スペイン王フェリペ6世陛下が、ローマ教皇大使、日本国特命全権大使ら七大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2020年1月)

 スペイン王フェリペ6世陛下(King Felipe VI : His Majesty The King of Spain)は、ローマ教皇大使ベルナルディート・クレオパス・アウザ大司教(Archbishop Bernardito Cleopas Auza : スアキア名義大司教 : Titular Archbishop of Suacia)、日本国特命全権大使平松賢司閣下(ひらまつ けんじ : His Excellency Kenji Hiramatsu)ら、スペイン王国を駐箚する七人の大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

 

 (スペイン語:スペイン王室 公式ウェブサイト)Inicio – Actividades y Agenda – Presentación de Cartas Credenciales

 

ローマ教皇大使/
casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
S.M. el Rey recibe las cartas credenciales del nuevo nuncio apostólico en España de la Santa Sede – YouTube

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「El Rey recibe las Cartas Credenciales del nuevo Embajador de la Santa Sede, Monseñor Bernardito Cleopas Auza. https://t.co/4qQPmqfQAB https://t.co/vmUDsDtnIt」 / Twitter

 

日本国大使/
casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
S.M. el Rey recibe las cartas credenciales del nuevo embajador de Japón en España, Kenji Hiramatsu – YouTube

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「Presentación al Rey de las cartas credenciales por parte del nuevo Embajador de Japón, Kenji Hiramatsu. https://t.co/4qQPmqfQAB https://t.co/PYA6xtnyHH」 / Twitter

 

ボスニア・ヘルツェゴビナ大使/
casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
Entrega de cartas credenciales a S.M. el Rey de la embajadora de Bosnia y Herzegovina en España – YouTube

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「La nueva Embajadora de Bosnia y Herzegovina, Danka Savić, entrega las cartas credenciales al Rey. https://t.co/4qQPmqfQAB https://t.co/PbfF63Edh3」 / Twitter

 

ギリシャ大使/
casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
Entrega a S.M. el Rey de las cartas credenciales del nuevo embajador de Grecia en España – YouTube

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「El nuevo Embajador la República Helénica, Ioannis Tzovas Mourouzis, presenta sus cartas credenciales al Rey. https://t.co/4qQPmqfQAB https://t.co/PctzODFkIe」 / Twitter

 

マレーシア大使/
casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
S.M. el Rey recibe las cartas credenciales del nuevo embajador de Malasia, Akmal Bin Che Musta – YouTube

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「El Rey recibe las cartas credenciales del nuevo Embajador de Malasia, Akmal Bin Che Mustafa. https://t.co/4qQPmqfQAB https://t.co/qcUEA0bMk0」 / Twitter

 

モーリタニア大使/
casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
El nuevo embajador de Mauritania en España, Kane Boubakar, entrega a S.M. el Rey cartas credenciales – YouTube

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「El nuevo Embajador de la República Islámica de Mauritania, Kane Boubakar, entrega al Rey sus cartas credenciales. https://t.co/4qQPmqfQAB https://t.co/W8OY46SK74」 / Twitter

 

アンドラ大使/
casarealtv(スペイン王室 公式チャンネル):
El nuevo embajador en España del Principado de Andorra presenta a S.M. el Rey cartas credenciales – YouTube

Casa de S.M. el ReyさんはTwitterを使っています: 「Entrega al Rey de las cartas credenciales por parte del nuevo Embajador del Principado de Andorra, Vicenç Mateu Zamora. https://t.co/4qQPmqfQAB https://t.co/pNPAacbPct」 / Twitter

 

イタリア王室(アオスタ系統)継嗣/プッリャ公爵【称:アオスタ公爵】アイモーネ公子殿下【ロシア在住】の記事(2020年1月)「イタリアが王政復古するとは思わない」

 イタリア王室(アオスタ系統)の継嗣/プッリャ公爵アイモーネ公子殿下(His Royal Highness Prince Aimone of Savoy-Aosta, Duke of Apulia : His Royal Highness The Duke of Aosta)の記事が出ています。

※本人たちは自分たちが正統と主張しているので、すでに父の称号であるアオスタ公爵を使用しています(ときどき忘れてるんじゃないかと思う時がありますが)。

 なお、殿下は、仕事でモスクワに在住しています。ロシアに住み、イタリア王位に興味はないとする記事が出たこともあります。

 イタリア王室(直系)が継承法を絶対長幼制へ改定したことを受けて、アオスタ系統や支持者は反論を発表しましたが、それはそれとして、アイモーネ殿下のコメントを載せた記事が出ました。

 内容というか根本的な立場がはっきりしないのですが、

  • もうどちらが正統かの論争には参加しない
  • イタリアで王政復古があるとは思わない(アオスタ系の支持者団体はガックリきそうですが……
  • イタリア共和国へ忠誠を誓うことを避ける理由はない
  • 二系統(直系とアオスタ系統)はそれぞれの道を進むだけ

 といったところが今回の主な主張だと思うのですが、一方で子供たちが先祖の伝統を受け継ぐことは望んでいるように受け取れます(先祖の伝統を受け継ごうとする限り、正統論争は避けられないのでは……)。

※末尾に追加しておきますが、イタリア王室(直系)継嗣のヴェネツィア公/ピエモンテ公/サヴォイア公子エマヌエーレ・フィリベルト殿下(His Royal Highness Prince Emanuele Filiberto of Savoy, Prince of Venice and Piedmont)がこの記事についてコメントしています。

 

 (イタリア語)Aimone di Savoia-Aosta: «Per ora non alimento la polemica». Intanto è guerra di carte tra i Savoia – Corriere.it

 

Corriere della SeraさんはTwitterを使っています: 「Aimone d’Aosta: «Per ora non alimento la polemica». Intanto è guerra di carte tra i Savoia https://t.co/63dUePuzCJ」 / Twitter

 

Aimone di Savoia — Juan Carlos il suo… – Corriere della Sera | Facebook

Aimone di Savoia — Juan Carlos il suo padrino di battesimo con re Costantino II di Grecia — è un uomo riservato. E preferisce tirarsene fuori, per ora, dall’ultimo scontro in Casa Savoia

Corriere della Seraさんの投稿 2020年1月17日金曜日

 

エマヌエーレ・フィリベルト殿下のコメント:
「アイモーネはいいやつだが、この部分はいただけない:『王政復古は起きないだろうし、イタリア共和国へ忠誠を誓うことを避ける理由はない』。彼は彼の選択をした、しかし私はいつでも腕を広げてすべての君主政イベント(この日曜日でローマでおこなうものを含む)で彼を歓迎するつもりだ」

Aimone è una persona per bene, ma mi… – Emanuele Filiberto | Facebook

Aimone è una persona per bene, ma mi rattrista leggere da parte sua : “ non credo che la Monarchia tornerà in Italia e…

Emanuele Filibertoさんの投稿 2020年1月17日金曜日

 

継嗣/

訃報(2020年1月8日):スペイン王女ピラール殿下が薨去(1936~2020)前スペイン王ファン・カルロス1世陛下の姉

 2020年1月8日、スペイン王女ピラール殿下(バダホス女公爵 : ラ・トーレ子爵未亡人 : Her Royal Highness Infanta Pilar of Spain, Duchess of Badajoz, Dowager Viscountess of La Torre)が薨去した模様。
 1936年7月30日生まれの83歳。

 結腸癌との闘病を続けており、直近では 三日前【1月5日】の入院 が報じられていました。

 

 (英語)Spanish royals: Infanta Pilar has died at age 83
 (スペイン語)Muere la Infanta Pilar de Borbón, hermana mayor de Don Juan Carlos, a los 83 años
 (スペイン語)Muere Pilar de Borbón, hermana del rey Juan Carlos, a los 83 años | Gente y Famosos | EL PAÍS
 (スペイン語)Muere la infanta Pilar, tía de Felipe VI

 (スペイン語:聖ゲオルギオス神聖コンスタンティヌス騎士団【カラブリア系統】公式ウェブサイト)Obituario: S.A.R. la Infanta Doña Pilar, Duquesa de Badajoz, Dama Gran Cruz de Justicia de la Orden Constantiniana – Orden Constantiniana – SACRA Y MILITAR ORDEN CONSTANTINIANA DE SAN JORGE

 

ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下が、祖母のルーマニア皇太后エレナ陛下の遺骸をスイスからルーマニアのクルテア・デ・アルジェシュ大聖堂に移すことを決定(2019年9月)

 ルーマニア王室当主/ルーマニア王位守護者マルガレータ陛下(Her Majesty Margareta, the Custodian of the Crown of Romania : ルーマニア皇太子マルガレータ殿下 : Her Royal Highness Crown Princess Margareta of Romania)は、祖母のルーマニア皇太后エレナ陛下(Her Majesty HelenElena】, Queen Mother of Romania)の遺骸をスイス連邦ローザンヌのボワ=ド=ヴォー墓地からルーマニア国内のクルテア・デ・アルジェシュ大聖堂に移すことを決定したようです。

 エレナ陛下はギリシャ王室出身で、ルーマニア王ミハイ1世陛下の母です。

 

 (ルーマニア語:ルーマニア王室公式ニュース配信サイト)Regina-Mamă Elena a României | Familia Regală a României / Royal Family of Romania

 (英語:ルーマニア正教会通信)Queen Helen's remains to be moved to Curtea de Arges Cathedral – Basilica.ro

 

エレナ陛下に関する映像/

Familia Regală Filme:
Regina-Mamă Elena a României – YouTube

Familia Regala a Romaniei – Regina-Mamă Elena a României | Facebook

Regina-Mamă Elena a României

Regina-Mamă Elena a RomânieiLa 3 mai 1896, a venit pe lume, la Palatul Tatoi, lângă Atena, Regina-Mamă Elena a României, mama Regelui Mihai I. Alteţa Sa Regală Principesa Elena a Greciei şi a Danemarcei a fost fiica Regelui Constantin I al elenilor şi a Reginei Sofia (născută Principesă Imperială a Prusiei). A fost sora Regilor George al II-lea, Alexandru şi Pavlos ai Greciei. S-a căsătorit la Atena, la 10 martie 1921, cu Principele Moştenitor Carol, de care a divorțat la 21 iunie 1928. În 1940 a devenit Regina-mamă a României. Regina Elena a luat calea exilului, împreună cu fiul său, în ziua de 3 ianuarie 1948. A murit în ziua de 28 noiembrie 1982, la Lausanne. Spre deosebire de Regele Mihai I, Regina Elena nu a putut revedea niciodată țara sa. Majestatea Sa Margareta a decis aducerea rămășițelor pământești ale bunicii sale la Curtea de Argeș, în Noua Catedrală Arhiepiscopală și Regală.Ilustrația muzicală a acestui video este lucrarea “Elegie”, compusă de Regele Mihai însuși la Castelul Foișor, în anii 1940. Interpretarea aparține maestrului Dan Grigore, Pianist al Casei Regale.

Familia Regala a Romanieiさんの投稿 2019年8月31日土曜日

 

追記:
 ルーマニア王室のチャンネルに転載された報道映像。

CasaRegalaaRomaniei(ルーマニア王室公式チャンネル):
Reînhumarea Reginei-Mamă Elena – YouTube

 

「イスラエル王政党」なる団体(規模不明)が結成された模様(2019年7月)王様は欧州かアジアかアフリカの王室または旧王室から来てもらう予定だそうです。ムチャな……

 2019年7月に「イスラエル王政党(Royalist Party of Israel)」なる団体が設立されたそうです。

 

 (英語版:イスラエル王政党公式サイト:ブラウザによってはロードエラーになりますRoyalist Party of Israel | Jerusalem

 

 下記、 Royal Central の記事によりますと、

 (英語)Monarchist party formed in Israel – Royal Central

 ギリシャのように(よそから王に来てもらったのに)結局王政を廃止するようなのにはなりたくないようです。
 そして、(彼らによるとですが)すでに、現在も統治をおこなっている王室および旧王室と連絡を取っているそうです(いったいどこと……!?)。
 欧州・アジア・アフリカ、特に王政廃止となった家や王座を盗まれた(?)家に注目をしているようですが……ユダヤ教改宗が必要な可能性が極めて高く、また実際に王政になる可能性は極めて低く、テロリストの標的になる可能性も高いような案件をあっさり引き受けるような御仁もなかなか見当たらないのでは……。

 

 また、この団体の Facebook アカウントらしいページも見つけたのですが、相互にリンクしておらず、また、名称も微妙に違うので、よくわかりません。

 (英語)The Israeli Royalist Party – ホーム | Facebook