英国王チャールズ3世陛下が国家顧問官(国務参事官)の追加を貴族院(上院)に要請(2022年11月)

 2022年11月14日、英国王チャールズ3世陛下(King Charles III : His Majesty The King)の国家顧問官(国務参事官 : Counsellor of State)の追加を求める要望が、貴族院(上院)で読み上げられたようです。
 速やかに、立法作業に移る模様。

 

 (文書ファイル:英語:英国議会 公式サイト)newbook.book | Counsellors of State Bill [HL]
 (英語)Princess Anne and Prince Edward to become stand-ins for King – BBC News

 

 1937年摂政法により、君主が一時的に権能を行使することが不可能な場合(短期の疾病や海外訪問など)に、勅令により国家顧問官より代行が指名されます。
 英連邦に関する事柄、君主の指示なき議会解散、貴族の叙爵、首相の任命はおこなえせん。
 なお、代行は、国家顧問官の中から二名以上の指名が必要です。

 国家顧問官は、君主の配偶者と、21歳以上の王位継承順位の上位者四名で構成されます。
 現在は、カミラ王妃陛下のほか、
 ウェールズ公ウィリアム皇太子殿下、
 サセックス公爵ヘンリー王子殿下【ハリー王子】、
 ヨーク公爵アンドルー王子殿下、
 エドアルド・マペッリ・モッツィ夫人ベアトリス王女殿下、
 となります。

 このうち、ヘンリー王子は英国に在住しておらず、アンドルー王子殿下は裁判が待っています。ベアトリス王女殿下も英国に在住しているのかどうかよくわかりませんが……。
 そして、海外訪問となれば、カミラ王妃が同行することが多いはずで、ウィリアム皇太子夫妻が同時期に海外訪問をおこなうと、適格者が英国に誰もいなくなる可能性があります。

 そのため、上位の五名に加えて、チャールズ3世陛下の妹のアン王女殿下と弟のエドワード王子殿下を加えるという立法の要請です。二人は継承順位が上位だった時期に国家顧問官に含まれていました。
 追加としているのは、アンドルー王子とヘンリー王子の公務復帰をゼロではないと考えている、あるいはそう考えているように見せたい、ということでしょう。

 先ほどいったように、代行は国家顧問官の中から二人以上を指名する必要があるため、国家顧問官二人の補充で大丈夫なのかという問題がありますが……。
 (そもそも、この制度、国家顧問官という、代行より前のワンクッションを置く必要性がよくわからないところでもあります)

英国王室 公式サイトの王室メンバー紹介ページで、ヘンリー王子【ハリー王子】夫妻とアンドルー王子殿下が、故エリザベス2世陛下の いとこ たちより下に表示(2022年10月)

 英国王室の公式サイトの王室メンバー紹介ページで、ヘンリー王子【ハリー王子】夫妻とアンドルー王子殿下が、故エリザベス2世陛下の いとこ たち(グロスター公爵リチャード王子殿下夫妻、ケント公爵エドワード王子殿下、アレクサンドラ王女殿下)より下に表示されていることが話題になっています。
※すでに公務に携わっていないマイケル王子殿下は表示されていません。

 リチャード王子らはすでに高齢で健康問題もあるため、今後の公務も極めて限定的でしょう。
 その下に表示されているヘンリー王子たちは「まだ消去するわけにもいかないので仕方なく一番下に表示している」ということでしょうか。

 なお、同ページは画面サイズによって表示が変わりますが、一番下であることは変わりません。

 (英語:英国王室 公式サイト)The Role of The Royal Family | The Royal Family
※2022年10月2日にキャプチャ:

参列者(英国王室【イギリス王室】関連):英国女王エリザベス2世陛下の国葬の参列者(2022年9月)

関連:
 国葬(2022年9月19日):英国女王エリザベス2世陛下の国葬

公式で発表された葬儀に参列した王室関係者:

  • 英国王チャールズ3世陛下(King Charles III : His Majesty The King)
    英国王妃カミラ陛下(Queen Camilla : Her Majesty The Queen Consort)

    • ウィリアム皇太子殿下(ウェールズ公 : Prince William : His Royal Highness The Prince of Wales)
      キャサリン皇太子妃殿下(ウェールズ公妃 : Catherine : Her Royal Highness The Princess of Wales)

      • ウェールズ公家ジョージ王子殿下(His Royal Highness Prince George of Wales)
      • ウェールズ公家シャーロット王女殿下(Her Royal Highness Princess Charlotte of Wales)
    • サセックス公爵ヘンリー王子殿下(Henryプリンス・ハリーPrince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)
      サセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Her Royal Highness The Duchess of Sussex)
  • ヨーク公爵アンドルー王子殿下(Prince Andrew : His Royal Highness The Duke of York)
    • ベアトリス王女殿下(エドアルド・マペッリ・モッツィ夫人 : Her Royal Highness Princess Beatrice, Mrs Edoardo Mapelli Mozzi)
      エドアルド・マペッリ・モッツィ氏【伯爵子】(Mr 【Count】 Edoardo Mapelli Mozzi
    • ユージェニー王女殿下(ジャック・ブルックスバンク夫人 : Her Royal Highness Princess Eugenie, Mrs Jack Brooksbank)
      ジャック・ブルックスバンク氏(Mr Jack Brooksbank
  • ウェセックス伯爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Earl of Wessex)
    ウェセックス伯爵夫人ソフィー妃殿下(Sophie : Her Royal Highness The Countess of Wessex)

    • ルイーズ・マウントバッテン=ウィンザー令嬢(Lady Louise Mountbatten-Windsor
    • セヴァーン子爵ジェームスJames, Viscount Severn)
  • プリンセス・ロイヤル殿下(アン王女 : Princess Anne : Her Royal Highness The Princess Royal)
  • “サー”・ティモシー・ローレンス海軍中将(Vice Admiral Sir Timothy Laurence KCVO CB ADC)
    • ピーター・フィリップス氏(Mr Peter Phillips
    • マイケル・ティンダル氏(Mr Michael Tindall
      ザラ・ティンダル(マイケル・ティンダル夫人: Zara : Mrs Michael Tindall)
  • 第2代スノードン伯爵デービッド・アームストロング=ジョーンズ閣下(David Armstrong-Jones, 2nd Earl of Snowdon : The Right Honourable The Earl of Snowdon)
    • リンリー子爵チャールズ・アームストロング=ジョーンズCharles Armstrong-Jones, Viscount Linley)
    • マーガリータ・アームストロング=ジョーンズ令嬢(Lady Margarita Armstrong-Jones
  • ダニエル・チャット氏(Mr Daniel Chatto
    サラ・チャット令夫人(The Lady Sarah Chatto

    • サミュエル・チャット氏(Mr Samuel Chatto
    • アーサー・チャット海軍少尉(Second Lieutenant Arthur Chatto RM)
  • グロスター公爵リチャード王子殿下(Prince Richard : His Royal Highness The Duke of Gloucester)
    グロスター公爵夫人バージット妃殿下(Birgitte : Her Royal Highness The Duchess of Gloucester)

    • アルスター伯爵アレクサンダー・ウィンザーAlexander Windsor, Earl of Ulster)
      アルスター伯爵夫人クレア・ウィンザーClaire Windsor, Countess of Ulster)

      • カローデン男爵ザン・ウィンザーXan Windsor, Lord Culloden)
      • コジマ・ウィンザー令嬢(The Lady Cosima Windsor
    • デヴィーナ・ルイス令夫人(The Lady Davina Lewis
      • セナ・ルイス嬢(Miss Senna Lewis
    • ジョージ・ギルマン氏(Mr George Gilman
      ローズ・ギルマン令夫人(The Lady Rose Gilman

      • ライラ・ギルマン嬢(Miss Lyla Gilman
  • ケント公爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Duke of Kent)
    • セント・アンドルーズ伯爵ジョージ・ウィンザーGeorge Windsor, Earl of St Andrews)
      セント・アンドルーズ伯爵夫人シルヴァナ・ウィンザーSylvana Windsor, Countess of St Andrews)

      • ダウンパトリック男爵エドワード・ウィンザーEdward Windsor, Lord Downpatrick)
      • マリナ=シャーロット・ウィンザー令嬢(The Lady Marina-Charlotte Windsor
      • アメリア・ウィンザー令嬢(The Lady Amelia Windsor
    • ニコラス・ウィンザー卿(The Lord Nicholas Windsor
      • アルバート・ウィンザー(Master Albert Windsor
      • レオポルド・ウィンザー(Master Leopold Windsor
    • ティモシー・テイラー氏(Mr Timothy Taylor
      ヘレン・テイラー令夫人(The Lady Helen Taylor

      • コロンバス・テイラー氏(Mr Columbus Taylor
      • キャシアス・テイラー氏(Mr Cassius Taylor
      • エロイーズ・テイラー嬢(Miss Eloise Taylor
      • エステラ・テイラー嬢(Miss Estella Taylor
  • ケント公爵家マイケル王子殿下(His Royal Highness Prince Michael of Kent)
    マリー・クリスティン妃殿下(Marie Christine : Her Royal Highness Princess Michael of Kent)

    • フレデリック・ウィンザー卿(Lord Frederick Windsor
      卿夫人ソフィーSophie : Lady Frederick Windsor)
    • トーマス・キングストン氏(Thomas Kingstonトム・キングストンTom Kingston
      ガブリエラ・キングストン夫人(The Lady Gabriella Kingstonガブリエラ・ウィンザー令嬢 : Lady Gabriella Windsor : エラ・ウィンザー : Ella Windsor
  • アレクサンドラ王女殿下(オギルヴィー令夫人閣下 : Her Royal Highness Princess Alexandra, The Honourable Lady Ogilvy)
    • ジェームズ・オギルヴィー氏(James Ogilvy
      ジュリア・オギルヴィー夫人(Julia Ogilvy

      • ティモシー・ヴェスターバーグ氏(Timothy Vesterberg)
        フローラ・ヴェスターバーグ夫人(Flora Vesterbergフローラ・オギルヴィ嬢 : Flora Ogilvy
      • アレクサンダー・オギルヴィー氏(Mr Alexander Ogilvy
    • マリナ・オギルヴィー嬢(Miss Marina Ogilvy
      • ゼノウスカ・マウアット嬢(Miss Zenouska Mowatt
      • クリスティアン・マウアット氏(Mr Christian Mowatt

上記以外の(公式発表に含まれなかった)王室関係者:

誕生(2021年6月4日):リリベット・ダイアナ・マウントバッテン=ウィンザー

 2021年6月4日、サセックス公爵ヘンリー王子殿下(Prince Henryハリー王子 : Prince Harry : His Royal Highness The Duke of Sussex)とサセックス公爵夫人メーガン妃殿下(Meghan : Her Royal Highness The Duchess of Sussex)の第二子・長女が誕生したようです。
 名は、リリベット・ダイアナ・マウントバッテン=ウィンザーLilibet Diana Mountbatten-Windsor)となり、両親からはリリーLily)と呼ばれる見込みとのことです。

 

 なお、様々なことが続いた結果、昔から王室のニュースをチェックしてきた人々(欧州や米国を含む)のかなりの部分が、このニュースにさしたる関心を持っていないような状況になっています。

葬儀(2021年4月17日):英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下の葬儀

 2021年4月17日、英国王室のエディンバラ公爵フィリップ王子殿下(His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh)の葬儀がおこなわれました。

続きを読む 葬儀(2021年4月17日):英国王室/エディンバラ公爵フィリップ王子殿下の葬儀