訃報(2019年12月9日):英国のスコットランド貴族/第24代サザーランド女伯爵エリザベス・サザーランド閣下が薨去(1921~2019)サザーランド氏族長

 2019年12月9日、英国のスコットランド貴族/第24代サザーランド女伯爵エリザベス・ミリセント・サザーランド閣下(The Right Honourable The Countess of Sutherland : Elizabeth Millicent Sutherland, 24th Countess of Sutherland)が薨去したようです。
 1921年3月30日生まれの89歳。
 サザーランド氏族長でもありました。

 

 (英語)Countess of Sutherland, Elizabeth Millicent Sutherland dies

 

 薨去に伴い、儀礼称号としてストラスネイヴァー卿(Lord Strathnaver)、スコットランド貴族の伝統としてサザーランド総領(Master of Sutherland)などで称されていた長男で継嗣のアリステア・サザーランドAlistair Sutherland)が爵位を継承、その長男のアレクサンダー・サザーランドAlexander Sutherland)が上記の儀礼称号などで称されることになります。

 

天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に、スウェーデン王夫妻、スペイン王夫妻、ベルギー王夫妻、ルクセンブルク大公、デンマーク皇太子夫妻、が参列との報道(2019年9月)

 スペインの「Monarquía Confidencial」によりますと、2019年10月22日におこなわれる天皇陛下(徳仁なるひと : Emperor Naruhito : His Majesty【His Imperial Majesty】 The Emperor)の「即位礼正殿の儀」に、
 スウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)及びスウェーデン王妃シルヴィア陛下(シルビア王妃 : Queen Silvia of Sweden : Her Majesty The Queen)、
 スペイン王フェリペ6世陛下(King Felipe VI : His Majesty The King of Spain)とスペイン王妃レティシア陛下(Queen Letizia : Her Majesty The Queen of Spain)、
 ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)とベルギー王妃マティルド陛下(Queen Mathilde of Belgium : Her Majesty The Queen of the Belgians)、
 ルクセンブルク大公アンリ殿下(Henri : His Royal Highness The Grand Duke of Luxembourg)、
 デンマーク皇太子フレデリック殿下(フレデリク皇太子 : モンペザ伯爵 : Frederik : His Royal Highness The Crown Prince of Denmark, Count of Monpezat)とデンマーク皇太子妃メアリー殿下(モンペザ伯爵夫人 : Mary : Her Royal Highness The Crown Princess of Denmark, Countess of Monpezat)、
 が参列の予定だそうです。

 

 (スペイン語)Felipe VI estará con el Príncipe de Gales, los reyes de Bélgica y el Duque de Luxemburgo en Japón

 

 なお、上記記事にはありませんが、いくつかの場で、
 ブータン王ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク陛下(Jigme Khesar Namgyal Wangchuck : His Majesty The King of Bhutan)及びブータン王妃ジェツン・ペマ陛下(Her Majesty Queen Jetsun Pema)、
 の参列の情報が出ています。

 

 「即位礼正殿の儀」の王室関係者の参列については、すでに、
 英国王室のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales : (英国女王エリザベス2世陛下の名代))、
 オランダ王室のオランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)とオランダ王妃マクシマ陛下(Máxima : Her Majesty the Queen of the Netherlands)
 ノルウェー皇太子ホーコン殿下(Crown Prince Haakon of Norway : His Royal Highness The Crown Prince)
 が明らかになっていました。

 

関連:
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻が、天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に参列と発表(2019年8月)
 ノルウェー皇太子ホーコン殿下が、天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に参列と発表(2019年9月)

 

ノルウェー皇太子ホーコン殿下が、天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に参列と発表(2019年9月)

 2019年10月22日におこなわれる天皇陛下(徳仁なるひと : Emperor Naruhito : His Majesty【His Imperial Majesty】 The Emperor)の「即位礼正殿の儀」に、ノルウェー皇太子ホーコン殿下(Crown Prince Haakon of Norway : His Royal Highness The Crown Prince)が参列することが発表されています。

 

 (ノルウェー語:ノルウェー王室公式サイト)H.K.H. Kronprinsen besøker Japan 21. og 22. oktober 2019 – kongehuset.no

 

 ホーコン殿下は、前日(21日)に来日し、同日に日本・ノルウェーのビジネスリーダーたちとの夕食会が計画されているようです。

 

 「即位礼正殿の儀」の王室関係者の参列については、
 英国王室のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales : (英国女王エリザベス2世陛下の名代))、
 オランダ王室のオランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)とオランダ王妃マクシマ陛下(Máxima : Her Majesty the Queen of the Netherlands)
 が明らかになっています。

 

関連:
 オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻が、天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に参列と発表(2019年8月)
 天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に、スウェーデン王夫妻、スペイン王夫妻、ベルギー王夫妻、ルクセンブルク大公、デンマーク皇太子夫妻、が参列との報道(2019年9月)

 

オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下夫妻が、天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に参列と発表(2019年8月)

 2019年10月22日におこなわれる天皇陛下(徳仁なるひと : Emperor Naruhito : His Majesty【His Imperial Majesty】 The Emperor)の「即位礼正殿の儀」に、オランダ王ウィレム=アレクサンダー陛下(Willem-Alexander : His Majesty The King of the Netherlands)とオランダ王妃マクシマ陛下(Máxima : Her Majesty the Queen of the Netherlands)が参列することが発表されています。

 

 (オランダ語:オランダ王室公式サイト)Koning en Koningin naar Japan voor inhuldigingsceremonie Keizer Naruhito | Nieuwsbericht | Het Koninklijk Huis

 

 10月23日には、安倍総理夫妻主催の晩餐会に臨席予定。

 

 「即位礼正殿の儀」については、すでに英国王室のウェールズ公チャールズ皇太子殿下(Prince Charles : His Royal Highness The Prince of Wales)の参列も明らかになっています(英国女王エリザベス2世陛下の名代)。

 

関連:
 ノルウェー皇太子ホーコン殿下が、天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に参列と発表(2019年9月)
 天皇(徳仁)陛下の「即位礼正殿の儀」に、スウェーデン王夫妻、スペイン王夫妻、ベルギー王夫妻、ルクセンブルク大公、デンマーク皇太子夫妻、が参列との報道(2019年9月)

 

訃報(2019年8月29日):英国の第10代ロクスバラ公爵ガイ・イネス=カー閣下が薨去(1954~2019)

 2019年8月29日、英国のスコットランド貴族/第10代ロクスバラ公爵ガイ・イネス=カー閣下(Guy Innes-Ker, 10th Duke of Roxburghe : His Grace The Duke of Roxburghe)が薨去したようです。
 1954年11月18日生まれの64歳。
 2009年より食道癌との闘病が続いていました。

 薨去に伴い、ボウモント・セスフォード侯爵を称していた長男のチャールズ・イネス=カーCharles Innes-Ker, Marquess of Bowmont and Cessford)が第11代公爵となります。

 

 (英語)The Duke of Roxburghe, 18 Nov 1954 – 29 August 2019 – Floors Castle
 (英語)Issued on behalf of the Innes Ker family… – Floors Castle & Gardens | Facebook

Floors Castle & Gardensさん(@floorscastle) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Issued on behalf of the Innes Ker family and Roxburghe Estates, 29th August 2019 The family of the 10th Duke of Roxburghe are sad to announce that the Duke has today died following a lengthy battle with cancer. Guy Innes Ker died peacefully at his family’s ancestral home, Floors Castle, near Kelso, in the Scottish Borders. He is survived by Virginia, the Duchess of Roxburghe, five children and five grandchildren. The Duke’s eldest son, Charles, the Marquis of Bowmont, will succeed his father as the 11th Duke of Roxburghe. The family issued the following statement: “We are all deeply saddened that the Duke has lost his battle with an illness he fought with great courage and determination. He was a wonderful and loving husband to Virge and devoted father to Rosie, Charlie, Ted, Bella and George and it is a desperate loss to us all. His family meant so much to him and he was always there to offer love, guidance and support. He really was a Corinthian figure who was a great sportsman, a passionate fisherman who made a huge contribution to fisheries management on the river Tweed and a successful businessman who modernised and turned Roxburghe Estates into the successful business it is today. He took particular pride in seeing the work he and Virge had undertaken to establish Floors Castle and Gardens as one of the premier visitor attractions in Scotland. He derived enormous success and enjoyment from racing and the thoroughbred stud at Floors including breeding the first double Classic winner Attraction in the early 2000s. We know he will be missed by so many in different spheres in particular by those staff and farm tenants on the Roxburghe Estates. We are extremely grateful for the outstanding medical care the Duke received at the Brompton Hospital in London and at home by the Borders palliative care team led by Dr Miller and supported by the Scottish Nursing Guild.” There will be a private family funeral and a memorial service to be announced in due course. All media inquiries should be directed to Ramsay Smith, Media House 0141 220 6040/07788414856. Email: ramsay@mediahouse.co.uk

A post shared by Floors Castle & Gardens (@floorscastle) on

 

 (英語)The 10th Duke of Roxburghe dies after cancer battle – BBC News

 (英語)Peerage News: The 10th Duke of Roxburghe 1954-2019

 (英語:閲覧できない場合があります)ROXBURGHE – Deaths Announcements – Telegraph Announcements