ナショナル・インタレスト(英語):リビアの“第二王政”を求める記事(2021年9月)

 ナショナル・インタレスト(The National Interest)というのはアメリカの雑誌ですが、ウェブ版も当然記事を掲載しています。

 

 肝心の記事です。

 (英語)Is It Time for the Second Kingdom of Libya? | The National Interest

 内容はそれなりに長いのですが、かいつまんでしまいますと。
 今年【2021年】12月におこなわれることになっている大統領選挙および議会選挙とその後については悲観的で、(勝った勢力以外の)リビア内外の勢力が結果に従う可能性は極めて低く、内戦に再突入し、アフガニスタンのように大混乱となると憂慮しています。
 そこで出てくる案が、リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下(His Royal Highness Prince Mohammed El Senussi, Crown Prince and Head of the Royal House of Libya)を推戴するリビア第二王政で、党派や派閥を超えた堅固で誠実な人物が国家元首になればリビアの統一と安定が成し遂げられるかもしれないということになります。

 

 対立する諸勢力が、国家元首を誰にするか以外では合意するという稀な状況になれば君主政復古もありえなくはないとは思いますが、上記のような大混乱が予想される地でそれが可能なのかといえば、うーん。

訃報(2021年1月21日):旧リビア皇太子妃のファウズィーヤ殿下が薨去(?~2021)リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下の母

 2021年1月21日、旧リビア皇太子妃のファウズィーヤ殿下(Her Royal Highness Princess Fawzia Al-Taher Bakir)が英国のロンドンで薨去したと、子息で現在のリビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下(His Royal Highness Prince Mohammed El Senussi, Crown Prince and Head of the Royal House of Libya)より発表がありました。

 ファウズィーヤ殿下は、イドリース1世より皇太子に指名されていたハッサン殿下の妻です。

 

 (アラビア語:リビア王室 公式サイト)نعي – Prince Mohammed El‑Senussi

弔意への礼の記事:
 (アラビア語:リビア王室 公式サイト)شكر علي تعازي – Prince Mohammed El‑Senussi

リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下が、リビア(王国)独立68周年のメッセージ(2019年12月)

 2019年12月24日付で、リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下(His Royal Highness Prince Mohammed El Senussi, Crown Prince and Head of the Royal House of Libya)が、リビア王国独立68周年のメッセージを公開しています。
 リビア王国の独立は1951年12月24日です。

 

 (アラビア語:ムハンマド・エル・サヌーシー王子公式サイト)24 ديسمبر 2019 – Prince Mohammed El‑Senussi

 

リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下が、立憲君主政復活を呼びかける声明(2018年4月)

 先週土曜日(2018年4月14日)にリビア王政復古を求めるカンファレンスがトリポリでおこなわれたらしいのですが、その翌日付けで、リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下(His Royal Highness Prince Mohammed El Senussi, Crown Prince and Head of the Royal House of Libya)が立憲君主政復帰を求める声明を出しています。

 

 (アラビア語版プレスリリースページ【この記事を書いている現在は一番上のもの】:ムハンマド・エル・サヌーシー王子公式サイト)
※プレスリリースページ自体がなくなりました:
(掲載時URL)https://mohammedelsenussi.org/2013-12-19-17-59-38

 

 なお、カンファレンス及びこの声明を伝える記事も出ており、

 (英語)Prince Mohamed El-Senussi calls for return to monarchy constitution; says he is willing to serve Libyan people |

 

 上記記事には殿下の写真が一枚掲載されているのですが、殿下自身がカンファレンスに出たのか出ていないのかいまいちはっきりしません(写真は過去に別のところで撮影したものをカンファレンス開催元が記事に提供しているだけかもしれません)。

リビア王政復古を求めるカンファレンスがトリポリでおこなわれた模様(2018年4月)

 リビアのトリポリで、王政復古を求めるカンファレンスがおこなわれた模様です。
 下記記事では、リビア王室からの出席者は記載されていません。

 

 (英語)Libya holds conference on monarchy return – Xinhua | English.news.cn

 

 リビア安定化のために、リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下(His Royal Highness Prince Mohammed El Senussi, Crown Prince and Head of the Royal House of Libya)による王政復古を求める考え方ですが、何年も前からまったく前進がない気もします。

 

続報:
 リビア王室当主/リビア皇太子ムハンマド・エル・サヌーシー王子殿下が、立憲君主政復活を呼びかける声明(2018年4月)