訃報(2019年11月11日):両シチリア王子アントワーヌ【アントニオ】殿下、薨去(1929~2019)スペイン王室からも称号を得ていた故ガブリエーレ殿下の長男

 2019年11月11日、両シチリア王子アントワーヌ【アントニオ】殿下(His Royal Highness Prince AntoineAntonio】 of Bourbon-Two Sicilies)が薨去した模様です。
 1929年1月20日生まれの90歳。

 

 (英語:両シチリア王室カストロ系統の騎士団の公式サイト)HRH PRINCE ANTOINE OF BOURBON TWO SICILIES' DEMISE – Sito Ufficiale del Sacro Militare Ordine Costantiniano di San Giorgio – Official Site of the Sacred Military Constantinian Order of St George
 (英語)Eurohistory: Death of Prince Antonio of Bourbon-Two Sicilies (1929-2019)

 

 亡父のガブリエーレ殿下は、スペイン帰化によりスペイン王室よりブルボン公子(Prince of Bourbon)及び殿下(Royal Highness)を得ており、長男のアントワーヌ殿下を含むガブリエーレ殿下の子供たちはこの称号と敬称も有効です。

 

 (旧)両シチリア王室は、権利を放棄したとされる年長系統のカラブリア系統(同系統の主張は、権利放棄はスペイン王位を継承した場合に起こるものとのこと)と、その次の年長系統であるカストロ系統の争いが続いていますが、カストロ系統の当主である両シチリア王室当主/カストロ公爵/ブルボン=両シチリア王子カルロ殿下(His Royal Highness Prince Charles【Carlo】 of Bourbon-Two Sicilies, Duke of Castro)は子息がおらず、自身の二人の娘に継承権を与える宣言をしています。なお、これは自身の子孫に関してのみであり、カストロ系統よりも傍系に関しては男系男子限定のルールは変更されていません
 この一件は年来の支持者からも反発を受けているようではあります(どの程度かはよくわかりませんが)。
 娘への継承権付与を無効と考える場合、故ガブリエーレ殿下の系統が権利を持つという考えが一般的で、今回薨去したアントワーヌ殿下は両シチリア王子継承順位第一位だったことになります。
 当人からは生前にコメントはなかったようですが、こういう問題はコロリと状況が変わることもあり、気になるところです。

 

婚約(2019年1月):ナポレオン公ジャン=クリストフ皇子殿下とアルコ=ツィネベルク伯爵女オリンピアが2019年1月に婚約していたとの情報

 ナポレオン公ジャン=クリストフ皇子殿下(Jean-Christophe : His Imperial Highness The Prince Napoléon)が、アルコ=ツィネベルク伯爵女オリンピア(Countess Olympia of Arco-Zinneberg : オリンピア・グレフィン・フォン・ウント・ツー・アルコ=ツィネベルクOlympia Gräfin von und zu Arco-Zinneberg)と2019年1月にスイスで婚約したという情報が出ています。

 

 (英語)Royal Musings: EXCLUSIVE: Royal engagement: Countess Olympiia to wed Jean Christophe

 

 ジャン=クリストフ殿下は、ナポレオン1世の弟ジェロームの子孫で、現在、フランス帝室当主及びフランス帝位継承者・ナポレオン公の地位について(亡祖父が父シャルル殿下の再婚に関しジャン=クリストフ殿下を後継指名したため)理屈上は争いになっています。
 母親はブルボン=両シチリア王女ベアトリーチェ殿下(Her Royal Highness Princess Béatrice of Bourbon-Two Sicilies)です。

 

 オリンピア伯爵女は、オーストリア、バイエルン、イタリアなどに関連する貴族の家柄で、母親はハプスブルク家出身(現当主カール大公殿下のいとこ)。

 

追記:
 ベルギー紙で記事が出ました。

 (フランス語)Jean-Christophe Napoléon et Olympia d’Arco-Zinneberg: grand mariage en vue! – La Libre

 ジャン=クリストフ殿下が、ベルギー王レオポルド2世陛下の子孫という中見出しです。

 

関連:
 ナポレオン公ジャン=クリストフ皇子殿下との婚約が報じられたアルコ=ツィネベルク伯爵女オリンピアの車から宝石(?)が盗まれたとの報道(2019年4月)フランス皇帝ナポレオン3世陛下の后ウジェニー陛下のティアラにも使用されたものらしく最低でも1億円以上とのこと

 

訃報(2018年11月20日):ブルボン=両シチリア王女カルメン殿下、薨去(1924~2018)

 2018年11月20日、ブルボン=両シチリア王女カルメン殿下(Her Royal Highness Princess Carmen of Bourbon-Two Sicilies)が薨去した模様です。
 1924年7月13日生まれの92歳。

 

 (英語:両シチリア王室カストロ系公式サイト)HRH PRINCESS CARMEN OF BOURBON TWO SICILIES' LOSS – Sito ufficiale della Real Casa di Borbone delle Due Sicilie

Real Casa di Borboneさんのツイート: "T.R.H. the Duke and the Duchess of Castro, H.R.H. Princess Beatrice and HRH Princess Anne are very sad to announce the passing away of H.R.H. Princess Carmen of Bourbon Two Sicilies. #realcasadiborbone #rip #restinpeace #goodbyeauntie #adieutante #greataunt #grandtante… https://t.co/aJlruhbAmY"

 

 カストロ系の両シチリア王室当主/カストロ公爵/ブルボン=両シチリア王子カルロ殿下(His Royal Highness Prince Charles【Carlo】 of Bourbon-Two Sicilies, Duke of Castro)、ブルボン=両シチリア王女ベアトリーチェ殿下(Her Royal Highness Princess Béatrice of Bourbon-Two Sicilies)、ブルボン=両シチリア王女アンナ殿下(Her Royal Highness Princess Anna of Bourbon-Two Sicilies)ら きょうだい の伯母。

 

ブルボン=両シチリア王女ベアトリーチェ殿下が、シチリアのサンタ・マリーア・ディ・リコディーアを訪問(2018年9月)

 ブルボン=両シチリア王女ベアトリーチェ殿下(Her Royal Highness Princess Béatrice of Bourbon-Two Sicilies)が、シチリア島のサンタ・マリーア・ディ・リコディーアを訪問したようです。

 同コムーネの長(規模からすると村長みたいなものでしょうか)らと会談。
 記念に、1840年に当時パテルノーに属していたサンタ・マリーア・ディ・リコディーアを独立したコムーネにするとした勅令のコピー(というか活字にして印刷したもの)に署名した模様。
 殿下の高祖父(祖父の祖父)である両シチリア王フェルディナンド2世陛下(Ferdinand II【Ferdinando II】 : His Majesty The King of the Two Sicilies)の統治時代です。

 

YviiTv:
Una principessa a S. M. di Licodia – YouTube

 

 (イタリア語)Una principessa a Santa Maria di Licodia | YVII 24

 

ANSA.it(イタリア語)に、ブルボン=両シチリア王女ベアトリーチェ殿下がフィクッツァを訪れたという短文記事。記事内写真の背景は、現在は博物館となったらしい王宮(2018年4月)

 ブルボン=両シチリア王女ベアトリーチェ殿下(Her Royal Highness Princess Béatrice of Bourbon-Two Sicilies)が、シチリア島のフィクッツァを訪問したことに関する記事です。

 

 (イタリア語)Beatrice di Borbone a Ficuzza – Sicilia – ANSA.it

 

 殿下は先祖の王宮があるこの場にずいぶんと思い入れがあるようで、観光地として繁栄させたい意向の模様(とはいえ、今、ブルボン=両シチリア家がなにかの権限を持っているのかどうかはわかりませんが)。

 それはそれとして、同行した cavalieri (騎士)として二名の名前があるのですが、これはカストロ系の騎士団のメンバーのことなんでしょうか。