オマーンのジーヤザン・ビン・ハイサム・アル・サイード殿下がサッカーのオマーン・カップに臨席(2020年11月)スルタン【国王】ハイサム陛下の長男で8月(?)に大臣に就任

 オマーン国の文化・スポーツ・青年大臣 “サイイド”・ジーヤザン・ビン・ハイサム・アル・サイード殿下(His Highness Sayyid Theyazin【Dhi Yazan】 bin Haitham al-Said)がサッカーのオマーン・カップ(ドファール vs アル・オルーバ)に臨席するという記事が出ています。

 これ自体はさほど大きな出来事ではないのですが(スポーツを担当する大臣がサッカーの試合を見るだけですので)、この殿下に関してと、現在のオマーンの閣僚構成について記事にしていなかったのでついでにしておきます。

 ジーヤザン殿下は、オマーン国のスルタン【国王】となった “サイイド”・ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下(His Majesty Sayyid Haitham bin Tariq Al Said, Sultan of Oman)の長男で、1990年生まれという情報が出ています。
 また、オマーンでは8月~10月に閣僚(スルタンが首相)の構成が変更されており、現在の情報がここにあると示せないのでもしかしたら違うかもしれないのですが、ハイサム陛下と共に先代のスルタンの後継候補最有力者として名前の挙がっていた陛下の異母兄弟アスアド殿下が副首相および国王特別代理から退いており、かわりにハイサム陛下の長男のジーヤザン殿下が閣僚の一員になっています。
 スルタン一族の長老的存在である、閣僚評議会担当副首相ファハド殿下および異母兄弟の国防担当副首相シハーブ殿下は留任しています。
 アスアド殿下および子息のタイムール殿下が一線からはずされた形となりますが、タイムール殿下に地位が用意されていないところをみると、長男のジーヤザン殿下を次のスルタンにしようということでしょう(当然といえば当然ですが)。ただ、タイムール殿下が世代を超えていきなりスルタンになる可能性を囁かれていたことに比べると、ジーヤザン殿下ははるかに知名度が低く、これからの地位固めが必要となります。外交面でたまに名前と肩書を見ることになるかもしれません。

 

 (英語)HH Sayyid Theyazin to Preside Over Final Match of HM Football Cup

 

وكالة الأنباء العمانيةさんはTwitterを使っています 「يرعى صاحب السمو السيد ذي يزن بن هيثم آل سعيد وزير الثقافة والرياضة والشباب غدًا الأحد نهائي #كأس_جلالة_السلطان لكرة القدم الذي يجمع بين ناديي ظفار والعروبة ويمثل ختامًا للموسم الرياضي الكروي 2019 / 2020 . https://t.co/sMFzHIaxjj」 / Twitter

 

‏يرعى صاحب السمو السيد ذي يزن بن هيثم آل… – وكالة الأنباء العمانية | Facebook

 

旧ザンジバル・スルタン【国王】ジャムシード・ビン・アブドッラー陛下が、同族の統治するオマーンで余生を過ごすことを認められる(2020年9月)

 報道によりますと、今月【2020年9月】、1964年にザンジバル革命で亡命しその後は英国に居住していた旧ザンジバル・スルタン【国王】 “サイイド”・ジャムシード・ビン・アブドッラー・アル・サイード陛下(His Majesty Sultan Sayyid Jamshid bin Abdullah Al Said, Sultan of Zanzibar)が、これまで入国を断られていた同族の統治するオマーン国で余生を過ごすことを認められたようです。
 今年、オマーン国の新しいスルタンとなった、 “サイイド”・ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下(His Majesty Sayyid Haitham bin Tariq Al Said, Sultan of Oman)の意向との観測もあります。

 

 (英語)Former Zanzibar Sultan granted retirement in Oman | Oman – Gulf News
 (英語)Zanzibar’s former sultan arrives in Oman for retirement – The National

 

ヨルダン王アブドッラー2世陛下の一週間(2020年1月12日~1月16日)

 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)の、この一週間くらいの公務などの様子です。

 

RHC JO(ヨルダン王室ハーシム家公式チャンネル):
جولة عمل إلى بلجيكا وفرنسا في ملخص نشاطات جلالة الملك عبدالله الثاني 12 – 16 كانون الثاني 2020 – YouTube

 

 今回は、

 ……などです。

 

オマーンの新スルタン【国王】ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下が、ベルギー王フィリップ陛下と会見(2020年1月)

 2020年1月15日、オマーン国の新しいスルタン “サイイド”・ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下(His Majesty Sayyid Haitham bin Tariq Al Said, Sultan of Oman)は、ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)と会見しました。

 

 (英語)HM The Sultan Receives King of Belgium

 

フランス語:
Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Rencontre avec le nouveau Sultan d’Oman, S.M. Haitham ben Tarek, et présentation de condoléances à la suite du décès de Sultan Qabous bin Saïd Al Saïd. #MonarchieBe #BelgianRoyalPalace https://t.co/RnzdpAAGOm」 / Twitter

 

オランダ語:
Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Ontmoeting met de nieuwe Sultan van Oman, Z.M. Haitham ben Tarek. Medeleven werd betuigd naar aanleiding van het overlijden van Sultan Zijne Majesteit Qabous bin Saïd Al Saïd. #BelgianRoyalPalace #MonarchieBe https://t.co/CLe7HCJ4Sl」 / Twitter

 

Belgian Royal Palace(@belgianroyalpalace) • Instagram写真と動画

 

 

関連:
 訃報(2020年1月10日?):オマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)が崩御(1940~2020)
 各国君主・王族からの、崩御したオマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)への弔意の表明(2020年1月)

 

オマーンの新スルタン【国王】ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下が、ザーイド・ビン・スルターン・ビン・ハリーファ・アル・ナヒヤーン殿下と会見(2020年1月)ザーイド殿下はアラブ首長国連邦【UAE】大統領(アブダビ首長)の長男の長男

 2020年1月14日、オマーン国の新しいスルタン “サイイド”・ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下(His Majesty Sayyid Haitham bin Tariq Al Said)は、アラブ首長国連邦【UAE】の“シャイフ【シェイク】”・ザーイド・ビン・スルターン・ビン・ハリーファ・アル・ナヒヤーン殿下(His Highness Dr Sheikh Zayed bin Sultan bin Khalifa Al Nahyan)と会見しました。

 ザーイド殿下はスルターン殿下の長男であり、スルターン殿下はアラブ首長国連邦【UAE】大統領/アブダビ首長“シャイフ【シェイク】”・ハリーファ・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン殿下(President His Highness Sheikh Khalifa bin Zayed Al Nahyan, Ruler【Emir】 of Abu Dhabi)の長男です。
 従って、血統を重視する考え方(中東ではもちろん根強くあります)からは、ザーイド殿下が将来的にアブダビ首長およびUAE大統領になるべきであり、現在アブダビ皇太子を務めているムハンマド殿下は一時的に役職を務めているに過ぎない、ということになります。
 ムハンマド皇太子殿下は自らの子供たちの格を上げるよう努力しておりますが、皇太子の影響力が確固たる状況になってさえまだ、ハリーファ殿下直系を重視する考えがあるようで、アブダビ首長の地位がハリーファ首長系統に落ち着くのかムハンマド皇太子系統に落ち着くのかはわかりません。

 

 (英語)HM The Sultan Receives Sheikh Zayed bin Sultan al-Nahyan

 

وكالة الأنباء العمانيةさんはTwitterを使っています: 「استقبل حضرة صاحب الجلالة السلطان #هيثم_بن_طارق بن تيمور المعظم – حفظه الله ورعاه – بقصر العلم العامر اليوم الشيخ زايد بن سلطان بن خليفة آل نهيان والوفد المرافق له./ https://t.co/AAhxzhuRcl」 / Twitter

 

関連:
 訃報(2020年1月10日?):オマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)が崩御(1940~2020)
 各国君主・王族からの、崩御したオマーンのスルタン(国王)カブース・ビン・サイード陛下(カブース国王)への弔意の表明(2020年1月)

 オマーンの新スルタン【国王】ハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード陛下が、スルターン・ビン・ハリーファ・アル・ナヒヤーン殿下と会見(2020年1月)スルターン殿下はアラブ首長国連邦【UAE】大統領(アブダビ首長)の長男