来日したUAEのハーリド・ビン・ムハンマド殿下が内閣総理大臣 岸田文雄 閣下を訪問(2022年9月)UAE大統領(アブダビ首長)の長男(?)

 2022年9月26日、来日したアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ執行評議会委員・アブダビ執行事務局長“シャイフ【シェイク】”・ハーリド・ビン・ムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下(His Highness Sheikh Khaled bin Mohamed bin Zayed Al Nayan, member of the Abu Dhabi Executive Council and Chairman of the Abu Dhabi Executive Office)は、日本国 内閣総理大臣岸田文雄閣下(きしだ ふみお : His Excellency Mr. Fumio Kishida)を訪問しました。

 まずこのハーリド・ビン・ムハンマド殿下がどなたかという話ですが、現UAE大統領・アブダビ首長のムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下の長男ではないかと思います。
 また、アブダビの役職しか持っていない(連邦レベルの役職ではない)のに、今回の来日では大臣を含む外交団のトップに据えられており、後継者の有力候補と見るのが妥当に思われます。
 今後、アブダビ皇太子に任命されるかどうかは注目です。

 それはそれとして、外務省記事と UAE 報道で微妙な差異があるのが気になるのですが……

 

 ハーリド・アブダビ執行評議会委員兼執行事務局長による岸田総理大臣への表敬|外務省
 (英語)Emirates News Agency – Khaled bin Mohamed bin Zayed witnesses launch of strategic partnership agreement between UAE, Japan

 

冒頭、岸田総理大臣から、「包括的・戦略的パートナーシップ・イニシアティブ(CSPI)の実施に関する共同宣言」を近日中に署名できる運びとなったことを歓迎する旨述べた上で、故安倍晋三国葬儀へのハーリド殿下の参列に対する謝意を表明するとともに、

 「近日中に署名できる運び」となっていますが、 UAE 側では文書を署名し交換したような写真が記事および Twitter に掲載されています(別の文書かもしれませんが)。
 また、 UAE 側の記事には、安倍総理の国葬の件は記述がありません(この時期に来日して参列しないこともないでしょうが、もともとのパートナーシップの強化の発案者として安倍総理の名前が挙げられているだけに不思議ではあります)。

これを受け、ハーリド殿下から、安倍元総理大臣の逝去に対し、心からの哀悼の意を示し、ムハンマド大統領からも弔意をことづかっていると述べるとともに、

  UAE 側には哀悼に関連する表記はなく、また父である大統領(アブダビ首長)からの親書は手渡されていますが、こちらもまた弔意に関する表記はありません。

 

WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「Khaled bin Mohamed bin Zayed witnesses launch of strategic partnership agreement between UAE, Japan. #WamNews https://t.co/nMC3kKkBn9 https://t.co/mg2nSXeyBQ」 / Twitter

 

WAM EnglishさんはTwitterを使っています: 「Khaled bin Mohamed bin Zayed witnesses launch of strategic partnership agreement between UAE, Japan #WamNews https://t.co/gjpWdDLZfQ https://t.co/SJitbmgzZq」 / Twitter

安倍(元)総理の国葬に、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下ら皇族方七人の参列(2022年9月)

 宮内庁は、2022年9月27日におこなわれる元・内閣総理大臣/従一位安倍晋三あべ しんぞう)の国葬に秋篠宮皇嗣殿下(文仁親王 : ふみひと : Prince Fumihito : His Imperial Highness Crown Prince Akishino)ら七人の皇族方が参列と発表したようです。

 七人は

  • 秋篠宮皇嗣殿下
  • 秋篠宮皇嗣妃殿下(紀子きこKiko : Her Imperial Highness Crown Princess Akishino)
  • 秋篠宮家の佳子内親王殿下(かこ : Her Imperial Highness Princess Kako of Akishino)
  • 三笠宮家の寬仁親王妃【寛仁親王妃】信子殿下(のぶこNobuko : Her Imperial Highness Princess Tomohito of Mikasa)
  • 三笠宮家の彬子女王殿下(あきこ : Her Imperial Highness Princess Akiko of Mikasa)
  • 高円宮家の憲仁親王妃久子殿下(ひさこHisako : Her Imperial Highness The Princess Takamado)
  • 高円宮家の承子女王殿下(つぐこ : Her Imperial Highness Princess Tsuguko of Takamado)

 です。

 

 安倍元首相の「国葬」 秋篠宮ご夫妻ら7人の皇族方が参列へ | NHK | 国葬

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN
安倍元総理の国葬に秋篠宮ご夫妻ら7人の皇族が出席ー宮内庁|TBS NEWS DIG – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
【安倍元総理の国葬】秋篠宮ご夫妻らが参列へ 両陛下は侍従を派遣(2022年9月21日) – YouTube

2020年【令和2年】11月:1947年【昭和22年】の11宮家皇籍離脱以来、皇室のもっとも不思議なひと月

 2020年【令和2年】11月は、1947年【昭和22年】の11宮家の皇籍離脱以来、皇室のもっとも不思議なひと月となってしまったように思います。

 以下、時系列を確認の上、なにがどうなってしまったのかということを考えていきましょう。

 

2020年11月8日:「立皇嗣の礼」
関連:
 立皇嗣の礼(2020年11月8日):「立皇嗣宣明の儀」「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」「朝見の儀」がおこなわれる。秋篠宮皇嗣(文仁親王)・同妃(紀子)両殿下は今後は宮中祭祀で宮中三殿の殿舎にあがって拝礼する模様

 「立皇嗣の礼」がおこなわれ、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下が、伝統的な皇太子と同じ立場となりました。

 

2020年11月10日 と 12日:「超党派の議員連盟が男系維持(旧11宮家の男系男子の皇室復帰)を求める」
 個別記事を出しませんでしたが、各報道によりますと、11月10日に加藤官房長官に、12日に菅(すが)内閣総理大臣に提言・申し入れをおこなったようです。
 おこなったのは、古屋圭司衆議院議員を代表とする超党派の議員連盟だそうですが、一部報道では日本会議国会議員懇談会とされています(ただし日本会議国会議員懇談会の有志議員とも)。

 

2020年11月13日:「お気持ち」
 個別記事を出しませんでしたが、秋篠宮家の眞子内親王殿下が「お気持ち」を公表。

 

2020年11月20日:収録日
 後述の秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下による記者会見の収録日。

 

2020年11月23日:「新嘗祭」
関連:
 天皇(徳仁)陛下が新嘗祭に臨む(2020年11月)秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下も「神嘉殿」の殿舎に上がり拝礼との報道

 天皇(徳仁)陛下が新嘗祭に臨みました。
 宮内庁が映像を公開していないため詳細までは断言できませんが、報道から推測すれば、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下は歴代の皇太子と同じ役割を担ったと思われます。

 

2020年11月24日:「皇女」創設案の報道
 政府内で「皇女(こうじょ)」という呼称で国家公務員として公務をおこなってもらうという案があるとの報道(2020年11月)

 複数のメディアが、2020年11月24日の加藤官房長官のはっきりしない発言を引きつつなんとも珍妙な政府案があることを報道をしました。
 報道関係の内容は最終段階の記事で分かれていて、政府はいわゆる女性宮家を断念したかどうかということになります。

 

2020年11月29日:「議会開設百三十年記念式典」
 天皇(徳仁)・皇后(雅子)両陛下と秋篠宮家の眞子内親王殿下が、議会開設百三十年記念式典に臨席しました。

関連:
 天皇(徳仁)・皇后(雅子)両陛下、秋篠宮家の眞子内親王殿下が、議会開設百三十年記念式典に臨席(2020年11月)

 

2020年11月30日:「記者会見に関して報道」
関連:
 55歳(2020年11月30日):秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下が55歳を迎える。11月20日収録の記者会見で眞子内親王殿下の結婚について言及

 11月20日収録の記者会見の内容が報道され……残念ながら評判は芳しくありません。

 


 

 さて、以上がだいたいの出来事です(他にもあるのですが、他は不思議ではないように思うので割愛)。

 

 1. 秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下は皇太子になった
 まず最初に不思議なのは、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下に関する「立皇嗣の礼」と「新嘗祭」の役割において、殿下は完全に伝統的な皇太子の役割を継承したことが挙げられるでしょう。
 これをいつ誰がはっきりと決めたのかさっぱりわからないのですが、立太子の儀式をおこなってからすぐに廃太子するなどという個人攻撃をおこなう必要などない以上、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下が次の天皇に決まったと示されたように思えます(あるいは当面の間、これを変更することはないと)。
 東京大学の御厨教授は、「これで皇室の新体制が整ったのでこれからの議論を開始すべき」と発言していましたが、いやその……。
 そもそもの議論のポイントは、男系男子継承の維持でいくのか、敬宮(愛子内親王)殿下を女帝にするのかというところだったはずで、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下を次の天皇に決めたと示した後で議論すると言われましても……。
 何を議論すべきなんでしょうか。
 まずそこから曖昧になりました。

 

 2. 超党派議員連盟による旧11宮家の男系男子の皇室復帰要求
 秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下が次の天皇になるなら、その次は悠仁親王殿下となりますし、常陸宮(正仁)親王殿下が高齢な以上、旧11宮家の男系男子の復帰は「皇位の安定的継承」に必要、というのは当たり前の結論になります。
 いやもちろん、敬宮(愛子内親王)殿下を女帝にするという案が生きているならば、対抗案はあるのですが、1.によりその可能性が事実上しぼんでいます。
 とすると、旧宮家男系男子の皇籍復帰か、あるいは一部報道にあった、悠仁親王殿下までは男系男子でそのあとは女子・女系にも、というセミ・サリカ法的な案になるでしょう。
 ちなみにセミ・サリカ法は非常にややこしく争いの種にしかなりません。やるべきではありません

 

 3. 眞子内親王殿下による「お気持ち」の発表
 結婚したいというのは非常によくわかりましたが、結婚に反対する人々への苛立ちもはっきりと感じられ、これはマズい…というのが当時の感想です。

 

 4. 秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下の会見収録とその後の「皇女」創設案
 一部報道では、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下が11月20日の収録時に結婚反対を明言しなかったために、政府は女性継承を諦めて(珍妙なる)案に走ったとの見方もあります。
 その場合、政府に主体性はないのか、という大問題もあります。
 2017年~2018年に、安倍政権は内親王と女王が結婚した後も称号を保持する案を宮内庁に提示し、宮内庁(の誰?)が内親王(当時の天皇(明仁)陛下の孫)のみにするべきと反論し、その後に眞子内親王の一件が問題となり、止まっていたという話もあります(詳細は知りません)。
 今回、「皇女」という単語が採用されたことで、対象は眞子内親王殿下と佳子内親王殿下、それに敬宮(愛子内親王)殿下と見るべきでしょう。「女王」から「皇女」は昇格になりますのでこれは宮内庁案が通ったと見ていいでしょう。政府の主体性は……。とはいえ政府が対象を適当に考えている可能性もあります。別に昇格させてもいいじゃないか、と。
 そして、眞子内親王殿下が対象からはずれることも確実に思えます。
 そうすると、なんのことはない、佳子内親王殿下と敬宮(愛子内親王)殿下の二人しか対象にならないのでは。
 しかも二人とも、残ってくれる可能性が保証されているわけではありません(本人が望まなかったり、結婚相手が……だったりで)。
 不安定限りない案です(誰も対象者が出ないかもしれません)。
 じゃあどうするんだと言われると困りますが。

 

 5. 議会開設百三十年記念式典
 天皇(徳仁)・皇后(雅子)両陛下と秋篠宮家の眞子内親王殿下が臨席しました。
 すでに政府は翌11月30日に「爆弾」が落ちるとわかっているはずですが、なぜ眞子内親王殿下の臨席を決定したのか。
 もう公務をしていただくのは難しくなってきたから有終の公務ということなのか。

 

 6. 秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下の会見の内容が報道される
 なぜ事前に誰も殿下に発言内容を助言しなかったのか……。あるいはしてもこうなってしまったのか……。
 世の中には「演出」というものが必要で、同じことを言っても表現次第で結果は変わるものです。

 


 

 以上のように、なぜこんなことになってしまったのか、と首を傾げる状況です。

 敬宮(愛子内親王)殿下は(短期的には)皇位の継承者とされる可能性はなくなり(本人がしたかったかどうかはともかく)、またどちらにせよ結婚相手に関しては相当な素行調査がおこなわれ、面倒なことになるでしょう。
 佳子内親王殿下もそうなるでしょうが、それよりも姉の運命のほうがこれまでよりもさらに気がかりになるのではないかと思います。
 また、秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下は、伝統的な皇太子になったとはいえ、評判を落とし、また頼りない印象を与えてしまったようにも思います。
 そして、(女性宮家断念=女系継承断念が本当だとすると)もはや政府の議論とは、旧11宮家の男系男子を復帰させるか、せずにこれ以上は(「皇女」創設案以外は)何もしないか、ということくらいしかやることがありません。そして、前者は皇室費の増大が必要なので当面はなんにせよ無理です。旧11宮家の男系男子の皆さんには、相当な年数をお待ちいただいた上で検討します、ということになるでしょう。

 ……と、これはあくまで当方の見解にすぎませんが、「皇女」創設案があまりに珍妙(繰り返しますが、誰が「皇女」の任命権者になるのですか?)に思えたので、政府内のアイディアは枯渇し、もうできることは何もないのではないのかと思ってしまっています。

 

関連:
 立皇嗣の礼(2020年11月8日):「立皇嗣宣明の儀」「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」「朝見の儀」がおこなわれる。秋篠宮皇嗣(文仁親王)・同妃(紀子)両殿下は今後は宮中祭祀で宮中三殿の殿舎にあがって拝礼する模様
 天皇(徳仁)陛下が新嘗祭に臨む(2020年11月)秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下も「神嘉殿」の殿舎に上がり拝礼との報道
 政府内で「皇女(こうじょ)」という呼称で国家公務員として公務をおこなってもらうという案があるとの報道(2020年11月)
 天皇(徳仁)・皇后(雅子)両陛下、秋篠宮家の眞子内親王殿下が、議会開設百三十年記念式典に臨席(2020年11月)
 55歳(2020年11月30日):秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下が55歳を迎える。11月20日収録の記者会見で眞子内親王殿下の結婚について言及
 秋篠宮皇嗣(文仁親王)殿下の11月30日報道の記者会見(11月20日収録)に残る疑問。殿下は皇室典範や関連法規の改正・変更の可能性をカケラも想像していないのではないか(2020年12月)
 眞子内親王殿下結婚問題:欧州人の困惑「すると日本のプリンセスは皇位継承権がなく、結婚すると称号を失う代わりに結婚は自由なんだね。じゃあ君たちは何を騒いでいるの?」に対する困惑(2020年12月)

 

オマーンの新スルタン【国王】ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下が、日本国 内閣総理大臣 安倍晋三 閣下と会見(2020年1月)

 2020年1月14日、オマーン国の新しいスルタン “サイイド”・ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下(His Majesty Sayyid Haitham bin Tariq Al Said)は、日本国 内閣総理大臣 安倍晋三 閣下(あべ しんぞう : His Excellency Mr Shinzō Abe)と会見しました。

 安倍総理は、崩御したカブース陛下への弔問や新スルタンのハイサム陛下との会談の他、オマーン国副首相(国際関係・協力担当副首相)兼スルタン特別代理【国王特別代理】“サイイド”・アスアド・ビン・ターリク・アル・サイード殿下(His Hihgness Sayyid Asaad bin Tariq Al Said)、オマーン国副首相(閣僚評議会担当副首相)“サイイド”・ファハド・ビン・マフムード・アル・サイード殿下(His Hihgness Sayyid Fahd bin Mahmoud al Said)とも会談した模様。
 故カブース陛下を長期に渡って支えてきた高齢のファハド殿下や、次期スルタンの筆頭株でありながら外されることになったアスアド殿下が今後も政権の中枢にあり続けるのか、あり続けるとして役割は同じなのか、という問題もあり、総じてオマーン国側の新体制がどうなるのか決まっていない状況です。

 

 (英語)HM The Sultan Receives Prime Minister of Japan
 (英語)Sayyid Asa'ad bin Tariq Receives Prime Minister of Japan

 カブース・オマーン前国王の崩御を受けた安倍総理大臣によるハイサム国王弔問 | 外務省
 安倍総理大臣とアスアド・オマーン国際関係・協力担当副首相兼国王特別代理との会談 | 外務省
 安倍総理大臣とファハド・オマーン閣僚評議会担当副首相との会談 | 外務省

 安倍首相 中東歴訪最後の訪問国 オマーンに到着 | NHKニュース

安倍総理大臣は弔問のあと、アスアド国王特別代理やファハド副首相と会談し、地域の緊張緩和のために、アラブ諸国とイランとの対話に向けた協力を呼びかけたい考えです。

 安倍首相 オマーン訪問 中東の緊張緩和 外交努力で一致 | NHKニュース

 

アスアド殿下との会談:
وكالة الأنباء العمانيةさんはTwitterを使っています: 「صاحب السمو السيد أسعد بن طارق آل سعيد نائب رئيس الوزراء لشؤون العلاقات والتعاون الدولي والممثل الخاص لجلالة السلطان يستقبل بقصر العلم العامر ظهر اليوم دولة شينزو آبي رئيس وزراء #اليابان الذي يزور السلطنة حاليًا. https://t.co/GUiSfEJoMV」 / Twitter

 

السيد أسعد بن طارق يستقبل رئيس وزراء… – وكالة الأنباء العمانية | Facebook

 

ファハド殿下との会談:
وكالة الأنباء العمانيةさんはTwitterを使っています: 「عقدت اليوم بمقر مجلس الوزراء في مسقط جلسة مباحثات بين #السلطنة و #اليابان.. وقد ترأس الجانب العماني صاحب السمو السيد فهد بن محمود آل سعيد نائب رئيس الوزراء لشؤون مجلس الوزراء والجانب الياباني دولة شينزو أبي رئيس وزراء اليابان/ https://t.co/xHELq1WMJE」 / Twitter

 

関連:
 訃報(2020年1月10日?):オマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)が崩御(1940~2020)
 各国君主・王族からの、崩御したオマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)への弔意の表明(2020年1月)

 

サウジアラビア王サルマン陛下ら同国王族多数が、日本国 内閣総理大臣 安倍晋三 閣下と会見(2020年1月)

 日本国内閣総理大臣安倍晋三閣下(あべ しんぞう : His Excellency Mr Shinzō Abe)は、サウジアラビア王国を訪問、サウジアラビア王国の二聖モスクの守護者国王サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウードサルマーン国王 : The Custodian of the Two Holy Mosques King Salman bin Abdul Aziz Al Saud of Saudi Arabia)をはじめとする王族多数と会見しました。

 

SPAGov(Saudi Press Agency):
خادم الحرمين الشريفين يستقبل دولة رئيس وزراء اليابان ويقيم مأدبة غداء تكريمًا له – YouTube

 

SPAGov(Saudi Press Agency):
خادم الحرمين الشريفين ورئيس الوزراء الياباني يعقدان جلسة مباحثات رسمية – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
安倍総理がサウジアラビアでサルマン国王と会談(20/01/13) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
安倍総理がサウジ皇太子と会談 外交努力を訴え(20/01/13) – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS):
総理とサウジ皇太子、中東安定へ「対話重視」で一致(20/01/13) – YouTube

 

 安倍総理は、リヤドのキング・ハーリド国際空港で、サウジアラビア王国リヤド州知事ファイサル・ビン・バンダル・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Faisal bin Bandar bin Abdulaziz Al Saud)の出迎えを受け会談しました。

 (英語)Japanese Prime Minister Arrives, in Riyadh The official Saudi Press Agency

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

 サルマン国王との会談では、(例によって)多数の王子が同席。
多数の王子:
 ハーリド・ビン・ファハド・ビン・ハーリド・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Khalid bin Fahd bin Khalid Al Saud) 、
 バンダル・ビン・アブドッラー・ビン・アブドルラフマン・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Bandar bin Abdullah bin Abdurrahman A Saud)、
 トルキー・アル・ファイサル・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(トゥルキー王子 : His Royal Highness Prince Turki Al-Faisal bin Abdulaziz Al Saud)、
 サウード・ビン・サアド・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Saud bin Saad bin Abdulaziz Al Saud)、
 サウード・ビン・ムサーイド・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Saud bin Musaed bin Abdulaziz)、
 ムトイブ・ビン・トゥナヤン・ビン・ムハンマド・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Miteb bin Thunayan bin Mohammad Al Saud)、
 ハーリド・ビン・サアド・ビン・ファハド・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Khalid bin Saad bin Fahd Al Saud)、
 ムハンマド・ビン・ミシャーリ・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Mohammad bin Mishari bin Abdulaziz Al Saud)、
 ムトイブ・ビン・アブドッラー・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Miteb bin Abdullah bin Abdulaziz Al Saud)、
 ファイサル・ビン・ムハンマド・ビン・サウード・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Dr. Faisal bin Mohammad bin Saud bin Abdulaziz Al Saud)、
 サッタム・ビン・サウード・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Sattam bin Saud bin Abdulaziz Al Saud)、
 ミシャーリ・ビン・サウード・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Mishari bin Saud bin Abdulaziz Al Saud)、
 アル=ワリード・ビン・タラール・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Al-Waleed bin Talal bin Abdulaziz Al Saud)、
 アブドルアジーズ・ビン・ファハド・ビン・サアド・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Abdulaziz bin Fahd bin Saad Al Saud)、
 トルキー・ビン・サウード・ビン・ムハンマド・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Dr. Turki bin Saud bin Mohammad Al Saud)、

 日・サウジアラビア首脳会談 | 外務省 | 令和2年1月12日
 安倍首相 サウジ国王と会談 中東情勢安定化に外交努力強調か | NHKニュース

 

 (英語)Custodian of the Two Holy Mosques Receives Prime Minister of Japan The official Saudi Press Agency
 (英語)Custodian of the Two Holy Mosques Receives Prime Minister of Japan 2 Riyadh The official Saudi Press Agency
 (英語)Custodian of the Two Holy Mosques, Prime Minister of Japan Hold Session of Official Talks The official Saudi Press Agency

 (英語)Saudi King holds talks with Japanese premier

 

SPAENGさんはTwitterを使っています: 「The Custodian of the Two Holy Mosques during the reception of the Japanese Prime Minister. #SPAGOV https://t.co/2wkqes72ie」 / Twitter

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

サウジアラビア王国外務大臣ファイサル・ビン・ファルハーン・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Faisal bin Farhan Al-Saud)と会見。

 ファイサル・サウジアラビア王国外務大臣による安倍総理大臣表敬 | 外務省 | 令和2年1月12日
 安倍首相 サウジ外相と会談 中東情勢の緊張緩和へ連携を表明 | NHKニュース

 (英語)Japanese Prime Minister Receives Foreign Minister The official Saudi Press Agency

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

 サウジアラビア王国エネルギー大臣アブドルアジーズ・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(His Royal Highness Prince Abdulaziz bin Salman bin Abdulaziz Al Saud)と会見。

 安倍首相 サウジのエネルギー相と会談 石油の安定供給で謝意 | NHKニュース
 アブドルアジーズ・サウジアラビア王国エネルギー大臣による安倍総理大臣表敬 | 外務省 | 令和2年1月12日

 (英語)Japanese Prime Minister Receives Minister of Energy The official Saudi Press Agency

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

 リヤドを離れるにあたり、再びリヤド州知事ファイサル・ビン・バンダル・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下と会見。

 (英語)Japanese Prime Minister Leaves Riyadh The official Saudi Press Agency

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

 サウジアラビア王国皇太子のムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下(第一副首相 : 国防大臣 : His Royal Highness Prince Mohammed bin Salman bin Abdulaziz Al Saud, Crown Prince, Vice President of the Council of Ministers and Minister of Defense)との会見。

 

 安倍総理大臣とムハンマド・サウジアラビア王国皇太子との会談 | 外務省
 (英語)HRH the Crown Prince meets Japanese Prime Minister, holds official talks The official Saudi Press Agency
 (英語)Japan appreciates efforts of His Royal Highness the Crown Prince to strengthen relations with Kingdom The official Saudi Press Agency

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

وكالة الأنباء السعودية ( واس )(@spanews) • Instagram写真と動画

 

 安倍総理大臣のマダイン・サーレハ視察 | 外務省

 1月13日,午前11時20分(現地時間)から約25分間,サウジアラビア王国を訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,サウジアラビア北部の世界遺産マダイン・サーレハを訪問しました。安倍総理は,バドル・ビン・アブドッラー・サウジアラビア王国文化大臣(H.H. Prince Badr bin Abdullah Al-Saud,Minister of Culture)の案内により,「カスル・アル・ビント(“女性の宮殿”の意)」と呼ばれる墳墓を視察しました。

 安倍総理は、バドル・ビン・アブドッラー・ビン・ムハンマド・ビン・ファルハーン・アル・サウード王子殿下(His Highness Prince Badr bin Abdullah bin Mohammed bin Farhan Al Saud)からは、ウラーへの出迎えも受けています。

دولة رئيس وزراء اليابان يزور مدائن صالح… – Saudi Press Agency وكالة الأنباء السعودية | Facebook

外務省さんはTwitterを使っています: 「安倍総理大臣のマダイン・サーレハ視察 1月13日,サウジアラビア王国を訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,サウジアラビア北部の世界遺産マダイン・サーレハを訪問しました。 https://t.co/8wI9FFphFz https://t.co/HbgUNruFRD」 / Twitter

 

首相官邸さんはTwitterを使っています: 「《総理の動き》1月13日(現地時間)サウジアラビア王国のウラーを訪問している安倍総理は、世界遺産マダイン・サーレハ遺跡を視察しました。(続く) https://t.co/MS5fUHqIrs」 / Twitter

 

外務省 – 安倍総理大臣のマダイン・サーレハ視察… | Facebook
https://ja-jp.facebook.com/Mofa.Japan/posts/3406442629427691

 

 令和2年1月12日 中東訪問 -1・2日目- | 令和2年 | 総理の一日 | ニュース | 首相官邸ホームページ

首相官邸さんはTwitterを使っています: 「【SNS更新】「中東情勢が緊迫する中、サウジアラビアのサルマン国王陛下、ムハンマド皇太子殿下と会談を行い、事態の更なる悪化を避けるため、すべての関係者が外交努力を尽くすべきとの認識で一致しました。」総理メッセージの続きは https://t.co/MAPEtSISQE https://t.co/WIQixiyjGo https://t.co/T8eMfVItTT」 / Twitter

 

首相官邸さんはTwitterを使っています: 「【Instagram更新】ストーリーズを公開しました。https://t.co/O8HHXYDSoI https://t.co/voo7W9qAkp」 / Twitter

 

首相官邸 – 中東情勢が緊迫する中、サウジアラビアのサルマン国王陛下、ムハンマド皇太子殿下と会談を行い、事態の更なる悪… | Facebook

 

首相官邸(@kantei) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

#安倍総理 からの#メッセージ ✍️ 中東情勢が緊迫する中、サウジアラビアのサルマン国王陛下、ムハンマド皇太子殿下と会談を行い、事態の更なる悪化を避けるため、すべての関係者が外交努力を尽くすべきとの認識で一致しました。日本関係船舶の安全を確保するため、自衛隊を派遣することについても、完全な理解と支持を頂きました。世界遺産があるウラーの地で、砂漠の上のテントで、伝統的な心温まるおもてなしに、心から感謝したいと思います。 . #saudiarabia #🇸🇦 #砂漠 の上の#テント で#首脳会談 #summitmeeting #⛺️ #ウラー #リヤド #中東 #abevisit この後は #UAE へ 🌍

A post shared by 首相官邸 (@kantei) on

 

首相官邸:
中東訪問ー令和2年1月13日 – YouTube

 

首相官邸 – サウジアラビア訪問 | Facebook