロイス皇太子アロイス摂政Alois : His Serene Highness The Hereditary Prince of Liechtenstein : His Serene Highness The Prince Regent of Liechtenstein)への長文インタビュー記事が掲載されています。

 

 (ドイツ語)Thronfolger von Liechtenstein: «Monarchie hat auch Vorteile – leider sind sie wenig bekannt» – Ausland – az Aargauer Zeitung

 

 アロイス殿下は、君主(の代行及び継嗣)、政治家、投資家、経営者、大金持ち、といろいろな側面を持ちますが、今回のインタビューは興味深い点がいくつもあります。
 それほど深く掘り下げられてはいませんが、君主政の長所(自らの実例を交えて)から、仮想通貨(暗号通貨)への評価と対応まで話は幅広いです。
 個々の部分部分は他の人物でも語れる内容かもしれませんが、一人の人物がそのすべてを語るということは他にはないのではないでしょうか。

 

 そのほか、欧州王室の連携は今でもあるのかという問いに、デンマーク皇太子フレデリク殿下の誕生日に集まった件、が述べられています(ハリー王子の結婚式はいきましたか?とも聞かれてますが、欧州の王室はスルーでした)。

 そして、長男のヨーゼフ・ヴェンツェル殿下は、アロイス殿下の役割を受け継いでいく意思があるようです。