ナイジェリア伝統的君主:イフェ王オジャジャ2世陛下の送った顧問団が、オヨ王 ラミディ・オライウォラ・アデイェミ3世 陛下から会見を拒否されたとの報道(2021年7月)

 2021年7月30日、イフェ王【オオニorオニ】オジャジャ2世、“オバ”・アデイェイェ・エニタン・オグンウシ陛下(His Royal Majesty Oba Adeyeye Enitan Ogunwusi, Ojaja II, The Ooni of Ife : His Imperial Majesty Alayeluwa Arole Oduduwa Olofin Adimula, Ọ̀ọni Adeyẹ́yẹ̀ Ẹnitan Bàbátunde Ògúnwusi Ọjàjà II, Ooni of Ife)が送った顧問団が、オヨ王“オバ”・ラミディ・オライウォラ・アデイェミ3世陛下(His Royal Majesty【His Imperial Majesty】 Oba Lamidi Olayiwola Adeyemi III, J.P, CFR, LL.D, The Alaafin of Oyo)から、二時間半待たされたあげく、会見を拒否された模様です。
 両者はヨルバ系君主の中でも二大最高権威です。

 詳細については、アポイントメントがなかったとの話も出ているのですが、顧問団の中にブハリ大統領を罵るもの・オバサンジョ(元)大統領(ヨルバ系)を支持するものがいたことがオヨ王の怒りをかったというのが当該記事の中での見方です。

 この顧問団は割と最近結成されたもので、今回はオヨ王から祝福を受けるのを目的とした訪問です。
 また、フラニ人との対決を煽ったり、ヨルバ系による独立国家建設を目指して活動し、拘束されたサンデー・アデイェモ首長?(Chief Sunday Adeyemoサンデー・イグボホSunday Igboho)に関する問題も話し合われることになる可能性もあったようですが、それ以前の状況となっています。
※この人物に関しては「Chief」付きで呼ばれていますが、詳細は不明。解放を呼びかける支持者が掲げているプラカードではフリーダム・ファイターとされています。

 顧問団の中にはオリレ=イグボン王フランシス・アラオ陛下(His Royal Majesty Oba Francis Alao, Olugbon of Orile-Igbon)の名もあり、また(元)オグン州知事も含まれているものの、後者は今回は同行していなかったようです。

 

 (英語)Alaafin shuns Ooni-backed group over alleged anti-Buhari posture – Punch Newspapers

Punch NewspapersさんはTwitterを使っています 「Alaafin shuns Ooni-backed group over alleged anti-Buhari posture – Punch Newspapers https://t.co/Lc97r8YdKz」 / Twitter

PUNCH Newspapers(@punchnewspapers) • Instagram写真と動画

 

 (英語)Ooni's think-tank visits Alaafin, seeks support of traditional ruler – Daily Post Nigeria

 

 サンデー・アデイェモ首長?(Chief Sunday Adeyemoサンデー・イグボホSunday Igboho)については、ヨルバ国家を望む分離主義者というタイトルで BBC も記事を出しています。
 (英語)Sunday Igboho: The Nigerian separatist who wants a Yoruba nation – BBC News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です