訃報(2018年9月8日):英国の一代貴族(クロスベンチ)/ヴィンセント・オブ・コウゼル男爵リチャード・ヴィンセント陸軍元帥閣下、卒去(1931~2018)

 2018年9月8日、英国の一代貴族(クロスベンチ)のヴィンセント・オブ・コウゼル男爵リチャード・ヴィンセント陸軍元帥閣下(Field Marshal Richard Vincent, Baron Vincent of Coleshill : The Right Honourable The Lord Vincent of Coleshill GBE KCB DSO : ヴィンセント・オブ・コウゼル卿)が卒去した模様。
 1931年8月23日生まれの87歳。

 

 1996年に一代貴族に叙され、2016年に貴族院【上院】を退任しています。

 

 (英国議会公式サイト:告知)Death of a Former Member: Lord Vincent of Coleshill – Hansard
 (英国議会公式サイト:議員情報)Lord Vincent of Coleshill – UK Parliament

 

結婚(2018年9月8日):英国の第12代モールバラ公爵の継嗣ブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチルが結婚

 2018年9月8日、英国の第12代モールバラ公爵ジェームズ・スペンサー=チャーチル閣下の継嗣、ブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチルGeorge Spencer-Churchill, Marquess of Blandford : ブランドフォード卿 : Lord Blandford)が、カミラ・ソープ嬢(Camilla Thorp)と結婚しました。

 

 (英語)Duke of Marlborough heir marries his childhood sweetheart | Daily Mail Online

 

新郎新婦と公爵以外の主な参列者:
※上記記事のキャプションが全然信用できないので、たぶん大丈夫だと思った方々だけ書いておきます(が、間違いがあるかもしれません)。

 レベッカ・フュー・ブラウンRebecca Few Brownベッキー・フュー・ブラウンBecky Few Brown)※元公爵夫人(公爵襲爵前に離婚)で、新郎の母

 公爵の異母弟のエドワード・スペンサー=チャーチル卿(Lord Edward Spencer-Churchill)、
 公爵の異母妹のアレクサンドラ・エリザベス・スペンサー=チャーチル令嬢(Lady Alexandra Elizabeth Spencer-Churchill)、

 アレクサンダー・スペンサー=チャーチル氏(Alexander Spencer-Churchill)※現公爵のはとこ?

 第4代ミルフォード・ヘイヴン侯爵ジョージ・マウントバッテン閣下(George Mountbatten, 4th Marquess of Milford Haven : The Most Honourable The Marquess of Milford Haven)と侯爵夫人クレア閣下(Clare Mountbatten : The Most Honourable The Marchioness of Milford Haven)

 一代貴族バンフォード男爵アンソニー・バンフォード閣下(Anthony Bamford, Baron Bamford)夫妻

 アンドルー・パーカー=ボウルズ氏(Andrew Parker-Bowles

 

訃報(2018年8月21日):英国の一代貴族(クロスベンチ)/マッカイ・オブ・ドルマドゥーン男爵ドナルド・マッカイ閣下、卒去(1946~2018)

 2018年8月21日、英国の一代貴族(クロスベンチ)のマッカイ・オブ・ドルマドゥーン男爵ドナルド・マッカイ閣下(Donald Mackay, Baron Mackay of Drumadoon : The Right Honourable The Lord Mackay of Drumadoon, PC, QC : マッカイ・オブ・ドルマドゥーン卿)が卒去した模様。
 1946年1月30日生まれの72歳。

 1995年に一代貴族のマッカイ・オブ・ドルマドゥーン男爵に叙爵。

 スコットランド法務総裁や、最高裁判所判事などを歴任した模様。

 

 (英語)Obituary: Donald Sage Mackay, Former Lord Advocate and judge of the Supreme Courts | HeraldScotland

 (英語)Peerage News: Baron Mackay of Drumadoon, PC, QC 1946-2018

 

英国王室のハリー王子【ウェールズ公家ヘンリー王子殿下】とメーガン・マークルの結婚式(2018年5月)

 英国王室のハリー王子(Prince Harry : ウェールズ公家ヘンリー王子殿下 : His Royal Highness Prince Henry of Wales)とメーガン・マークルMeghan Markle)の結婚式のライブ映像の配信が始まっています。

※その他、なにか見つけたら随時更新します。

 

ライブ映像(終了しました。現在、アーカイブされた2時間以上の動画を見ることができます)/
The Royal Family(英国王室公式チャンネル):
The Royal Wedding 2018: Prince Harry and Ms. Meghan Markle – YouTube

 

ライブ映像(終了しました。アーカイブもされていないようなので、下部に貼った各動画をご覧ください)/
The Royal Family Channel:
LIVE: Royal Wedding 2018 of Prince Harry and Meghan Markle – YouTube

 

The Royal Familyさんのツイート: "Today Prince Harry and Ms. Markle will be married at Windsor Castle surrounded by friends and family. Follow us @RoyalFamily @KensingtonRoyal @ClarenceHouse live all day.… https://t.co/Vf9bl93sGu"

 

続きを読む 英国王室のハリー王子【ウェールズ公家ヘンリー王子殿下】とメーガン・マークルの結婚式(2018年5月)

訃報(2018年5月12日):英国の一代貴族(労働党)/ジャウル女男爵テッサ・ジャウル閣下、卒去(1947~2018)

 2018年5月12日、英国の一代貴族(労働党)のジャウル女男爵テッサ・ジャウル閣下(Tessa Jowell, Baroness Jowell : The Right Honourable The Baroness Jowell DBE PC)が卒去した模様。
 1947年9月17日生まれの70歳。

 2015年に一代貴族のジャウル女男爵に叙されています。

 

 (英語)Dame Tessa Jowell dies aged 70 – BBC News
 (英語)Obituary: Tessa Jowell – BBC News

 

 報道からテリーザ・メイ首相閣下のコメントにいたるまで、ほとんど Dame Tessa「“デイム”・テッサ」で(2012年に大英帝国騎士団【大英帝国勲章】デイム・コマンダー【Dame Commander】に叙されている)、女男爵表記のほうが少ないですが、理由はわかりません。

 

 また、 BBC の Obituary のほうに「Baroness Jowell of Brixton」と記述されている部分がありますが(記事の終わりのほう)、

 The London Gazetteに、
 Page 21422 | Issue 61396, 2 November 2015 | London Gazette | The Gazette

, by the name, style and title of BARONESS JOWELL, of Brixton in the London Borough of Lambeth.

 のように(大文字部分)掲載されているように、BARONESS JOWELL(ジャウル女男爵)でよいです。

※一代貴族の爵位が「of ~【オブ・~】」になっていないケースのほうが少ないので、しばしば必要ないのに付けられているケースがあります。