ベルギー王子ロラン殿下「私への予算を減らすのは人権侵害」(2017年12月)

 ベルギー王子ロラン殿下(His Royal Highness Prince Laurent of Belgium)が、殿下一家への予算を減らされたり活動を制限されたりされそうなので、シャルル・ミシェル首相に対し弁護士などを通じて抗議をおこなっているようです。

 特に外国からの訪問者との会見を制限するのは、“社会的孤立の強要”であり、欧州人権条約(ECHR)に違反しているとし、その他今までの活動に制限があったことを考慮して金をよこせようするに普通に生きていくことを許されず、公務をこなすために自分で仕事を選んで経験をつんでいくことも許されなかったのに、いきなり「もう金をやらん」といわれても困る、ということだと思いますが)と主張しているようです。

 もともと問題児な人ですが、ここまでストレートに「金よこし続けろ!」というのは初めてで(王子への予算を減らすと欧州人権条約違反!)、ベルギーはまたひとつどうでもいい問題に対応する必要が出てきました。

 

もう少し詳細:
 ベルギー王子ロラン殿下の予算が15%減らされる模様。政府に断りなく行動を続けたのが問題視。殿下は決定を不服とし提訴も考えている模様(2017年12月)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です