結婚【民事婚】(2020年7月20日):オーストリア大公女エレオノーレ殿下(ハプスブルク=ロートリンゲン家当主カール大公殿下の長女)とジェローム・ダンブロジオ氏がモナコで民事婚

 2020年7月20日、オーストリア大公女エレオノーレ殿下(オーストリア皇女 : ハンガリー王女 : ベーメン王女 : Her Imperial and Royal Highness Archduchess Eleonore of Austria, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia : エレオノーレ・フォン・ハプスブルクEleonore von Habsburgエレオノーレ・ハプスブルク=ロートリンゲンEleonore Habsburg-Lothringen)とジェローム・ダンブロジオ氏(Jérôme D'Ambrosio)の民事婚がモナコ公国で執り行われた模様です。

 写真とキャプションからは、(少なくとも)父であるハプスブルク家当主カール大公殿下および母のフランツェスカ殿下、モナコ市長のジョルジュ・マルサン氏が参列しているようですが、その他近親も参列の模様。
 なお、これもキャプションからですが、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のため、宗教婚は今年は無理だろうとのことです。

※後で記事などへのリンクを追加するかもしれません。

 

 (写真一覧)画像と写真 – Getty Images

 

Mayor of Monaco Georges Marsan, Henri d'Ambrosio, Giselle d'Ambrosio,… ニュース写真 – Getty Images
Embed from Getty Images

 

Civil Marriage of Eleonore of Habsburg and Jerome d'Ambrosio on July… ニュース写真 – Getty Images
Embed from Getty Images

 

ベルギー王女アストリッド殿下と夫のローレンツ大公殿下がネパールを訪問(2020年1月)大統領や外相と会談

 2020年1月19日から1月22日にかけて、ベルギー王女アストリッド殿下(オーストリア=エステ大公妃 : オーストリア皇子妃 : ハンガリー王子妃 : ベーメン王子妃 : モデナ公妃 : Her Imperial and Royal Highness Princess Astrid of Belgium, Archduchess of Austria-Este, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia, Duchess of Modena)と夫のオーストリア=エステ大公/ベルギー王子ローレンツ殿下(ロレンツ大公 : オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : モデナ公 : His Imperial and Royal Highness Prince Lorenz of Belgium, Archduke of Austria-Este, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia, Duke of Modena)は、ネパール連邦民主共和国を訪問しました。

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Her Royal Highness Princess Astrid, Princess of Belgium, will visit Nepal from 19 until 22 January #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 More info about HRH Princess Astrid of Belgium: https://t.co/5VD3hncb1Q https://t.co/mkRbEZYahK」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Tomorrow HRH Princess Astrid, Princess of Belgium, will visit Nepal #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 The visit comes less than 6 months after the 1st meeting of the Nepal-Belgium Bilateral Consultation Mechanism furthering the already excellent bilateral relations between the two countries https://t.co/yv424BotJr」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Her Royal Highness Princess Astrid, Princess of Belgium, has arrived in Nepal #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 HRH was welcomed at the airport by Minister of State for Industry, Commerce and Supply, Motilal Dugad, by the Belgian Ambassador and Honorary Consul and by Damien Foundation Nepal https://t.co/ShvYR9iAoi」 / Twitter

 

副首相・外務大臣プラディープ・クマル・ギャワリ閣下(The Honourable Mr Pradeep Kumar Gyawali)と会見:
Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「HRH Princess Astrid, Princess of Belgium met with the Hon. Foreign Minister of Nepal who also graciously hosted a welcome dinner where the Hon. Minister of Health and Population and the Hon. Minister of Culture, Tourism and Civil Aviation were also present #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/ezG2YT8tYk」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「As Honorary President of Damien Foundation, Her Royal Highness Princess Astrid, opened a new Tuberculosis Centre in Kailali together with the Hon. Minister of Health and Population @dhbhanu. HRH also met with people affected by tuberculosis and leprosy. #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/TvL1ERll85」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Today, HRH Princess Astrid of Belgium visits the beautiful old town of Bhaktapur Known as “Nepal's Cultural Gem”, Bhaktapur is rich in architectural beauty. One of Bhaktapur’s major attractions is the Durbar Square which is a @UNESCO World Heritage Site #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/BOWP6OYb4A」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「HRH Princess Astrid of Belgium visited the 36-meter-high stupa of Boudha, one of the @UNESCO World Heritage sites in Nepal and one of the most imposing landmarks in Kathmandu #VisitNepal2020 #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/2oVEWUJ7Zi」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「It was heartwarming to see many people come out in support of #WorldLeprosyDay at a seminar where HRH Princess Astrid of Belgium listened to the experiences of individuals affected by leprosy who face stigma and discrimination #HRHVisitsNepal🇧🇪🇳🇵 https://t.co/WzSFGfuBQ4」 / Twitter

 

大統領ビディヤ・デヴィ・バンダリ閣下(Her Excellency The Right Honourable Bidya Devi Bhandari)と会見:
Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Yesterday, Her Royal Highness Princess Astrid of Belgium met with The Right Honourable President of Nepal, Mrs. Bidya Devi Bhandari @PresidentofNP #HRHVisitsNepal 🇧🇪🇳🇵 https://t.co/l6OBOvCZTj」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「Her Royal Highness Princess Astrid of Belgium is the Special Envoy of the Ottawa Anti-Personnel Mine Ban Convention During her visit to Nepal, HRH advocated for Nepal's accession to the #OttawaConvention #HRHVisitsNepal🇧🇪🇳🇵 https://t.co/iLMSWDjtai」 / Twitter

 

Belgium in IndiaさんはTwitterを使っています: 「During her visit to Nepal, HRH Princess Astrid of Belgium met patients affected by Leprosy and Tuberculosis. She did not shy away from visiting the sick, in order to fight against the stigmatisation of those affected #HRHvisitsNepal 🇧🇪🇳🇵#WorldLeprosyDay https://t.co/4NZMRHZhT2」 / Twitter

 

MOFA of Nepal 🇳🇵さんはTwitterを使っています: 「Foreign Minister Hon. Mr. Pradeep Kumar Gyawali met with HRH Princess Astrid of Belgium today. HRH is in Nepal in her campaign against tuberculosis and leprosy. Foreign Minister Gyawali hosted dinner in honour of the visiting Princess. @PradeepgyawaliK @bairagi_shanker @PaudyalBR https://t.co/Zvn8rNys24」 / Twitter

 

Humanity & Inclusion NepalさんはTwitterを使っています: 「#HRHVisitsNepal🇧🇪🇳🇵 Wonderful opportunity for @HI_belgium team in #Nepal to meet with HRH Princess Astrid of Belgium at a reception organised by @action_damien. So happy to have discussed on status of the #OttawaTreaty in Nepal & hope GoN signs it soon! @BelgiuminIndia @bergwill1 https://t.co/bbsOhnYlER」 / Twitter

 

ベルギー王子アメデオ殿下夫妻の第二子・長男の名前は「マクシミリアン」(2019年9月)

 2019年9月6日に誕生したベルギー王子アメデオ殿下(オーストリア=エステ大公 : オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : モデナ公子 : His Imperial and Royal Highness Prince Amedeo of Belgium, Archduke of Austria-Este, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia, Prince of Modena)とベルギー王子妃エリサベッタ殿下(“リリ” : “Lili” : オーストリア=エステ大公妃 : オーストリア皇子妃 : ハンガリー王子妃 : ベーメン王子妃 : モデナ公子妃 : Her Imperial and Royal Highness Princess Elisabetta of Belgium, Archduchess of Austria-Este, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia, Princess of Modena)の間の第二子・長男の名前が「マクシミリアン(Maximilian)」であると、ベルギー王室のツイッター及びインスタグラムのアカウントで明らかになっています。

 

Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Le Prince Amedeo et son épouse Elisabetta ont la grande joie de présenter leur fils Maximilian. Prins Amedeo en zijn echtgenote Elisabetta stellen met trots hun zoontje Maximilian voor. #BelgianRoyalPalace #MonarchieBe https://t.co/HGCCZVp0Fj」 / Twitter

 

Belgian Royal Palaceさん(@belgianroyalpalace) • Instagram写真と動画

 

 称号付きで表記すると、オーストリア=エステ大公マクシミリアン殿下(オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : モデナ公子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Maximilian of Austria-Este, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia, Prince of Modena)ということになります。

 

誕生(2019年9月6日):オーストリア=エステ大公(名前不明)殿下。ベルギー王子アメデオ殿下夫妻の第二子・長男

 2019年9月6日、ベルギー王子アメデオ殿下(オーストリア=エステ大公 : オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : モデナ公子 : His Imperial and Royal Highness Prince Amedeo of Belgium, Archduke of Austria-Este, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia, Prince of Modena)とベルギー王子妃エリサベッタ殿下(“リリ” : “Lili” : オーストリア=エステ大公妃 : オーストリア皇子妃 : ハンガリー王子妃 : ベーメン王子妃 : モデナ公子妃 : Her Imperial and Royal Highness Princess Elisabetta of Belgium, Archduchess of Austria-Este, Princess Imperial of Austria, Princess Royal of Hungary and Bohemia, Princess of Modena)の間の第二子・長男となるオーストリア=エステ大公殿下が誕生したとベルギー王室より発表されています。夫妻の間には、第一子・長女となるオーストリア=エステ大公女アナ・アストリッド殿下がいます。

 今回誕生した大公は、将来的にハプスブルク家のエステ系統の当主となるでしょう。

※名前はこの記事記載の時点で未発表。

 

 ベルギー王子アメデオ殿下は、結婚時に許諾を取っておらず、その後ベルギー王フィリップ陛下(Philippe of Belgium : Philippe de Belgique : Filip van België : Philipp von Belgien : His Majesty The King of the Belgians)が議会の同意なしに事後の許諾を与えていますが、これが有効かどうかは見解がわかれているところです。

 

フランス語:
Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Le Prince Amedeo et la Princesse Elisabetta ont la grande joie d’annoncer la naissance d’un fils, né le 6 septembre 2019 à 21h05, à l’hôpital Saint-Pierre de Bruxelles. L’ enfant pèse 3.3 kilos et mesure 50 cm. La mère et l’enfant se portent bien.」 / Twitter

オランダ語:
Belgian Royal PalaceさんはTwitterを使っています: 「Prins Amedeo en Prinses Elisabetta hebben de grote vreugde om de geboorte van hun zoon aan te kondigen. Hun zoontje werd geboren op 6 september om 21u05 in het UMC Sint-Pieter Ziekenhuis in Brussel en weegt 3,3 kg en meet 50 cm. Moeder en zoon stellen het goed.」 / Twitter

 

 (オランダ語)Belgische prins Amedeo vader geworden van zoon

 

続報:
 ベルギー王子アメデオ殿下夫妻の第二子・長男の名前は「マクシミリアン」(2019年9月)

 

訃報(2019年7月12日):ヴィンディシュ=グレーツ公女シュテファニー殿下が薨去(1939~2019)オーストリア皇太子ルドルフの子孫。ベルギー王レオポルド2世から絶対長幼制ならベルギー女王になっていたとの記事も

 2019年7月12日、ヴィンディシュ=グレーツ公女シュテファニー殿下(Her Serene Highness Princess Stephanie of Windisch-Graetz : シュテファニー・プリンツェッシン・ツー・ヴィンディシュ=グレーツStephanie Prinzessin zu Windisch-Graetz)が薨去した模様です。
 1939年7月17日生まれの79歳(1月17日生まれとの情報は誤りのようです)。

 名族ヴィンディシュ=グレーツ家の一員で、先祖にはオーストリア皇太子ルドルフ殿下やベルギー王レオポルド2世陛下がいるようです。

 

 (フランス語)Cousine d’Albert II, la princesse Stéphanie de Windisch-Graetz est décédée – La Libre

 葬儀には、ベルギー王子ロラン殿下(His Royal Highness Prince Laurent of Belgium)が参列したとのことです。
 アルベール2世の私生児であることを主張しているデルフィーヌ・ボエルDelphine Boël)も姿を見せたようです。

 

 また下記の記事では、シュテファニー殿下はベルギー王レオポルド2世陛下から継承法が絶対長幼制になっていたならベルギー女王になっていたと言及されています。

 (オランダ語)Stéphanie de Windisch-Graetz, de prinses die koningin der Be… – Het Nieuwsblad

 こういう話は言い出したらキリがありませんが……。

追記:
 継承順を書いておきますと、
 ベルギー王レオポルド2世陛下
 → 第一子・長女のベルギー王女ルイーズ殿下(1858年生まれ)
  → 第二子のザクセン=コーブルク=ゴータ公女ドロテア殿下
 → 第三子・次女のベルギー王女シュテファニー殿下がすでに薨去し(オーストリア皇太子ルドルフ殿下との子供の)オーストリア大公女エリザベート殿下(1883年生まれ)もすでに薨去しているためその第一子のヴィンディシュ=グレーツ公子フランツ殿下(1904年生まれ) → そしてその第一子が今回薨去したシュテファニー殿下となります。