英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】夫妻が王室の「‘senior’ members」(中心メンバー?)から離れると発表(2020年1月)他の王室メンバーに相談なしでの宣言の模様

 英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)とサセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Meghan : Her Royal Highness The Duchess of Sussex)は、王室の「‘senior’ members」(中心メンバー?)から離れると発表したようです。
 

The Duke and Duchess of SussexはInstagramを利用しています:「“After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a…」

View this post on Instagram

“After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a progressive new role within this institution. We intend to step back as ‘senior’ members of the Royal Family and work to become financially independent, while continuing to fully support Her Majesty The Queen. It is with your encouragement, particularly over the last few years, that we feel prepared to make this adjustment. We now plan to balance our time between the United Kingdom and North America, continuing to honour our duty to The Queen, the Commonwealth, and our patronages. This geographic balance will enable us to raise our son with an appreciation for the royal tradition into which he was born, while also providing our family with the space to focus on the next chapter, including the launch of our new charitable entity. We look forward to sharing the full details of this exciting next step in due course, as we continue to collaborate with Her Majesty The Queen, The Prince of Wales, The Duke of Cambridge and all relevant parties. Until then, please accept our deepest thanks for your continued support.” – The Duke and Duchess of Sussex For more information, please visit sussexroyal.com (link in bio) Image © PA

A post shared by The Duke and Duchess of Sussex (@sussexroyal) on

※なお「‘senior’ members」の定義については、英語圏でもよくわかっていないようです。

 

※いつの間にできていたのか公式サイトが:
 (英語:サセックス公爵夫妻公式サイト)The Official Website of The Duke & Duchess of Sussex
サセックス公爵夫妻公式サイトより

この状況でもサイトは落ちていないようです(重いですけど)。
追記:落ちるようになってきました。

 

 両殿下は引き続き女王陛下を支えるものの、経済的に独立する意思を示しているようです。

 一方で、この発表について事前に他の王室メンバーに相談がなかったようで、事態に混乱も見られます。

 

 バッキンガム宮殿の発表。

 (英語:英国王室公式サイト)Statement on discussions with The Duke and Duchess of Sussex | The Royal Family

Discussions with The Duke and Duchess of Sussex are at an early stage. We understand their desire to take a different approach, but these are complicated issues that will take time to work through.

「サセックス公爵夫妻との話し合いは初期の段階だ。
 私たちは、違うアプローチを取りたいという彼らの望みを理解しているが、しかし時間を取って処理しなければならない複雑な問題が存在している」

The Royal FamilyさんはTwitterを使っています: 「A statement from Buckingham Palace regarding The Duke and Duchess of Sussex. https://t.co/1qtTEHiIq6」 / Twitter

 

 話し合いが以前からあったのであれば、あくまで勘繰りですが、まったく話が進みそうにないので、両殿下側が一方的に発表をしたようにも思えます(あくまで予想ですので誤解なきよう)。

 

Sky News:
BREAKING NEWS: Harry and Meghan to step back as senior royals – YouTube

 

 (英語)Prince Harry and Meghan to step back as senior royals – BBC News
 (英語)In full: The Sussexes' statement and the Buckingham Palace response – BBC News
 (英語)Revealed! Royals who have forged their own careers | Daily Mail Online
 (英語)Prince Harry and Meghan Markle to step back as senior royals | Daily Mail Online
 (英語)Prince Harry and Meghan Markle to 'step back as senior members of the Royal Family'

 

ANN NEWS の 無責任すぎる見出し/
ANNnewsCH(ANN NEWS):
英王室・ヘンリー夫妻「王室の地位から身を引く」(20/01/09) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英ヘンリー王子「地位を退く」北米に移住か(20/01/09) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
英王室・ヘンリー夫妻「王室の地位から身を引く」(20/01/09) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
ヘンリー王子夫妻“王族引退宣言”発表の余波(20/01/10) – YouTube

 

追記:
 上記でもリンクしている、サセックス公爵夫妻公式サイトですが、「media」のページに、夫妻は今後メディアとの関わり方を変更するということです。
 話題になっているのは、英国王室情報の配信を独占的に取り扱っている Royal Rota というシステムに参加しないとの文言。

 (英語)Media | The Official Website of The Duke & Duchess of Sussex

No longer participate in the Royal Rota system.

 この Royal Rota (ロイヤル・ロタ or ロイヤル・ロウタ)というのは、40年ほど前に出来た以下七誌による記者クラブのようなものではないかと思うのですが、

  • The Daily Express
  • The Daily Mail
  • The Daily Mirror
  • The Evening Standard
  • The Telegraph
  • The Times
  • The Sun

 ともあれ、この七誌が王室に関する一次情報を独占するような状況があるものの、夫妻は今後このシステムを通すつもりはない、ということです。
 タブロイドがなぜこんなにという顔触れなので、これまでの報道記事で話が妙な方向に膨らまされてしまっているものがあるのは当然ということになりますが、それを受け入れ続けるつもりはないということでしょう。

 (英語)Meghan and Harry to leave 'Royal Rota' media system

 

追加リンク:

This Morning:
Royal Experts Discuss Harry and Meghan's Shocking Announcement | This Morning – YouTube

 

関連:
 イタリア王室(直系)継嗣ヴェネツィア公エマヌエーレ・フィリベルト殿下が、英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】夫妻の“離脱”宣言を支持するコメント(2020年1月)

続報:
 英国女王エリザベス2世陛下が、1月13日(月)にサンドリンガムにてサセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】と話し合いをおこなう模様(2020年1月)チャールズ皇太子殿下とウィリアム王子殿下が同席
 世論調査:60%以上のカナダ人が次のカナダ総督にヘンリー王子殿下が任命されることに賛成との報道(2020年1月)英国王室のサセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】の「‘senior’ members」から離れるとの宣言を受けて
 英国女王エリザベス2世陛下らがサセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】と会見(2020年1月)「ハリーとメーガンの意向を尊重」。次は称号などについて処置があるかどうか
 Megxit:英国女王エリザベス2世陛下とバッキンガム宮殿が、サセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】夫妻の今後について声明(2020年1月)公費からの支給なし、「(HRH)殿下」を使用しないとのこと、など。効力は春から