モロッコ王 モハメッド6世 陛下が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のワクチン接種を無料で可能にするよう同国政府に指示。成人80%の接種を目指して中国製ワクチンがまず使用される模様(2020年12月)自国製ワクチンの計画もあるとか

 2020年12月8日、モロッコ王モハメッド6世陛下(His Majesty the King Mohammed VI of Morocco)は、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のワクチン接種を無料で可能にするよう政府に指示を出した模様。

 複数の情報をまとめると、同国政府は成人80%の接種を目指しており、まずは中国製のワクチンの確保、そしてアストラゼネカのワクチンの確保や、自国製生産も考慮しているようです。
 自国製ワクチンをコモディティ(日用品)として準備する計画があるということは、モロッコ政府は、ワクチンの効果は短期で、頻繁な接種が必要と判断しているということになるでしょうか。

 

 (英語)Morocco’s king orders free COVID-19 vaccine for all | MEO
 (英語)Morocco to use Chinese vaccine to kick off mass vaccinations
 (英語)KUNA : Moroccan King instructs free Covid-19 vaccination – Health – 09/12/2020

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です