南アフリカ伝統的君主:モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下を選出した王室評議会に対し、将来的に女王になると大統領らから認められていた妹のマサラナボ王女殿下の弁護士が提訴の意向(2021年5月)

 南アフリカ共和国のロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)に、ロベドゥ王室評議会(Royal Council)がレクケラ・モジャジ王子殿下(His Royal Highness Prince Lekukela Modjadji)を選出した件、妹で雨の女王の後継として大統領・政府らにも認められていたマサラナボ王女殿下(Her Royal Highness Princess Masalanabo)の代理人の弁護士が王室評議会の決定を無効として提訴するそうです。

 伝統やらなんやらの話はともかくとしても、大統領や政府が認めたことを一方的に否定した王室評議会の決定は、「伝統的指導権と政府の間の枠組みに関する法律」に違反しているんじゃないかと思うので、王室評議会はあっさり負ける可能性もあると思います(ロベドゥ人の伝統がどうあれ、彼らは南アフリカ共和国のルールに従う義務があるというか、従わされます)。が、王室評議会のほうも弁護士がいるようなので、伝統以外のことで何か理論武装してくるのかもしれません。

 これでようやく争いが始まるわけですが、それはそれとしてほかにも注目することがあります。
 一つ目は、シリル・ラマポーザ大統領をはじめとする政府・政権・与党政治家らが直接動くのか、とりあえず訴訟を見守るのかということ。
 二つ目として、テボホ・モジャジ=ケカナ王女(Princess Dr Tebogo Modjadji-Kekana)と称している/呼ばれている人物は結局のところモジャジとは関係があるのかないのかという割と重要な問題が一つ。今、世に出ている雨の女王に関する情報のある程度は、この人やこの人の支持者から来ているのではと思われるフシがあるので、この人が信頼できない人物だとすると、王室評議会の主張以外の伝統や歴史(割と最近まで)に関する話はどこまで信頼できるのかという疑問がわきます。
 そのほか、ネット署名でマサラナボ女王支持を訴えていた人がいます。こちらはンコサザナ・クラリス・ドラミニ=ズマ共生・伝統担当大臣らに彼ら(か彼女らかわかりませんが)の要望を提出するという予定でしたが、せんだっての王室評議会の記者会見や、それに続く王女の代理人による提訴を受けて、予定を変えるかもしれません。

 

※なお、多忙のため、この話を最後まで追えるかわかりません。英語では普通に情報が出てくると思うので、ものすごく興味がある方は直接そちらはどうぞ。

 

 (英語)Modjadji queenship dispute heads to court

 

関連:
 (インデックス)(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事

南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子が選出された件について、テボホ・モジャジ=ケカナ王女が猛反論(2021年5月)「皆も大統領もマサラナボ王女が女王となると認めていた」「最後まで戦う」

 南アフリカ共和国のロベドゥ王室評議会が、ロベドゥ人の君主であるモジャジ(Modjadji)または雨の女王(Rain Queen)に、レクケラ・モジャジ王子(Prince Lekukela Modjadji)を選出した件、動揺がロベドゥ人のみならず、アフリカの君主の動静をうかがっている人々にも衝撃を与えています。

関連:
 南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人に衝撃。モジャジ(雨の女王)にマサラナボ王女ではなく、兄のレクケラ王子が選出(2021年5月)

 そんな中、南アフリカ共和国の放送局、 eNCA が、おそらく最有力の王族の一人テボホ・モジャジ=ケカナ王女(Princess Dr Tebogo Modjadji-Kekana)の意見を聞いたようです。
 同王女は、先代の故・女王マコボ・モジャジ6世Makobo Modjadji VI)の姉妹あるいは いとこ で、近い立場にあったようです。

 インタビューに対し、かなり興奮していますが、まとめてしまうと、そもそも女王が選ばれるのが文化的に当然で、王子ではなく妹のマサラナボ・モジャジ王女(Princess Masalanabo Modjadji)が次の女王となると皆も大統領も思っていたのだから、王子を選出する必要はまったくないと考えているようです。
※大統領はズマ前大統領でしょうか。

 インタビュワーは、初代女王の前の時代には王がいたことと、2021年のこの時代に王がダメだという理由に関して質問していますが、要するにとにかく王ではダメだということしか答えていないような……。
 もちろん、このようなタイプの質問に理由を答えるのは非常に難しい話です。
追記:
 モジャジ(雨の女王)がどのように始まったかは、はっきりしていない部分があります。

 有力王族から異論が出たことで、この件はおそらく南アフリカ共和国で伝統的君主に関しての事項を扱う CTLDC が管轄して審査することになっていくことでしょう。
 また、 CTLDC と裁判所の判断が異なる場合も多々あるので、泥沼の展開も予想されます。

 それにしてもこれもまた両性の平等が君主政の伝統に影響を与えているケースなのか。
 違うような気もしますが……。

 

eNCA:
Modjadji Royal Houses | Family Divided over installation of king – YouTube

 

 (英語)Modjadji Royal House: Family divided over installation of king | eNCA

 

続報?(2021年5月13日 20:00頃確認):
 eNCA全体の記事ランキングで3位になっていました。

 

関連:
 (インデックス)(2021年)南アフリカ伝統的君主:ロベドゥ人の君主モジャジ(雨の女王)にレクケラ王子殿下が選出された件に関する記事

葬儀(2021年3月18日):南アフリカ伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下の葬儀がおこなわれる。南アフリカ大統領シリル・ラマポーザ閣下、モナコ公妃シャルレーヌ殿下らが参列

 2021年3月18日、3月12日に崩御した南アフリカ共和国の伝統的君主/ズールー王グッドウィル・ズウェリティニ陛下(His Majesty King Goodwill Zwelithini of Zulu)の葬儀がおこなわれています。

 ズールーの王族、南アフリカ共和国大統領マタメーラ・シリル・ラマポーザ閣下(Matamela Cyril Ramaphosa)ら同国の要人、ズールー王国の首相的立場にあるブテレジ氏族長マンゴスツ・ブテレジ王子(Prince Mangosuthu Buthelezi, Inkosi of the Buthelezi clan)らズールー王国関係者、モナコ公妃シャルレーヌ殿下(Her Serene Highness Princess Charlene of Monaco)らが参列しているようです。

 

 (英語)Princess Charlene says goodbye to Zulu King Goodwill Zwelithini

Princess Charlene of Monaco Foundation SAfricaさんはTwitterを使っています 「Joining the nation in mourning the loss of His Majesty King Goodwill Zwelithini as he is laid to rest today, Her Serene Highness Princess Charlene of Monaco flew in to attend the funeral. The Foundation wishes to convey our condolences to King Goodwill's family and friends. https://t.co/mfO7wbRpyC」 / Twitter

 

追記:
 (英語【スピーチ内容にズールー語を含む】:南アフリカ共和国大統領府 公式サイト)Eulogy by President Cyril Ramaphosa at the Special Official Memorial Service of Isilo Samabandla His Majesty King Goodwill Zwelithini KaBhekuzulu | The Presidency
 参列者が記載されているので追加しておきます。

Minister Dr Nkaosazana Dlamini Zuma

ンコサザナ・クラリス・ドラミニ=ズマ博士閣下(ズマ元大統領の元妻で、現在伝統的君主に関わる分野を担当する大臣)

Jacob Nxamalala Zuma

ジェイコブ・ズマ元大統領(Nxamalala は出身地みたいですが、名前のように使われる理由は不明)

Your Majesties Kings and Queens from all over the country, the continent and other parts of the world,
Especially Nkosi ya Makhosi Mbelwa from Malawi,

 国中・アフリカ大陸・世界のその他の地域からの王・王妃、特にマラウイ共和国の伝統的君主/ジェレ・ンゴニの大首長ムムベルワ5世陛下(His Royal Majesty Inkosi ya Makhosi M’mbelwa V)の名前が挙げられています。

Your Eminence Archbishop Thabo Makgoba

 キリスト教/アングリカン・コミュニオンの南部アフリカ聖公会ケープタウン大主教タボ・マゴバ座下(The Most Reverend【His Eminence】 Dr Thabo Makgoba, Archbishop of Cape Town, Primate of the Anglican Church of Southern Africa)

Chairperson of the National House of Traditional Leaders, Inkosi Mahlangu,
Chairperson of the Provincial House of Traditional Leaders, Inkosi Chiliza and Deputy Chairperson Inkosi Zulu,
President of Contralesa, Kgoshi Mokoena

 この辺りは伝統的君主絡みですが、称号のみに思えます。

 (英語)South Africa's Zulu king is buried amid praise, controversy – Delta Optimist
 (英語)S.Africa's Ramaphosa leads tributes to late Zulu king – France 24

 (英語)Memorial Funeral service of King Goodwill Zwelithini kaBhekuzulu of Zulu, South Africa – THE AFRICAN ROYAL FAMILIES

 

ライブ映像/
SABC News:
Memorial Service for AmaZulu King Goodwill Zwelithini kaBhekuzulu – YouTube

 

ライブ映像/
The Presidency of the Republic of South Africa(南アフリカ共和国大統領府 公式チャンネル):
President Ramaphosa delivers the eulogy at the Funeral of the late King Goodwill Zwelithini – YouTube

 

大統領がマンゴスツ・ブテレジ王子やクワズールー=ナタール州知事らの出迎えを受ける:
Presidency | South Africa 🇿🇦さんはTwitterを使っています 「President @CyrilRamaphosa arrives KwaKhethomthandayo Royal Palace for the Special Official Funeral of His Majesty King Goodwill Zwelithini KaBhekuzulu. The President is received by KZN Premier Sihle Zikalala and Prince Mangosuthu Buthelezi Prime Minister of the Zulu Kingdom. https://t.co/Ws4ZWbWPhF」 / Twitter

 

Presidency | South Africa 🇿🇦さんはTwitterを使っています 「[PHOTOS]: President @CyrilRamaphosa at the Special Official Funeral of the late His Majesty King Goodwill Zwelithini KaBhekuzulu. The President is accompanied by KwaZulu-Natal Premier Sihle Zikalala and Prince Mangosuthu Buthelezi Prime Minister of the Zulu Kingdom. https://t.co/mqt7XbpAFQ」 / Twitter

 

Presidency | South Africa 🇿🇦さんはTwitterを使っています 「[PROGRAMME]: Special Official Funeral Service for His Majesty King Goodwill Zwelithini KaBhekuzulu #RIPKingGoodwillZwelithini 🕊 https://t.co/hxi1lTuziI」 / Twitter

 

Presidency | South Africa 🇿🇦さんはTwitterを使っています 「[PROGRAMME]: Special Official Funeral Service for His Majesty King Goodwill Zwelithini KaBhekuzulu #RIPKingGoodwillZwelithini 🕊 https://t.co/Dt9VkfMx8m」 / Twitter

南アフリカ伝統的君主:憲法裁判所がCTLDCの判断を支持。政府はムポンド人の王をザノズコ陛下だと認める手続きを開始(2018年10月)

 南アフリカ共和国の憲法裁判所は、CTLDC(Commission on Traditional Leadership Disputes and Claims :
伝統的指導権に関する議論と主張を扱う委員会)による、ザノズコ・シカウ陛下(Kumkani Zanozuko Sigcau)をムポンド人(Mpond people : AmaMpondo : Pondo)の王と判断する決定を支持するとしたようです。

 

 (英語)Govt begins process of recognising AmaMpondo king | News24
 (英語)Government begins process of Recognising King of Amampondo – EIN News
 (英語)Kumkani Zanozuko Tyelovuyo Sigcau to be recognised as rightful King of the AmaMpondo

 

 政府はすでに承認手続きを開始した模様。

 同王位は、1937年のマンドロンケ王(King Mandlonke)の崩御以降、争いが続いており、(当時)南アフリカ共和国大統領ジェイコブ・ズマ閣下(His Excellency Jacob Zuma)が2010年いザノズコ陛下を王と認めた後も憲法裁判所から異論が出されたりしていました。
 “対立王”であったムポンドンビニ・シカウMpondombini Sigcau)の死後、その娘のウェジズウェ・シカウWezizwe Sigcau)が主張を引き継いでいた模様。最高裁判所で敗訴したのちに、憲法裁判所に上訴していたようですが、憲法裁判所はザノズコ陛下を王と認めました。

※なお、在位年代が不明ですが、ムポンドンビニ・シカウに関しては、歴代の王として扱われている場合もあり、ザノズコ陛下の前に単独の王位主張者であったのかもしれません。

 

関連:
 戴冠式(2018年10月3日):南アフリカ伝統的君主/ムポンド人のニャンデニ王マンガリソ・ンドロヴイェズウェ・ンダマセ陛下が戴冠