前スペイン王ファン・カルロス1世陛下の心臓の手術は成功、術後の容態は安定(2019年8月)

 2019年8月24日、前スペイン王ファン・カルロス1世陛下(His Majesty King Juan Carlos I of Spain)の心臓の手術(冠動脈バイパス移植?)がおこなわれ、成功したようです。
 術後の容態は安定、集中治療室【ICU】に移っているとのことです。

 

 (スペイン語)Juan Carlos I, estable tras finalizar con éxito la operación a corazón abierto
 (スペイン語)Juan Carlos I permanecerá ingresado varios días hasta su total recuperación

 

 前スペイン王妃ソフィア陛下(Her Majesty Queen Sofía of Spain)とスペイン王フェリペ6世陛下(King Felipe VI : His Majesty The King of Spain)が一時病院に滞在していた模様。

 

関連:
 スペインのエル・パイス紙【El País】ネット版が誤報。前スペイン王ファン・カルロス1世陛下崩御を報じ、すぐに削除(2019年8月)
 心臓の手術がおこなわれた前スペイン王ファン・カルロス1世陛下が退院「痛みはないが新しいバイパス(血管)がある」(2019年8月) – 世界の王室ニュース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です