スウェーデン王カール16世グスタフ陛下が、クロアチア大統領グラバル=キタロヴィッチ閣下と会見(2017年3月)

 2017年3月21日、スウェーデン王カール16世グスタフ陛下(Carl XVI Gustaf of Sweden : His Majesty The King)は、クロアチア共和国大統領コリンダ・グラバル=キタロヴィッチ閣下(グラバル=キタロビッチ大統領 : Her Excellency Ms Kolinda Grabar-Kitarović)と会見したようです。

 

記事:
 (スウェーデン語:スウェーデン王室公式サイト)Kungen gav audiens för Kroatiens president – Sveriges Kungahus
 (英語:スウェーデン王室公式サイト)The King holds an audience with Croatia's President – Sveriges Kungahus

 

Kolinda GKさんのツイート: "Meeting HM King Carl XVI Gustaf @royalcourt_sw at the beginning of the official visit to the Kingdom of Sweden https://t.co/81Y4yff87y"

 

懐妊(2007年3月):ニコラス・ウィンザー卿夫人パオラ、懐妊

 ニコラス・ウィンザー卿(Lord Nicholas Windsor)の妻パオラ夫人(Paola : Lady Nicholas Windsor)が懐妊しているそうです。

 ニコラス・ウィンザー卿は、ケント公爵エドワード王子殿下(イギリス女王エリザベス2世陛下の従弟)の次男で、1917年の勅令が決定している王子の範囲に入らないため公爵の継嗣以外の子供の扱い、つまり「卿(Lord)」となっています。

 ニコラス・ウィンザー卿はカトリック教徒のため、イギリス王位継承順位には並んでおらず、生まれてくる子供もカトリックの洗礼を受ければ継承順位には並びません。