訃報(2018年9月2日):マヌエラ・フライフラウ・フォン・ペルファル・デ・ザイフ・ナセリ、卒去(1952~2018)バイエルンのグライフェンベルク城の所有者一族

 2018年9月2日、ドイツ連邦共和国バイエルン州のグライフェンベルクで、グライフェンベルク城を所有してきたペルファル家の一員のマヌエラ・フライフラウ・フォン・ペルファル・デ・ザイフ・ナセリManuela Freifrau von Perfall de Seif Nasseri)が卒去した模様です。
 1952年7月25日生まれの66歳。
 犬が好きで、著書もあったようです(Amazon.co.jp 「Manuela von Perfall」の検索結果)。

 名前ですが、長めの表記だと上記のようになっていますが、下記記事などでは短く「マヌエラ・フライフラウ・フォン・ペルファルManuela Freifrau von Perfall)」となっています。
 ザイフ・ナセリはすでになくなっている夫の姓のようなので、結婚時にこのようにしたのではないかと思います。

 ペルファル家はバイエルンの古い貴族の家柄で、同地を入手してから長期間統治していました。
 兄二人とその子孫が存命とのことで、グライフェンベルク城自体は兄が所有しているのではないかと思います。

 

 (ドイツ語)Manuela Freifrau von Perfall aus Greifenberg gestorben | Landsberg

 

訃報(2018年9月6日):フランツ・ゲオルク・デッペル・フォン・ヒルシュベルク氏が自邸で死亡しているのが見つかる(?~2018)

 2018年9月6日夕方、フランツ・ゲオルク・デッペル・フォン・ヒルシュベルク氏(Franz Georg Döpper von Hirschberg)が、ドイツ連邦共和国のウンターヴィルデナウにある自邸で亡くなっているのが発見されたそうです。54歳。
 捜査がおこなわれているようですが、最近体調がすぐれていなかったとも報道されています。
 同所でおこなわれる予定だった祭典は延期になった模様。

 同邸宅の所有者である母の、マリア・ドロレス・カタリナ・フライフラウ・デッペル・フォン・ヒルシュベルクMaria Dolores Katharina Freifrau Döpper von Hirschberg)は病院に運ばれているとのことですが……。
 (1928年8月14日生まれの90歳)。

 

 (ドイツ語)Schlossherr Franz Georg Döpper von Hirschberg tot | Oberpfalz TV
 (ドイツ語)Der "Baron" ist tot | Onetz

 

Onetz – Seit einiger Zeit war der "Baron" gesundheitlich… | Facebook

 

 この邸宅ですが、母方のヒルシュベルク家、「フライヘル(Freiherr)」の称号を持っているところが受け継いできたものではないかと思います。
 父の故テオドル・デッペル氏(Theodor Döpper)の家系についてはわかりませんが、貴族であるという情報はありません。

 今回亡くなったフランツ・ゲオルク・デッペル・フォン・ヒルシュベルク氏は、記事からは「Baron」というあだ名(?)で呼ばれていたようですが、父方が貴族でない以上、伝統的には彼も貴族とは分類されず、いわゆる「非貴族の貴族風名前所持者」ではないかと思われます(まだデッペルの系統が不明なのではっきりとはいえませんが)。
 また、フォン・ヒルシュベルク(またはデッペル・フォン・ヒルシュベルク)という名については、母方の名前を使用することは現在のドイツの法律では問題のないことなので、なにかを詐称しているというわけではありません。

 

訃報(2018年8月24日)アレクサンダー・フライヘル・フォン・エルヴェルヘルト、卒去(1929~2018)

 2018年8月24日、アレクサンダー・フライヘル・フォン・エルヴェルヘルトAlexander Freiherr von Elverfeldt)が卒去した模様です。
 1929年3月19日生まれの89歳。

 森林保護活動などの功績により、ドイツ連邦共和国功労勲章を受けているようです。

 

 (ドイツ語)Baron Elverveldt ist im Alter von 89 Jahren verstorben | wp.de | Altkreis Brilon

 

結婚式(2018年8月11日):ニコラス・フライヘル・トイフェル・フォン・ビルケンゼー(再婚?)とミヒャエラ・シュティンゲル。ニコラスは水城のターテンハウゼン城を所有している系統の継嗣

 2018年8月11日、ニコラス・フライヘル・トイフェル・フォン・ビルケンゼーNicolas Freiherr Teuffel von Birkensee)とミヒャエラ・シュティンゲルMichaela Stingel)の結婚式がおこなわれたと報道されています。
※いわゆる入籍はすでにしてあるのかもしれません。

 ニコラスは、ドイツのバイエルンやバーデンの貴族の家であるトイフェル・フォン・ビルケンゼー家の、水城のターテンハウゼン城を所有している系統の継嗣です。
 再婚かもしれません。
 1979年6月17日生まれの39歳。

 ミヒャエラは35歳のようです。

 

 (ドイツ語)Der Bund fürs Leben: Schlosserbe von Tatenhausen hat geheiratet | Haller Kreisblatt – Halle

 

結婚予定(2018年9月8日):トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリア・アメリー殿下とヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘル。共通先祖はアウエルスペルク公ヴィルヘルム殿下の模様

 2018年9月8日、イタリアで、トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯女マリア・アメリー殿下(Her Illustrious Highness Countess Maria Amelie of Trauttmansdorff-Weinsberg : マリア・アメリー・グレフィン・フォン・ウント・ツー・トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルクMaria Amelie Gräfin von und zu Trauttmansdorff-Weinsberg)とヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘルJoseph Freiherr von Kap-herr)が結婚予定のようです。

 マリア・アメリー伯女殿下は1993年4月20日生まれの24歳。
 トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク家は、神聖ローマ帝国領邦国家君主の家柄で、メディアタイズド・ハウスに分類されるほか、ウラデル、ベーメン貴族のチェコ貴族、オーストリア貴族といった扱いになるようです。

 ヨーゼフ・フライヘル・フォン・カプ=ヘルは1990年生まれのようです。
 ヘッセン=ダルムシュタットにてフライヘル【ドイツでの男爵格】の称号を得た家柄。

 二人の共通の先祖が、神聖ローマ帝国領邦国家君主諸家およびオーストリアに併合されオーストリア貴族となったアウエルスペルク家のヴィルヘルム殿下(1749~1822)のようです。

 

 We're getting married! Joseph and Amelie