ナミビア伝統的君主:ナミビア政府が、ヘレロ人の大首長ヴェクイイ・ルコロの称号を“格下げ”。大首長(元・法務長官?)は「憲法違反」「ドイツ外務省と大使が関わっている」と非難(2018年8月)ドイツ大使館は関与を否定

 (英語)Rukoro fights village chief status – The Namibian

The Namibianさんのツイート: "Paramount chief Vekuii Rukoro vowed to sue the government if it does not change its intentions to confer him the status of just being the chief of the traditional community of Aminuis. https://t.co/gyt7ngBO2c… https://t.co/e6vgbzBRvF"

The Namibian – Paramount chief Vekuii Rukoro yesterday… | Facebook

 

 ナミビア共和国政府が、同国の伝統的君主のひとり、ヘレロ人の大首長ヴェクイイ・ルコロVekuii Rukoro)の称号を“格下げ”したそうです。

 記事によりますと、“ombara otjitambi”という称号を2016年に承認されているようです。
 ヘレロ人は、ナミビアの構成民族で唯一複数の伝統的君主が存在します(これがドイツの植民地政策の結果かどうかはわかりませんが)。
 “ombara otjitambi”という称号を保有することは、おそらくですが、ヘレロ全体の大首長に近い意味合いなのではないかと思いますが、一方で、他の伝統的君主はその下で指揮を受けるわけではないと思われるので、管轄区域があるのではないかと思います。

 そして、政府、というか現在のナミビア共和国大統領ハーゲ・ガインゴブ博士閣下(His Excellency Dr. Hage G. Geingob)は、今回、ルコロの称号をアミヌイスの首長(Aminuis)としたようです。
 記事によればアミヌイスはすごい田舎のようですが、そもそもここを管轄しているのは、ムバンデル大首長なのではという疑問が。

 ルコロの前任者、クアイマ・リルアコは2014年6月2日に薨去していますが、現在の大統領とリルアコ、ルコロの関係があまり良くなかった/良くないのではないかとも思われます。

 また、ルコロはドイツ外務省と大使を非難(ドイツ大使館は関与を否定)、抗議に対して政府関係者が電話に出ず、WhatsAppでも返事をよこさない、としています(WhatsAppで大首長と閣僚が連絡を取るのがナミビアの現状のようです)。

 ともあれ、政府側が撤回しない場合、訴訟がおこなわれるでしょう。
 ルコロがなぜドイツの関与をほのめかしたのかよくわかりませんが、裁判になれば明らかになるかもしれないし、ならないかもしれません。

 

英国のウェールズ公チャールズ皇太子殿下を次の英連邦元首とすると英連邦行政府長会議【英連邦首脳会議:CHOGM 】で53ヶ国が合意した模様(2018年4月)

 英連邦行政府長会議(CHOGM : 英連邦首脳会議)の声明が発表されました。
 現在の元首である英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)の次の元首を、ウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)とする条文が含まれています。

 

 (英語:公式サイト)Commonwealth Heads of Government Meeting 2018 – Leaders' Statement | The Commonwealth

We recognise the role of The Queen in championing the Commonwealth and its peoples. The next Head of the Commonwealth shall​ be His Royal Highness Prince Charles, The Prince of Wales.

 (英語)Prince Charles to be next Commonwealth head – BBC News

 (英語)BREAKING: Prince Charles will become the next Head of the Commonwealth – Royal Central

 

 英連邦の元首は世襲ではないため、エリザベス2世陛下の次の元首をチャールズ皇太子殿下とするルールはありませんでしたが、この度、後継となることが決まりました。

英連邦行政府長会議【英連邦首脳会議:CHOGM 】の開会式。元首のエリザベス2世陛下がスピーチ、英国王室から多数臨席(2018年4月)

 英連邦行政府長会議(CHOGM : 英連邦首脳会議)の開会式がおこなわれ、英国王室王族らの臨席があり、英連邦元首の英国女王エリザベス2世陛下(Elizabeth II : Her Majesty The Queen)がスピーチを行いました。

 

The Royal Family Channel:
Royal Family arrives at the Official opening of Commonwealth Meeting at Buckingham Palace – YouTube

The Royal Family Channel:
The Queen declares Commonwealth Heads of Government Meeting open at Buckingham Palace – YouTube

The Royal Family Channel:
Royal Family departs opening of Commonwealth Heads of Government Meeting at Buckingham Palace – YouTube

 

The Royal Familyさんのツイート: "The Queen has given a speech at the Opening of the Commonwealth Heads of Government meeting at Buckingham Palace.… "

 

 (英語)Queen and Prince Charles welcome heads of the Commonwealth to Buckingham Palace | Daily Mail Online

 

 エリザベス2世陛下のほかに臨席したのは、
 ウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)、
 コーンウォール公爵夫人カミラ妃殿下(Camilla : Her Royal Highness The Duchess of Cornwall)、
 ケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下(Prince William : His Royal Highness The Duke of Cambridge)、
 ハリー王子(Prince Harry : ウェールズ公家ヘンリー王子殿下 : His Royal Highness Prince Henry of Wales)、
 ヨーク公爵アンドルー王子殿下(Prince Andrew : His Royal Highness The Duke of York)、
 プリンセス・ロイヤル殿下(Her Royal Highness The Princess Royal : アン王女 : Princess Anne)、
 ウェセックス伯爵夫人ソフィー妃殿下(Sophie : Her Royal Highness The Countess of Wessex)、
 ケント公爵エドワード王子殿下(Prince Edward : His Royal Highness The Duke of Kent)、
 ケント公爵家マイケル王子殿下(His Royal Highness Prince Michael of Kent)とマリー・クリスティン妃殿下(Marie Christine : Her Royal Highness Princess Michael of Kent)、
 アレクサンドラ王女殿下(オギルヴィー令夫人閣下 : Her Royal Highness Princess Alexandra, The Honourable Lady Ogilvy)、
 です。

 

 なお、英連邦事務総長は、一代貴族スコットランド・オブ・アストホール女男爵パトリシア・スコットランド閣下(Patricia Scotland : Her Excellency The Right Honourable The Baroness Scotland of Asthal QC PC)です。

 

訃報(2014年6月2日):ナミビア伝統的君主/ヘレロ大首長クアイマ・リルアコ、薨去(1935~2014)

 2014年6月2日、ナミビア共和国のヘレロ人(ヘレロ族)の大首長クアイマ・リルアコKuaima Riruako)が薨去しました。1935年4月24日生まれの79歳。

 ナミビア共和国の政治に関与し、薨去直前にはナミビア共和国大統領ヒフィケプニェ・ポハンバ閣下(His Excellency Mr Hifikepunye Pohamba)が見舞いに訪れていたということです。

 

記事:
 (英語)The Namibian – Great loss (News | )
 (アフリカーンス語)Chief Riruako sterf | Republikein.com.na